普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負に葬式や葬儀はしても大丈夫?時間帯はいつ?

お通夜は先負でも大丈夫なの?

六曜を大切にする必要があるのは冠婚葬祭ですが、扱いにちょっと困るのが先負や先勝です。

今回は先負に葬式や葬儀はしても大丈夫なのかどうかをチェックし、具体的に実行する場合には時間帯はどのように判断したらいいのかも調べてまいります。

お通夜の扱い方についても詳しく解説いたしますので、情報収集をまんべんなく行いたいという方にも必見です。

スポンサーリンク

先負に葬式や葬儀はしても大丈夫?

先負はなかなか扱いに困る六曜ですが、葬式や葬儀にまつわる悪いお話や風習は聞きませんので気にせず実行することができるでしょう。

NGとされているのは友引です。

なので友引以外ならば実行しても大丈夫と考えることができます。

ただし、仏滅にお葬式をしてはいけないという考え方もかなり広まっていますので仏滅も避けたほうがいいでしょう。

時間帯はいつがいい?

先負の時間帯における吉兆は午前中が凶で午後が吉となっています。

先負は「先んずればすなわち負ける」という意味があり勝負事や急ぎ事と相性が悪く、午前中に行動するのはNGと考えられているのです。

なので、葬儀を行う場合は午後が正解となるのですが、午後のみ葬儀を行うということもなかなかできませんので先負と葬式が相性が悪いというわけではないと考えて時間帯もそこまで意識しないほうがいいでしょう。

一般的なお葬式のスケジュールは遺族が集まるのが9時から10時、葬儀と告別式が10時から11時、出棺が11時から11時30分、火葬が12時から13時半、収骨が14時といった流れになりますので、無理やり午後のみにスケジュールをずらす必要はないと考えてください。

お通夜はしても大丈夫?

先負にお通夜を実行するのは問題ないとは思われますが、可能ならば避けたほうがいいかもしれません。

お通夜が絶対的にNGとなる六曜は先勝です。

お通夜そのものを先勝に実行するのがNGというわけではなく先勝の次の日が友引になるため、必然的に先勝にお通夜をしてしまうとNG行為に引っ掛かってしまうという考え方になります。

六曜のサイクルは先勝⇒友引⇒先負⇒仏滅⇒大安⇒赤口となっていますので、先負の次の日は仏滅です。

この仏滅に葬式を実行するのはNGであるという考え方を持っている人がいますので、避けたほうがいいと考えています。

六曜はあくまでも迷信であり慣例のようなものなのでそこまで意識する必要は本来ないのですが、そのように考えている人がいる場合はもめごとに発展しかねないので可能性を考えて行動したほうがいいでしょう。

避けないといけないのは友引

葬式をしてはいけない日といわれているのは友引です。

もともと友引は結婚などの慶事の場合は「幸運に友を引っ張る」という意味があるのですが、葬式のような凶事の場合は「不幸に友を引っ張る」と考えられているのです。

特に葬式の場合は「故人が友達を冥土にまで引き付けてしまう」と考えられているので、絶対に友引に葬式をするのはNGと考えられていました。

しかし、日程的に友引にしなければいけない場合は友引人形を用意して棺に入れることが必要になります。

これはいわゆる身代わり人形と呼ばれているもので、故人が友達を冥土に引っ張っていってしまうのを防ぐために用意されています。

この人形は立て続けに不幸が続いてしまった場合に、これ以上親しい人が冥府に引っ張られないようにするために用意するケースもあります。

ちなみに、この人形は地域ごとに形や種類が異なっているとのことなので、用意するときはどのようなタイプがあるのかを確認することも大切になります。

このように友引のお葬式は嫌われる傾向にありますので、友引にお葬式をすることは一昔前は極端に少なかったようです。

その結果、葬儀屋や火葬場が休みになってしまいその傾向は今でも続いています。

そこまで六曜を信じていないという人でも、葬儀屋や火葬場がお休みになっていてはお葬式もできませんので、必然的に友引を避けるという現象が続いていると考えましょう。

ただし、近年では火葬炉が不足しているというお話も出てきているようで、友引に火葬を行うところも出ているといわれています。

死亡人口が増えるにつれて火葬炉不足も深刻になりますので、友引の稼働率もこれから増えていくだろうということが予想されています。

葬儀と六曜の関係について

今でこそ六曜の友引と葬式は相性が悪いなどといわれていますが、そもそも六曜の考え方は中国の六壬時課や小六壬や日本の陰陽道が結び付いて誕生しているものなので、仏教的なお葬式とは関係がないのです。

日本仏教の宗派の一つでありかなりの広まりを見せていた浄土真宗の開祖である親鸞も「日の吉凶を選ぶことはよくない」と説いているので結びつきはないといえるでしょう。

一説には平和になった江戸時代になると様々なものが流行し、この流行の中に六曜があったといわれています。

その時にいろんな言葉合わせやつじつま合わせが誕生して友引とお葬式は組み合わせてはいけないといった情報が広まったといわれております。

さらにはこのような情報の拡散や吉兆の決め事を重く見た幕府が六曜を信じすぎないようにという忠告を出したという情報もあるのです。

また、江戸時代に旧暦から太陽暦に変化してカレンダーが変わりましたが、その時にも暦から消されています。

第二次世界大戦後は政府による統制が廃止されることでカレンダーの中に記載されるように再びなりましたが、公共機関が作成するカレンダーではあえて使用しないように促しているところもあるのが実状です。

このように六曜と葬式を結び付けるものは本来ならばないのですが、風習としていろんな方々に広まってしまっているのも事実なので、いきなりこの結び付きを切ってしまうことも難しい状況となっています。

現代では占いや風習をそこまで重要視していない人もかなり増えていますので、今から数十年後にはこの六曜の考え方もだいぶ薄れてくるとは思われますが、今はまだ信じている人たちもそれなりにいますのでその人達の考え方をおもんばかって行動することも大切になるでしょう。

いわゆる、「自分は全く信じていないけれど信じている人もいるかもしれないからその人達の気持ちも考えて行動する」ということが大切になるということです。

つまり、六曜的に友引と葬式の関係だけはアウトとなっているので、それに従って友引の葬式と先勝のお通夜は避けたほうがもめごとは発生しないという結論になります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は先負とお葬式の関係について記載しました。

そもそも六曜と仏教的なお葬式は関係がないものであり、かの有名な親鸞も「日の吉凶を選ぶことはよくない」という教えを説いているので本来ならば意識する必要はありません。

しかし、風習や迷信として広まりきっているのが実状なのである程度はおもんばかって行動しないといけないのも事実なのです。

占いを信じている人たちに真っ向から否定すると衝突してしまうように、六曜を信じている人たちにとってその考え方を否定するような行動は衝突を促してしまうと考えて行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました