普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

社宅に引っ越した時の挨拶で渡す品物はどんなものがオススメ?

社会人になると様々な形で引越しを体験することになりますが、その中でもちょっと特殊なケースが社宅への引越しです。

そこで、今回は社宅に引っ越した時の挨拶で渡す品物はどんなものがオススメなのかをチェックしていきます。

通常の引越しとはどのような違いが発生するのか、そもそもこういった品物を用意するのは必須なのか、品物を渡すときのマナーはどうなっているのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

社宅に引っ越した時の挨拶で渡す品物はどんなもの?

社宅への引越しは通常の引越しとは異なっている部分が色々とあります。

ですが、挨拶で渡す品物に対する考え方は一緒です。

具体的には以下のルールを守りましょう。

・料金的にもらっても困るレベルで高級な物は避ける
・好みが分かれるデザインや香りが強い物は避ける
・手作り品は避ける
・食べ物を選ぶのならアレルギーの原因になりそうな物や日持ちしない物は避ける

まずはこういった考え方で粗品を選んでください。

具体的には日用品や日持ちするお菓子が鉄板なのでそこから選ぶと良いでしょう。

ただし、遠方の会社に勤める形で引っ越すのならば引越し前の場所の銘菓を用意しておくと挨拶回りが楽になります。

そのときは長期保存は出来ない銘菓もあると思いますが、インパクトが何よりも強くなるのでこちらを推奨したいです。

引っ越し挨拶の品物の相場はどのくらい?

引越しの挨拶における品物の相場は意見が色々と分かれていますが、多くの方々に挨拶する時の品物の相場は500円から1,500円程度と考えましょう。

直属の上司や偉い人達への挨拶はちょっとグレードアップして1,000円から2,000円が理想となっています。

料金は高めの方が良いのでは?

これはとっても難しいですが、実際に筆者の友達に教えてもらった体験談を鑑みると本当に正解が無いと思っています。

というのも、ひどいところだと引越しの挨拶でどれだけ高級な物を渡したのかでマウントをとってくるような人達がいるとのことです。

筆者の友達はそこら辺を意識することなく一般的な相場から品物を選んで渡していったそうですが、その人の奥さんがちょっと嫌な目に遭ってしまったという話を聞いたことがあります。

こんな状況にある社宅ならば、多少は見栄を張った方が良いかもしれません。

はっきり言ってこういうのはその社宅のルールになっている状態なので、なかなか見えてきません。

なので、その社宅の挨拶品相場がどうなっているのかを引越しする前に確認できるのならば確認しておいた方が良いと思います。

昔と比べるとこういった嫌なご近所付き合いは減ったという意見も出ていますが、ゼロにはなっていませんので自分が住むことになる社宅がどうなっているのか引越しをする前にある程度情報を仕入れた方が良いでしょう。

社宅に引っ越した時の挨拶はどこまでする?

社宅に引越しをしたときの挨拶の範囲は通常の集合住宅とは異なります。

通常の集合住宅ならば自分の部屋の両隣と真上と真下の部屋の住人、そして管理人か大家さんに挨拶をして終了です。

この範囲は社宅における最低限となります。

20世帯以下のような小規模の社宅に引越しをしたのなら、出来れば全戸にまわった方が良いです。

これが大規模な社宅になると全戸挨拶は不可能となりますので、同じ階の人達全員とできれば上下階の人達全員分の挨拶をした方が良いと思います。

なんで普通の集合住宅より範囲が広いの?

通常の集合住宅よりもかなり挨拶するべき範囲が広くなっている理由は、社宅という形式上仕事でも遭遇する可能性がとっても高く、これから長い期間お世話になる可能性も高いためです。

普通の集合住宅ならば同じマンションに住んでいたとしても直接的に関わり合いになる事は少ないのですが、社宅になると同じ会社に勤めているため直接的な関わり合いになる可能性が高いのです。

付き合いがほとんど無い人達への印象はそこまで気にする必要はありませんが、付き合いが発生する可能性が高い人達への印象は良くしておくべきです。

特に、会社の上司が住んでいることが確定している社宅ならば絶対に印象を良くするために挨拶をしておくべきでしょう。

挨拶へ行く時間帯やタイミングは?

理想は引越し前日までです。

引越し当日は荷物の運搬などでエレベーターを占領したり騒音が大きくなるなど色々と迷惑をかけてしまうので、迷惑をかける前に挨拶をしておきましょう。

挨拶をするタイミングで『●月●日に引越しをする◇◇です』といった挨拶をすれば、色々とスムーズになります。

遠方からの移動が必須の方は前日に挨拶をすることが難しいと思いますので、そういった人達はできれば引越しが終わってすぐにでも挨拶を済ませるようにしてください。

また、時間帯は10時から17時ぐらいが理想で、プライベートの時間帯や忙しい時間帯は避けるようにしましょう。

ただし、夜勤が多い会社だとこのリズムも異なってくるので、時間帯は都度調整する必要が出てきます。

品物を渡すときに注意したいマナー

品物を渡すときのマナーもいくつかあります。

まずは清潔感のある服装を用意してください。

それをきちんと身につけたら先ほど記載した10時から17時の時間帯に訪れるように調整して、笑顔を忘れないようにしながら挨拶をするのが理想です。

ただし、社宅の場合は上司から挨拶をするのが理想となっているので、順番も考える必要があります。

そこまで配慮したら、あとは家族全員で挨拶におもむき、品物を渡すときは紙袋からきちんと取り出してのし紙が表になって相手側から表書きが見えるように位置調整をしながら渡すと良いでしょう。

口上は『つまらないものですが』ではなく、『ほんの気持ちですが』とか『お気に召すと良いのですが』にしたほうが無難です。

社宅に引っ越しても挨拶はしなくても大丈夫?

これもなんとも言えません。

非常にサイクルが速く若い人達しかいないような社宅ならば、新人しかいない社宅となりますので挨拶はいらないと思います。

出入りが激しすぎる場所で挨拶をされるとされた側も色々と大変なのです。

逆に、上司がいるような大きめの集合住宅となっている社宅ならば挨拶は必須でしょう。

このようにやっぱり状況によりけりなところがありますので、自分が引越しをする社宅がどうなっているのかを調べてから行動してください。

自分の考えだけで行動するのだけは止めてください。

社宅には社宅のルールやマナーが存在しているケースもありますので、事前チェックが欠かせないのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は社宅での引越しにおける挨拶について色々と調べました。

社宅にも色んなタイプがありますが、社宅には奥様同士のマウンティングが存在していたり派閥争い的なものが存在しているところもあります。

嘘のような本当の話でそれに苦労した人も結構いるのです。

こういった社宅に引越しをすることになると、挨拶回りで失敗すると本当に面倒くさいことになってしまうとのことなので、事前準備を欠かさないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました