普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

キッチンハイターを使った縦型・ドラム式の洗濯槽の掃除方法!

キッチンハイターは花王が発売している台所用塩素系漂白剤及び酸素系漂白剤です。

今回はこの台所用漂白剤を使って洗濯槽を掃除できるのか、掃除ができる場合はどのようにすればいいのかを紹介してまいります。

キッチンハイターを使う場合の注意点や、キッチンハイターの掃除効果、洗濯槽の掃除頻度についても確認していきましょう。

スポンサーリンク

キッチンハイターを使った縦型・ドラム式の洗濯槽の掃除方法!

台所の漂白剤としてお世話になっている人も多いキッチンハイターですが、ずばり洗濯槽の掃除にも使うことができます。

具体的にどのようにすればいいのかを確認してきましょう。

キッチンハイターを使った縦型洗濯槽の掃除方法

こちらの動画は『【閲覧注意】キッチンハイターで洗濯槽掃除してみた【激安】』というタイトルで、キッチンハイターを使って洗濯槽を掃除したらどうなるのかの参考にできる動画となっています。

具体的な手順ややり方は文字でも紹介しますので、こちらもご覧ください。

用意するもの

・液体タイプのキッチンハイター
・歯ブラシ
・雑巾or使い捨てペーパータオル
・網目の細かいネット

やり方

①洗濯槽についている洗剤投入ケースやゴミ取りネットやフィルターなどを取り外して、歯ブラシなどを使って掃除する
②洗濯機の外側や排水口や蓋の裏側についている汚れをふき取る
③『槽洗浄コース』があるのならキッチンハイターを入れてボタンを押すだけ、ない場合は洗濯槽にぬるま湯をためてから水10ℓあたり50ccのキッチンハイターを投入する
④『洗い』コースで5分程度回して、槽内に洗剤液を攪拌する
⑤3時間から一晩放置する
⑥目に見えている汚れをネットですくう
⑦標準モードの『洗い・すすぎ・脱水』を行う
⑧洗濯槽内部の汚れ具合を確認して汚れがひどい場合はもう一度『洗い・すすぎ・脱水』を行う
⑨洗濯機の蓋を開けて乾燥させる
⑩洗剤投入ケースやゴミ取りネットなども乾かしたのちに元に戻して終了

キッチンハイターを使ったドラム式洗濯槽の掃除方法

ドラム式でも基本的なやり方は変わりません。

用意するもの

・液体タイプのキッチンハイター
・歯ブラシ
・雑巾or使い捨てペーパータオル
・網目の細かいネット

やり方

①乾燥フィルターなどを取り外して、歯ブラシなどを使って掃除する
②洗濯機の外側や排水口や蓋の裏側やゴムパッキンについている汚れをふき取る
③『槽洗浄コース』があるのならキッチンハイターを入れてボタンを押すだけ、ない場合は洗濯槽にぬるま湯をためてから水10ℓあたり50ccのキッチンハイターを投入する
④『洗い』コースで5分程度回して、槽内に洗剤液を攪拌する
⑤3時間から一晩放置する
⑥目に見えている汚れをネットですくう
⑦標準モードの『洗い・すすぎ・脱水』を行う
⑧洗濯槽内部の汚れ具合を確認して汚れがひどい場合はもう一度『洗い・すすぎ・脱水』を行う
⑨洗濯機の蓋を開けて乾燥させる
⑩乾燥フィルターなども乾かしたのちに元に戻して終了

キッチンハイターを使う時の注意点!

今回用いるタイプのキッチンハイターは殺菌・洗浄力に特化した塩素系漂白剤になります。

そのため洗濯槽の掃除にも使えるのですが、そもそも塩素系漂白剤や台所用漂白剤が使えない洗濯機もありますのでまずは説明書を読むことから始めてください。

・説明書を読んで台所用漂白剤や塩素系漂白剤が使えるかどうかを必ず確認すること、洗濯槽の素材によって使えるものと使えないものがある
・洗濯槽の掃除中に衣類を入れると色落ちする可能性があるので絶対に入れないようにすること
・塩素系漂白剤に該当するキッチンハイターと酸性洗剤を混ぜると『有毒ガスが発生して危険』なので、洗剤の併用には要注意
・熱湯を使うと成分が急激に変わることで洗濯槽へのダメージにつながる可能性あり、使うお湯の温度にも要注意
・キッチンハイターは天然石や色柄物の繊維の変色原因となるので、こぼさないようにすること
・漂白剤はかなり強い洗剤なので肌荒れトラブルをまねきやすい、トラブル防止のために必ずゴム手袋を着用すること
・漂白剤はかなり強烈な臭いを発するので、使う場合は換気しながら作業すること
・漂白剤の臭いと相性が悪いという人は頭痛や吐き気といった体調不良にもつながりますので、体調を崩してしまった場合は使わないほうがよい

キッチンハイターの掃除効果は?

キッチンハイターには『消臭』『雑菌』『除菌』といった効果がありますが、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤では効果が異なります。

今回紹介したキッチンハイターは汚れやカビを分解する能力に長けた殺菌除菌効果が高い漂白剤であり、反対に酸素系漂白剤はこびりついた汚れをはがす酸素系漂白剤とはまた効果が異なるのです。

また、塩素系漂白剤は主成分は『次亜塩素酸』で非常に漂白力が高いのも特徴となっています。

ただし、塩素系漂白剤は毒性も高いという特徴もありますので、取り扱いには一番気を付けなければいけない存在でもあるのです。

塩素系漂白剤を使えないものとしては水洗いできないもの・毛・絹・ナイロン・ポリウレタン・金属製のボタン・色柄物の繊維・ファスナーなどがありますので強い漂白作用がマイナスに働いてしまうものもあると考えておきましょう。

洗濯槽の掃除頻度はどのくらい?

洗濯槽の掃除頻度は基本的に1ヶ月に1回か2ヶ月に1回です。

汚れやすい『糸くずフィルター』や『乾燥フィルター』などは洗濯機を使うたびにお掃除するのが基本となりますが、洗濯槽そのものの掃除は1〜2ヶ月に1回の頻度での掃除を心がけてください。

日本の日用雑貨メーカーで家庭向け消臭剤や防虫剤などを発売している『エステー株式会社』の公式サイトにある『洗濯機はどれくらいの頻度で掃除をすれば清潔に保てますか? 汚れをためないようにするポイントを教えてください。』というページで『一概には言えませんが、1〜2ヵ月に1回の頻度で洗濯槽クリーナーを使って掃除をするとよいでしょう。』という回答をしているのです。

全ての洗濯機に当てはまる答えではありませんが、洗濯槽の状態は目に見えないのでどれだけの頻度なのかを調整するのは難しいでしょう。

とりあえず、洗濯槽の掃除は1ヶ月に1回や2ヶ月に1回という頻度を守るようにしてください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は洗濯槽をキッチンハイターを使って掃除するにはどうしたらいいのかを紹介しました。

洗濯槽の掃除は縦型だとかなり簡単で、キッチンハイターを使っても効率よく行うことができるでしょう。

ただし、洗濯槽の掃除には洗濯槽の掃除向けの洗剤が用意されているので個人的にはそちらを活用してもらいたいと思います。

どうしてもキッチンハイターを使いたいという人は、洗濯機の機種によっては台所用漂白剤や塩素系漂白剤が使えないタイプもありますので、使えるかどうかの確認が必要ということは絶対に忘れないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました