普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

赤口に入籍をしてもいいって本当?縁起は悪くないの?

赤口の入籍について!時間帯はいつがおすすめ?離婚しやすいって本当?

赤口に入籍するのは良くないというお話もありますが、縁起的にはどのような状態になっているのでしょうか。

今回は赤口の入籍についての情報をひたすら集めて、時間帯はいつにするのが理想なのか、離婚しやすくなるという噂は本当なのか、六曜の中で入籍に適している日はいつなのかを記載して参ります。

本当に赤口に入籍すると離婚しやすくなるのでしょうか。

スポンサーリンク

赤口に入籍をしてもいい?

六曜的に考えると、赤口凶日となっており慶事との相性は良くありません。

なので、入籍などの慶事はしない方が良いという結論になってしまいます。

六曜の吉兆は大安友引先勝先負・赤口・仏滅という順番になっており、赤口と仏滅は凶日という扱いなのです。

なので、入籍などのグットイベントとはセットにしない方が良いでしょう。

ただし、結婚する当事者達や両家両親がこの六曜の考え方を全く気にしていないという人の場合は特に気にすることなく入籍しても良いと思います。

はっきり言ってこの六曜というのは科学的な根拠もない迷信に近いなにかとなっていますので、信じないという人も現代では圧倒的に多いのです。

江戸時代では様々な娯楽を求められるようになりその中で陰陽道や古代中国の教えや日本独自の風習がミックスされた六曜も色々と楽しまれたようで、その中で色んな頃合わせとセットで風習になったというお話もあります。

六曜的にはアウトに近いのが赤口ですが、気にしないのならば入籍しても問題ないと考えてください。

入籍を赤口にすると縁起が悪い?

赤口は六曜の中でも凶という扱いなので、六曜を気にしている人達にとってはあまり好まれない日です。

特に、慶事との相性が悪いと言われているので結婚式や引っ越しや入籍や開店と赤口はセットにしてはいけないと、よく言われます。

しかし、六曜そのものは科学的根拠はないので気にする必要はないのです。

ただし、周りの人達から注意される可能性があるのでそこだけは注意してください。

それでもあえて自分たちからアピールしないと注意されることすらありませんので、親元から離れて一人で暮らしているという人が入籍する場合は自分の都合を最優先して良いでしょう。

ただし、結婚式のように多くの人達を招くようなものは、縁起や風習をある程度大切にしておかないと注意される可能性が一気に上昇してしまうので、結婚式を赤口や仏滅にするのは一旦ストップしてください。

赤口に結婚式を挙げても大丈夫?時間帯はいつがいいの?
赤口に結婚式をすると縁起が悪い?日取りはどうしたらいい? 結婚式をするときには色々と日程を立てる物ですが、六曜を基...
赤口に納車すると縁起が悪い?時間帯や注意点!お祓いは必要?
赤口に納車をしても大丈夫?注意点を教えて! 赤口は六曜において凶日という扱いをされることが多いですが、納車というち...
仏滅に結婚式を挙げるのは良くない?メリットとデメリットを教えて!
仏滅に結婚式をすると縁起が悪い?離婚しやすいって本当? 仏滅に結婚式を挙げるのは良くないとずっと昔から言われてきま...

時間帯はいつがいい?

六曜を主体として考えた場合、赤口の吉となる時間帯は11時から13時となりますのでそこを意識しましょう。

特に赤口の吉の時間帯を意識していないという人は好きな時間帯に向かえば良いでしょう。

ちなみに、大安は1日吉であり仏滅は1日凶なので時間帯における吉凶の動きはありません。

友引は11時から13時までが凶の時間帯となっていますので、こちらは赤口とは考え方が逆になります。

先勝は午前中が吉で午後が凶となっていますが、先負は午前中が凶で午後が吉となっているのです。

このように時間帯によって吉凶が動くと言われているのが六曜なので、赤口以外の日を利用してこれらの縁起を大切にする人は時間帯も意識しましょう。

入籍はそこまで時間がかかるものではありませんので、11時から13時という限られた時間でもなんとかなるでしょう。

ただし、12時から13時までお昼休みで役所が動いていないというケースもありますので、11時に行くのが正解となるでしょう。

離婚しやすくなるのは本当?

入籍した日取りは確率で出てきますのではっきりとした数字で表すことができますが、離婚した人達の入籍した日取りまで追いかけたデータは見つかりませんでした。

赤口や仏滅に結婚した人は離婚しやすいという噂はありましたが、はっきり言って都市伝説や噂の類いなので意識しない方が良いでしょう。

そもそも六曜は科学的な根拠がないものなので、気にする必要がないと言われていますし意識する必要はないという意見も多数あります。

実際に江戸幕府は何度もこの六曜の吉兆を否定していますし、明治政府も旧暦から新暦に変えるときにこの六曜の表示を止めるように指示しているのです。

第二次世界大戦後は政府による統制もなくなり、カレンダーにまた記載されるようになりましたが、政府機関ではこの考え方はなくなっておらず今でも政府機関で使っているカレンダーにはこの六曜が書いていない状態になっています。

このような歴史もありますので、離婚率などは六曜に関係しているとは思わない方が良いでしょう。

赤口だからといって気にしない!

六曜は中国が起源であり三国志の諸葛亮が発案したという情報すらあります。

それ以外にも中国の六壬時課または小六壬のような時刻に吉凶を占う物からきているという情報もあるのです。

この中国の情報に日本の陰陽道や風習がミックスされて、さらに当時の風習や語呂合わせがミックスされているのが今の六曜なのです。

このように色々と不確かなものがミックスされている、科学的な根拠がないものなので赤口であってもそこまで気にする必要はないのです。

冠婚葬祭のような多くの人を招く必要がある物は、風習やしきたりや六曜はある程度尊重して行動する必要がありますが、盛大に祝う必要がなく静かに行える入籍は気にすることなく動けます。

六曜の中で入籍に適している日は?

先ほど六曜と入籍との関係性をザックリと否定してしまいましたが、それでも縁起を重視する場合は友引や大安などの吉と言われている日を利用すると良いでしょう。

友引の凶となる時間帯は11時から13時とかなり少ないですし、大安は1日吉なので時間帯を気にすることなく行動することができます。

より良い日に入籍したいという人は一粒万倍日や天赦日という大安吉日を超える大吉日を利用すると良いでしょう。

これらの考え方は大安とはまた別なので大安と重なればより大吉になると言われています。

個人的な見解ですが、入籍は本人達がしやすい日に行って、結婚式にこの一粒万倍日や天赦日や大安を重ねると良いでしょう。

ちなみに、2019年の天赦日は・1月27日(日)・2月10日(日)・4月11日(木)・6月26日(水)・9月8日(日)・11月7日(木)・11月23日(土)となっております。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は赤口と入籍の関係性について記載しました。

赤口はこのように凶という扱いになっていますが、どこまで六曜を信じているのか、縁起をどこまで大切にしているのかで変わってくるのです。

入籍は結婚式のように多くの方々を招く物ではありませんので、あまり縁起を重視していないという人達は当人の都合の良い日を利用するようにしてください。

逆に、結婚式は風習や縁起を大切にしている人が高確率で参加するので、六曜を信じていない人でも配慮して日程を選んだ方が良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました