普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

簡単にできる洗濯機の防水パンの掃除のやり方!掃除頻度は?

洗濯機の洗濯槽のお掃除はかなり簡単に掃除できるようになりましたが、防水パンの掃除となるとだいぶ勝手が変わってきます。

今回は防水パンの掃除のやり方に注目し、掃除頻度や掃除をするときのコツなどを見ていきましょう。

そもそも、プロに洗濯機周りの掃除を依頼するといくらかかるのかも見ていきます。

スポンサーリンク

簡単にできる洗濯機の防水パンの掃除のやり方!

それでは具体的に洗濯機の防水パンを掃除する方法について見ていきましょう。

今では洗濯槽よりも面倒だというイメージがある防水パンはどのように対処すれば良いのでしょうか。

基本的に洗濯パンはへりの部分にホコリがたまりやすいのに掃除がしにくい部分なので放置されやすく汚れも溜まりやすいのです。

準備するもの

・パイプクリーナー
・塩素系漂白剤
・コップ
・歯ブラシ
・バケツ
・ゴム手袋
・掃除機
・掃除機用の隙間ノズル
・雑巾
・ハンディモップ
・針金ハンガー
・いらなくなったストッキング
・ラップ
・輪ゴム

掃除のやり方

こちらは『超簡単!排水溝洗浄!!臭いの原因を元から断ちます。【3分クリーニング】』というタイトルで、洗濯パンを本格的に掃除する時に是非行ってもらいたい排水口掃除のやり方を紹介しています。

ここでは簡単に行えるような掃除から、洗濯機を動かして本格的に行う掃除まで紹介するのでどちらも確認してもらいたいです。

毎日行うような簡単な掃除のやり方について

①洗濯機の周りの目に付く埃を掃除機を使ってとる
②ハンディモップや針金ハンガーをダイヤ型に伸ばしてそこにストッキングを被せたものを用意する
③ハンディモップならそのまま間に差し込むように埃取りを行う、ハンガーストッキングの場合は太ももで擦って静電気を発生させてから間に差し込む
④排水口周りを水拭きする

洗濯機をどかして行う本格的な掃除のやり方について

①洗濯機の蛇口を締めて、アース線を外し電源を切ってコンセントを抜く
②給水ホースと排水ホースを外す、水が出てくるのでバケツや桶で抑えながら外すこと
③洗濯機を動かす
④排水口の蓋と中にある部品を取り外す
⑤取り外した部品を漂白剤に30分程度漬ける
⑥洗濯パンの汚れがあまりにもひどい場合は塩素系漂白剤を全体にまいて30分ほど放置する
⑦排水口にパイプユニッシュといったパイプクリーナーを入れる
⑧外したホースに水を入れてラップと輪ゴムを使って蓋をする、汚れがひどい場合は洗剤も混ぜる
⑨振り洗いする
⑩汚水を流して片付けをする
⑪放置が終わったら雑巾や歯ブラシなどを使って洗濯パンも部品も綺麗にする
⑫バラバラにしたパーツを元に戻す
⑬洗濯機を元に戻す

注意点

・ホースの外側は汚れが発生するとなかなか落ちないので、しっかりと掃除すること
・ホースの中が汚れすぎている場合は漂白剤を入れて口を閉じて振り洗いをすること
・塩素系漂白剤は酸性洗剤とセットで用いることで有毒ガスが発生するので絶対に混ぜないこと
・塩素系漂白剤は肌に触れてしまうことで肌トラブルが発生する確率が高いので、しっかりとゴム手袋をすること
・塩素系漂白剤を使う量が多い場合はゴーグルやマスクも着用すること
・塩素系漂白剤は臭いも強力なのでしっかりと換気して作業をすること
・洗濯パンの掃除は隙間を確保してあるかどうかで大きく変わる、動かすような大掃除をする場合は洗濯機の足の部分に取付けるかさ上げ台を用意して設置すること
・塩素系漂白剤やパイプクリーナーなどの臭いがきついという人は重曹やクエン酸を使うこと、排水口に重曹を1カップほどふりかけて、その上にお湯1カップとクエン酸小さじ2杯を混ぜてかける

防水パンの掃除頻度は?

防水パンの掃除頻度は簡易的な掃除ならば1週間に1回程度は掃除してもらいたいです。

その掃除は隙間からハンディモップやハンガーストッキングを使って掃除するという簡単なやり方であり、洗濯機を動かして行う掃除ではありません。

本格的に洗濯機を動かして行う掃除ならば1年に1回程度の頻度でOKでしょう。

動かして行う掃除はその人達の環境によってやりやすいかどうかが大きく変わりますが、できるだけこの頻度を守りましょう。

1年に1回の動かす掃除の時に、ハンディモップを使った掃除をやりやすくするために専用の台を用意しておくと確実に役に立ちます。

具体的にはこちらの『【楽天市場】洗濯機用防振かさ上げ台 スペース確保 1セット(4個入) OP-SG600 ワンプラス ふんばるマン:住設と電材の洛電マート(https://item.rakuten.co.jp/ra-kudenmart/op-sg600/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0)』をご覧ください。

地震対策にもなりますので、個人的にかなりおすすめしたい商品となっています。

汚れをそのままにしているとどうなる?

洗濯パンの汚れを放置するということは排水周りを放置することになります。

まず、排水口の掃除をさぼると詰まる確率が急上昇します。

こうなるとかび臭い嫌な臭いが多発するようになります。

そして放置期間が長すぎると排水口から水漏れが発生してしまうでしょう。

水漏れが発生すると床下までびしょ濡れになってしまいますし、マンションなどの集合住宅ならば下の階にまで水が浸透してしまって損害賠償といったトラブルにも繋がってしまうでしょう。

最悪なのは水漏れによって電気関係がショートしてしまい火事に繋がってしまうことです。

水漏れが発生しなくても放置が流しギルトそれだけ洗濯機そのものが故障する可能性が高くなってしまうのでリスクは非常に高いと言えるでしょう。

洗濯機の掃除業者の料金相場

洗濯機の掃除をプロに依頼する場合はどの程度の掃除を依頼するのかで内容が大きく変わります。

具体的には縦型洗濯機かドラム式洗濯機か、そして部分分解掃除にするのか完全分解掃除にするのかで大きく変わります。

それらを4つほど 区分けして料金相場をチェックすると以下のようになります。

縦型洗濯機部分分解掃除:11,000円~15,000円
縦型洗濯機完全分解掃除:17,000円~25,000円
ドラム式洗濯機部分分解掃除:15,000円~20,000円
ドラム式洗濯機完全分解掃除:25,000円~30,000円

ただし、洗濯パンの掃除がこの基本料金に入っているかどうかは依頼する洗濯業者によって異なりますのでまずはどこまで基本料金に含まれているのかをチェックして下さい。

基本的に部分分解と完全分解では5,000円から10,000円ほどの差があって、縦型洗濯機とドラム式洗濯機でも同じように5,000円から10,000円ほどの差があるのです。

この料金が高いと感じるか安いと感じるのかはその人次第になるでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は洗濯機の洗濯パンの掃除方法について解説いたしました。

洗濯パンはその人の環境によって掃除のしやすさが大きく変わります。

今回紹介した洗濯機用防振かさ上げ台を使うことで非常に掃除がしやすくなりますので、こちらをまずは用意してもらいたいと思います。

隙間が無いとハンディモップを入れるのはかなり厳しいですが、この台があれば手が余裕ではいるようになりますのでハンガーストッキングを用意する必要もなくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました