普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

重曹を使った縦型・ドラム式の洗濯槽の簡単掃除方法!

様々な掃除に役立つ重曹は肌にも悪影響が少なく本当に使い勝手が良いです。

今回はこの重曹を使って縦型とドラム式の洗濯槽を掃除する方法について紹介します。

それ以外にも、重曹を使う上での注意点や重曹の掃除効果についての確認、洗濯槽そのものに発生してしまうあの汚れの原因についても調べていきましょう。

スポンサーリンク

重曹を使った洗濯槽の簡単掃除方法!

それでは具体的に重曹を使って洗濯槽を掃除する方法について紹介します。

時間はそれなりにかかりますが、掃除そのものの難易度は低めなので一度覚えたら次からは確認することなく作業することができるでしょう。

重曹を使った縦型洗濯槽の掃除方法

こちらの動画は『【閲覧注意】重曹で洗濯槽掃除できるんだって!』というタイトルで、重曹を使って縦型の洗濯槽を掃除する方法を紹介しています。

動画では具体的に重曹を使ったらどうなるのかがわかるようになっていますので、確認のためにも一度診てもらいたいです。

用意するもの

・重曹
・ゴミをすくうためのネット
・ゴム手袋

作業内容

①ゴミ取りネットなどの取り外せる部品を取り外す
②洗濯槽に40℃から60℃までのお湯を最大水位まで張る
③重曹をだいたい1カップ(約200g)ほど入れる
④『槽洗浄コース』があるならそちらを、ない場合は洗濯機を標準の『洗いコース』で回すこと、排水の前に洗濯機を停止させること
⑤5~6時間放置する、汚れがひどい場合は1晩放置する
⑥放置して浮き上がってきた汚れをネットですくいとる
⑦5分ほど洗濯機を回して汚れが出るのか確認、まだ汚れが浮き出てくるのなら再度ネットですくいとる
⑧すすぎと排水を汚れが出なくなるまで行う、3回程度で十分
⑨洗濯槽を蓋を開けて完全に乾かす

重曹を使ったドラム式洗濯槽の掃除方法

ドラム式のお掃除方法は縦型と比べると動画になっているものが非常に少なく、重曹を使ったものはなかなか見つかりませんでした。

そのため、文字による紹介が主体となっています。

用意するもの

・重曹
・ゴミをすくうためのネット
・ゴム手袋

作業内容

①洗濯槽に40℃から60℃までのお湯を入れる、ドラム式洗濯機の種類によっては『水を給水し始めたタイミングで一時停止を押してお湯を入れないといけないタイプ』や『そもそもお湯が使えないタイプ』や『水量を重さで量っているためある程度まで水を入れないといけないタイプ』などがあるので注意
②重曹をだいたい1カップ(約200g)ほど入れる
③『槽洗浄コース』があるならそちらを選び、ない場合は洗濯機を標準の『洗いコース』で回して5分程度動かしたら止める
④5~6時間放置する、汚れがひどい場合は1晩放置する
⑤放置して浮き上がってきた汚れをネットですくいとる
⑥5分ほど洗濯機を回して汚れが出るのか確認、まだ汚れが浮き出てくるのなら再度ネットですくいとる
⑦すすぎと排水を汚れが出なくなるまで行う、3回程度で十分
⑧洗濯槽を蓋を開けて完全に乾かす

重曹を使う時の注意点!

重曹は肌トラブルなどが非常におきにくい使い勝手の良いアイテムではありますが、洗濯槽を掃除するときにはそれがデメリットとなってしまう部分や注意しないといけない部分があります。

それを踏まえたうえで見ていきましょう。

・重曹は市販の漂白剤と比較するとそこまで洗浄力が高くないため、ひどすぎる汚れには効果が薄いので要注意
・重曹は料理に使われるほど安心で安全のため、肌荒れも少ないが念のため使う場合はゴム手袋を使うこと
・重曹そのものが水に溶けにくいというデメリットがあるので、重曹をそのまま増やすといったやり方をしてはいけない
・重曹の溶け残りが発生すると洗濯槽の穴につまってしまう恐れがあるので要注意
・重曹はアルミや木材や大理石など使ってしまうと変色してしまう素材があるので、取り扱いに要注意
・重曹は湿気を吸うと硬くなってしまうので、補完するときは密閉容器に入れて日陰に置くようにすること
・重曹ペーストや重曹水スプレーを作った場合は保存期間がかなり短くなるので1週間以内に使い切るようにすること

重曹の掃除効果について

重曹の主な効果は3つです。

それは『研磨剤としての効果』『酸性汚れを中和して落とす効果』『臭いを消す効果』となっており、洗濯槽の掃除をする場合にはこれら3つの効果をすべて活用することになるでしょう。

これらの効果効能をうまく活用するためにも粉末上で用いたり、スプレーで用いたり、ペーストで用いることになります。

この重曹を洗濯槽の掃除に使う場合は粉末を水に溶かすというやり方になりますが、一般的な掃除に用いる場合は重曹をスプレーボトルに入れて重曹水にして用いるという使い方や、重曹を水を混ぜて重曹ペーストにして用いるというやり方になってくるのです。

重曹水は小さじ1杯と水を200ml混ぜて重曹水として用いますし、ペーストにする場合は重曹と水を2:1の割合で混ぜて用いることになります。

掃除に使う時には『粉末の重曹』『重曹水』『重曹ペースト』の3種類を使い分けましょう。

粉末の場合はスプーンで掃除用の重曹をすくって汚れている部位に吹きかけて、水やお湯かけて擦るといった対応をしてください。

ペーストにした場合は粘り気が出ているので汚れにしっかり密着させて10分程度放置してから除去するといったやり方もあります。

重曹水はちょっとした汚れがある場合の拭き掃除に非常に効力を発揮して、普段の掃除にも役立てることができるでしょう。

洗濯槽の汚れの種類とその原因は?

洗濯槽が汚れてしまう最大の原因は黒カビの大量発生にあります。

解け残った洗剤や衣類に付着した汚れが結合することで洗剤カスとなって洗濯槽に付着し、そこに空気中にあるカビがくっつくことで黒カビになっていくのです。

石鹸カスや衣類に付着した汚れがカビの栄養分となり、繁殖してしまうことで『洗濯したのに嫌なにおいがする』とか『洗ったのに汚れが落ちない』といった選択によくあるトラブルが発生するようになります。

もっと具体的に汚れの原因を記載すると『洗剤カス』『皮脂』『体毛』『細菌』『カビ』『繊維ゴミ』などが当てはまるでしょう。

これらの汚れに、適度な湿度や温度がセットになることで黒カビが大量発生する原因となってしまいます。

この黒カビは適用量以上の洗剤を使ってしまうこと、お風呂の残り湯を使うこと、洗濯機を乾燥が不十分なこと、すすぎの回数が不足していること、洗濯機の掃除が不足していること、濡れた洗濯物を入れっぱなしにしていることによって発生しやすくなります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は洗濯槽を重曹を使って掃除する方法についてまとめてきました。

重曹はアルカリ性洗剤の中でも効力は低めなので、あまりにもしつこすぎる汚れは落とせない可能性があります。

しつこすぎる汚れを落としたいという人は、重曹ではなく塩素系漂白剤といった強力な漂白剤を使って洗濯槽を綺麗にしましょう。

ただし、強力な洗剤は肌にとってのダメージにつながることも多いので肌が弱い人は要注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました