普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

仏滅に入籍するのは良くないって本当?縁起が悪いから?

仏滅の入籍について!時間帯で縁起が変わるの?デメリットを教えて!

仏滅に入籍するのは良くないって言われることが多いのですが、果たして本当なのでしょうか。

今回は仏滅の入籍について詳しく調査し、具体的なデメリットは何かあるのかを記載してまいります。

六曜をあまり信じていないという方にとっても役立つ記事になりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

入籍を仏滅にするのは良くない?

入籍を仏滅にするのはよくないという情報をなんとなく知っているという人も多いでしょう。

このお話の根拠は「仏滅に結婚や入籍をした人の離婚率が高い」という噂が流れているせいとも考えられています。

しかし、明確な根拠はありませんし具体的な数字として示されているわけではないのでそこまで気にする必要はないでしょう。

ただし、仏滅の意味は「1日中凶」とか「慶事とは相性が最も悪い」となっておりますので、六曜を信じている人たちにとっては仏滅に入籍することを信じられないと否定する人がいるのは事実です。

ただし、この六曜は迷信にすぎませんので気にすることなく結婚式や入籍をする人もかなり増えています。

昔ながらの風習から発生している吉兆の考え方をどこまで信じるのかがポイントとなってくるでしょう。

仏滅に入籍をすると縁起が悪い?

仏滅に結婚式や入籍をすることは縁起が悪いと考えている人が多いのは事実です。

実際に仏滅は万事に凶とされる日であり慶事との相性が最悪なので、お祝い事である入籍も否定的な意見が出るのは当然でしょう。

ただし、仏滅はもともと「空亡」「虚亡」という「すべてが無になる虚しい日」という言葉から変化して誕生したので、あらゆるものを無にするという意味以外に、あらゆるものをリセットして新しい環境でスタートさせる日というイメージもあるのです。

そのことから、新しい生活を始めるという意味を込めて仏滅に結婚式や入籍をする人もいます。

はっきり言ってその人の解釈次第のところもありますので、仏滅に対して悪印象を本人たちが抱いていない場合は入籍ならば問題ないと考えましょう。

これが結婚式となるとかなりの人を呼びますので、その中に仏滅と結婚式をセットにするのは論外と否定する人がいる可能性があります。

この場合はちょっとした衝突を引き起こす可能性があるので、危ないのです。

入籍をする時間帯で縁起が変わる?

これも仏滅の考え方次第です。

基本的に仏滅は1日中凶なので、時間帯にかかわらず説教的な行動は控えるという人も多いのですが、人によっては翌日が大安であり午後からは仏滅も縁起が良くなると考えている人もいるようです。

縁起を担いでいたとしても仏滅の午後ならば大丈夫という考え方を持っている人もいますので、入籍も午後ならOKという答えが返ってくるでしょう。

ただし、あくまでもそのように考えている人もいるというだけなのでまずは仏滅に対するイメージがどうなっているのかを確認するところからスタートしてください。

ちなみに、大安以外の六曜は時間帯で吉兆が変わります。

友引は11時から13時以外が吉で、先勝は午前が吉で午後が凶とされています(14時から18時が凶という説もあり)。

先負は午前中が凶で午後が吉とされ、赤口は11時から13時以外が凶といわれているのです。

このように時間帯によって吉兆が変わることもありますので、他の日に入籍や結婚式を考えている人はこちらの吉凶も参考にしてください。

仏滅に入籍をするデメリット

そこまでデメリットはありませんが、しいて言うなら仏滅に入籍したという事実を知った周りの人たちに注意されるか反対される可能性があるということでしょう。

それ以外に特にデメリットはありません。

仏滅に入籍すると離婚率が上がるといった情報もありますが、それを裏付けるデータは一切見つかっていないので気にする必要はないでしょう。

あくまでもこの吉凶を信じている人たちに苦言を呈されるだけなので、気にしないという人にとってはデメリットになりません。

実際に六曜の吉凶を周りの人たちもいる結婚式ならば意識するという人も多いのですが、そこまで大勢の人たちにアピールしながら実行するものではない入籍なら意識しない人も多いのです。

たまたま入籍をするために時間を用意した日が仏滅だったという人も多くなっているのではないでしょうか。

離婚しやすくなるって本当?

仏滅に入籍や結婚をすると離婚する確率が上がるという噂もありますが、その噂を真実のものとするデータや情報はありません。

あくまでも都市伝説のような噂の一人歩きと考えてそのようなものもあるとして捉えたほうがいいでしょう。

むしろ「夫婦仲が悪くなったのは仏滅に結婚したせい」とか「仏滅に入籍したから相性が悪くなった」と考えるほうが問題です。

何らかの問題があるからこそ離婚につながるので、その問題を六曜の吉凶にゆだねるのが間違っていると考えてください

何度も記載しますが、仏滅に入籍や結婚をすると離婚する確率が上がるのはデマと考えたほうが建設的です。

入籍の挨拶は避けたほうがいい?

これも相手がどのように考えているのかどうかにかかわってくるので何とも言えません。

両家の両親が六曜をまったく気にしていないのなら仏滅に挨拶に行っても何の問題もありませんし、入籍を仏滅にしても何も言わないでしょう。

ただし日取りや吉凶をやたらと気にする人が両家の家族の中にいた場合は悪印象を抱かれる可能性があります。

六曜は相手がどの程度重要視しているのかでいろいろとイメージが変わってきますので、何とも言えない部分が多いのが歯がゆくなっています。

仏滅に挨拶に行くと悪印象を抱かれる可能性があるということだけを考えれば、避けたほうがいいかもしれません。

挨拶に向かう前にすでに両家の家族が誰も六曜を気にしていないということがわかっているのならば、仏滅などを気にする必要は一切なくなります。

それがわからないのならば、仏滅は避けてください。

六曜と入籍の関係について!

六曜の中で入籍との相性がいい日というのはやはり吉日とされている大安でしょう。

あとは六曜の吉の順番である大安⇒友引⇒先勝⇒先負⇒赤口⇒仏滅の順番で選ぶのが基本となります。

ただし、大安と仏滅以外は時間帯による吉凶の変動がありますので、それらの時間帯にも気を付ける必要があります。

また、友引は幸せを共におすそ分けするという意味もありますが、それが最大限に発揮されるのは結婚式となりますので入籍と友引は特別な力が発揮されるとはあまり考えられていないようです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は仏滅と入籍の関係性などの情報をまとめてまいりました。

入籍は結婚と違って多くの方々を招くものではないので、仏滅に実行しても悪印象を抱かれる可能性は低いでしょう。

ただし、家族の中にどれだけ六曜を信じている人がいるのかがわかっていないとトラブルに発展しかねないので、まずは確認するところからスタートしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました