普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

実は汚れまみれ?洗濯機の下を掃除するやり方!汚れを放置していると?

洗濯機の下はなかなか手が出しにくいため放置されることも多いのですが、非常に汚れやすい場所なので放置すると大変なことになります。

そこで、今回は洗濯機下の掃除のやり方について詳しく紹介し、洗濯機下の汚れをそのまま放置するとどうなってしまうのか、洗濯機の下を掃除しやすくしてくれる掃除グッズは何があるのかを解説いたします。

洗濯機下そのものの汚れを防ぐ対処法があるのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

洗濯機の下を掃除するやり方と注意点!

洗濯機下の掃除のしやすさはその人の状況や環境によって大きく異なります。

ここではいくつかの道具を使ったやり方を紹介いたしますので、自分の環境に合ったやり方を見つけて取り入れるようにしてください。

準備するもの

・パイプクリーナー
・塩素系漂白剤
・コップ
・歯ブラシ
・バケツ
・ゴム手袋
・掃除機
・掃除機用の隙間ノズル
・雑巾
・ハンディモップ
・針金ハンガー
・いらなくなったストッキング
・ラップ
・輪ゴム
・かさ上げ台や洗濯機置台

掃除のやり方

こちらの動画は『【洗濯機のかさ上げ】【ガタつき】の改善方法!お掃除ルーティン動画』というタイトルで、洗濯機の下の掃除のやり方やかさ上げのがたつきの抑え方について紹介しています。

かさ上げ台を使っている方にとっては役立つ情報がありますので、12分程度の動画ですが飛ばさずに見てもらいたいです。

毎日行うような簡単な掃除のやり方について

①洗濯機の周りの目に付く埃を掃除機を使ってとる
②ハンディモップや針金ハンガーをダイヤ型に伸ばしてそこにストッキングを被せたものを用意する
③ハンディモップならそのまま間に差し込むように埃取りを行う、ハンガーストッキングの場合は太ももで擦って静電気を発生させてから間に差し込む
④排水口周りを水拭きする

洗濯機をどかして行う本格的な掃除のやり方について

①洗濯機の蛇口を締めて、アース線を外し電源を切ってコンセントを抜く
②給水ホースと排水ホースを外す、水が出てくるのでバケツや桶で抑えながら外すこと
③洗濯機を動かす
④排水口の蓋と中にある部品を取り外す
⑤取り外した部品を漂白剤に30分程度漬ける
⑥洗濯パンの乾いたごみを除去する、乾いたごみを除去し終わったら漂白剤を使ってスポンジで拭きあげ、最後に塗れタオルで拭く
⑦排水口にパイプユニッシュといったパイプクリーナーを入れる
⑧外したホースに水を入れてラップと輪ゴムを使って蓋をする、汚れがひどい場合は洗剤も混ぜる
⑨振り洗いする
⑩汚水を流して片付けをする
⑪放置が終わったら雑巾や歯ブラシなどを使って部品も綺麗にする
⑫バラバラにしたパーツを元に戻す
⑬かさ上げ台や置台の設置位置を確認して洗濯機を元に戻す

注意点

・位置調整や高さ調整をする場合は洗濯機の奥側から行い手前は奥に傾けるので、設置するときは必ず壁と洗濯機の間に隙間ができるようにすること
・隙間があると掃除しやすくなるので設置位置は考えること
・ホースの外側は汚れが発生するとなかなか落ちないので、しっかりと掃除すること
・ホースの中が汚れすぎている場合は漂白剤を入れて口を閉じて振り洗いをすること
・塩素系漂白剤は酸性洗剤とセットで用いることで有毒ガスが発生するので絶対に混ぜないこと
・塩素系漂白剤は肌に触れてしまうことで肌トラブルが発生する確率が高いので、しっかりとゴム手袋をすること
・塩素系漂白剤を使う量が多い場合はゴーグルやマスクも着用すること
・塩素系漂白剤は臭いも強力なのでしっかりと換気して作業をすること
・洗濯パンの掃除は隙間を確保してあるかどうかで大きく変わる、動かすような大掃除をする場合は洗濯機の足の部分に取付けるかさ上げ台を用意して設置すること
・塩素系漂白剤やパイプクリーナーなどの臭いがきついという人は重曹やクエン酸を使うこと、排水口に重曹を1カップほどふりかけて、その上にお湯1カップとクエン酸小さじ2杯を混ぜてかけても効果がある
・大掛かりな掃除をするときは排水口の掃除もきちんと行うこと
・洗濯機を動かすときは床を傷つける可能性がかなり高いので、力がある人に手伝ってもらうこと
・かさ上げ台に乗せる作業は女性一人ではかなりきついものがあるので、必ず協力者を集うか男性にやってもらうこと

洗濯機の下の汚れをそのままにしていると?

洗濯機の下の汚れを放置するということはそれだけ排水口の掃除も放置しているということです。

排水口を放置するということは水漏れトラブルをまねき、排水トラブルにつながってしまうでしょう。

排水で何らかのトラブルが発生している場合は、うまく排水ができなくなるので高確率で洗濯機側で何らかのエラーが発生するでしょう。

このエラーが表示されたら赤信号だと考えたほうがいいです。

洗濯機の下の掃除に役立つアイテム!

今回推奨される洗濯機のかさ上げ台は『hmd-5515 高さ調整・防音・防振ゴムマット』『因幡電工ワンプラス ふんばるマン (1セット4個入り)OP-SG600洗濯機用防振かさ上げ台』『洗濯機 台 冷蔵庫 置き台 かさ上げ キャスター付き』などです。

これらのかさ上げ台は楽天やAmazonなどのネット通販サイトに多数取り扱っているので、気になるという方はそちらをご覧ください。

それ以外にも『ほこりんぼう!』のような細い隙間にも使えるようなグッズがあると便利ですし、今回紹介したハンガーストッキングを有効活用するのも効果的な手段となっています。

用意したストッキングの効力を発揮しやすくするためにも、太ももで擦って静電気を発生させるようにしてください。

ある程度の隙間がある場合はハンディモップを使った掃除もできますが、隙間が非常に小さい場合はハンガーストッキングのような細いものを活用するようにしましょう。

洗濯機の下の汚れを防ぐ対処法!

洗濯機の下の汚れが出にくい状況にするには定期的に掃除することが重要となっています。

洗濯機は家庭環境によって使用頻度が変わってきますが、洗濯機が置いてある場所は基本的に浴室や洗面台とリンクしていますので必ず人が出入りする場所と言えるでしょう。

つまり、洗濯機をそこまで使っていないという人でも高確率で汚れる場所となっているのです。

基本的には洗濯機をそこまで使っていなくても汚れやすい場所であるという認識をして、ハンガーストッキングやハンディモップを使った掃除を行ってください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は洗濯機の下の掃除のやり方について紹介しました。

洗濯機の下の掃除のしやすさはかさ上げ台などが設置してあるかどうかで大きく変わります。

このかさ上げ台を設置するにも一度は洗濯機を動かさないといけないので、必ず2人がかりで作業するか力持ちの男性に移動してもらうようにしてください。

がたつきが発生するという人は洗濯機の手前にあるねじを使って高さを調節するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました