普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

洗濯機の排水口が掃除できない時の裏技!掃除頻度はどのくらい?

洗濯機周りの掃除の仕方で最難関と言われているのが排水口周りのお掃除です。

今回は洗濯機の排水口掃除がなかなかうまくできないという人向けに、絶対に覚えてもらいたいやり方を紹介しつつ掃除の頻度や掃除をさぼってしまうとどうなるのかも解説して参ります。

排水口は放置するとどうなってしまうのか、こちらをしっかりと理解して放置気味の方は対策を講じましょう。

排水口を放置すると本当に怖いことになってしまいますので、きちんとメンテナンスすることが重要なのです。

スポンサーリンク

洗濯機の排水口が掃除できない時の裏技!

洗濯機の中でも非常に手を出しにくいのが排水口です。

この排水口を掃除しやすくするためには掃除しやすい環境に自分でしないといけません。

その環境がない状態では掃除のやりやすさは絶対にアップしませんので1回目のお掃除で快適に掃除できるような状況を整えましょう。

準備するもの

・かさ上げ台
・パイプクリーナーなどの排水口用洗剤
・漂白剤
・古い歯ブラシ
・スポンジ
・バケツ
・雑巾
・重曹やクエン酸
・プラスドライバー

掃除のやり方

こちらの動画は『洗濯機の排水口のつまりに!【洗濯機排水口のお掃除】外し方・取り付け方』というタイトルで、排水口の外し方について紹介している動画です。

排水口を外してお掃除したことがないという人にとってはかなり役立つ情報が詰まっているので是非チェックしておきましょう。

それを踏まえたうえで、具体的な掃除の仕方を紹介します。

1回目の掃除はかなり大変ですが、次回以降楽にするための布石でもありますのでここが踏ん張りどころです。

まず、大前提として排水口の位置が洗濯機の真下にあるというシチュエーションになっています。

1回目の裏技なしの排水口のお掃除の仕方

①アース線を取り外す
②給水ホースと排水ホースを取り外す、水が出てくるのでバケツや桶で抑えながら外すこと
③洗濯機を移動させる
④排水口の蓋と中にある部品を取り外す(外し方は動画を参照、ドライバーを差し込み目皿を取り外す⇒排水筒を取り外す⇒排水ガイド筒を取り外す⇒平パッキンを取り外す⇒仕切筒を取り外す)
⑤取り外した部品を漂白剤に30分程度漬ける
⑥洗濯パンの汚れがあまりにもひどい場合は塩素系漂白剤を全体にまいて30分ほど放置する
⑦排水口にパイプユニッシュといったパイプクリーナーを入れる
⑧外したホースに水を入れてラップと輪ゴムを使って蓋をする、汚れがひどい場合は洗剤も混ぜる
⑨振り洗いする
⑩汚水を流して片付けをする
⑪放置が終わったら雑巾や歯ブラシなどを使って洗濯パンも部品も綺麗にする
⑫バラバラにしたパーツを元に戻す
⑬次の掃除を楽にするためにもかさ上げ台を設置する
14洗濯パンを元に戻す

注意点

・排水口は重曹を1カップ振りかけた後にお湯1杯にクエン酸小さじ2杯を溶かしたものを上からかけることでもかなりの洗浄力を発揮してくれるのでお勧め
・排水トラップを元に戻すときは必ず水を入れてロックをかけること、水が入っていないと下水の嫌な臭いが上がってくる
・ホースそのものを掃除するときは水と洗剤を入れて振るだけなので簡単だが、水と洗剤が外にあふれてしまう可能性があるので注意、水がこぼれないようにラップや輪ゴムで蓋をすること
・塩素系漂白剤は酸性洗剤とセットで用いることで有毒ガスが発生するので絶対に混ぜないこと
・塩素系漂白剤は肌に触れてしまうことで肌トラブルが発生する確率が高いので、しっかりとゴム手袋をすること
・塩素系漂白剤を使う量が多い場合はゴーグルやマスクも着用すること
・塩素系漂白剤は臭いも強力なのでしっかりと換気して作業をすること
・排水口の位置は洗濯機の下か横の2択だが、基本的には洗濯機の下に配置されていることが多いのでかさまし台を使って掃除しやすくすること
・排水口が横にある場合は洗濯機を移動させる必要が無いので作業はだいぶ楽になる

洗濯機の排水口の掃除をサボると?

排水口の掃除をさぼると悪臭が発生しやすくなり、洗濯機の故障や水漏れといったトラブルにつながるようになってしまいます。

特に怖いのが水漏れで、集合住宅で水漏れが発生してしまうと下の階層にまで水が浸透してしまいトラブルに発展してしまう恐れがあるのです。

水漏れによるトラブルはたとえ集合住宅に住んでいないという人でも室内が水浸しになってしまう恐れがありますので非常に危険と言えるでしょう。

水漏れが発生しなくても、洗濯機の脱水が途中で止まってエラーが表示されるようになったりしますので、故障や水漏れトラブルの前に何らかの症状が出るようになるのです。

洗濯機の排水口の掃除頻度は?

洗濯機の排水口の掃除頻度は1ヶ月に1回といわれております。

1年に1回の掃除にしてもokという声もありますが、排水口は目に見えない部分でもありますので半年に1回は掃除したほうがいいでしょう。

排水口の汚れによってつまりが発生してしまうと洗濯機の故障や水漏れトラブルにつながりますので、頻度は多めのほうが良いのです。

この頻度ではいろいろと面倒に感じるという人は、今回の掃除のやり方で紹介したようにかさ上げ台を用いて掃除しやすくすることが重要でしょう。

洗濯機の下に配置された排水口を掃除しやすくするための裏技がかさ上げ台を使って手が入りやすくすることですので、1回目の掃除のときまたは新しく洗濯機を購入して配置するときに必ず設置するようにしてください。

排水口が汚れる原因は?

排水口はキッチン・浴室・洗面台・洗濯機などいくつか配置されていますが、設置されている場所によって汚れる原因も変わってきます。

キッチンの場合は食べ物のカスや料理で使った油などが蓄積されることで汚れが溜まっていきますし、お風呂場や洗面台の排水口の汚れは皮脂汚れや石鹸カスが蓄積されることが原因です。

今回紹介している洗濯機の排水口は洗濯物の繊維くずや洗剤の溶け残り、そして黒カビや細菌などが蓄積された結果汚れが溜まっていくのです。

洗濯機の排水口は排水ホースが繋がっているので使うたびに掃除をするのは不可能でしょう。

しかも見えない部分となっていることも多いので放置されやすいというのも厄介なポイントです。

なので半年に1回という頻度を決めた場合はこのルールをしっかりと守って定期的に点検することが重要なのです。

この点検をしやすくするためにもかさ上げ台をきちんと設置してください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は洗濯機の排水口の掃除の仕方について紹介しました。

洗濯機の排水口は非常に掃除がしにくく、掃除をしやすくするためにはかさ上げ台などを設置するしかないのです。

このかさ上げ台を設置しておけば排水口の掃除以外にも、定期的な洗濯機下の掃除にも活用できますのでお勧めのやり方となっています。

排水口が詰まってしまった場合の被害は非常に大きいので、掃除しやすくすることが本当に大切なのです。

各メーカーの洗濯機の掃除方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました