普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

三人家族の引っ越し費用の相場は?料金はどうやって決まるの?

引っ越し費用は家族が多く荷物が多くなればなるほど高くなってしまいます。

そこで、今回は三人家族における引っ越し費用の相場について解説しつつ、そもそも引っ越し業者で設定されているあの料金はどのように決まっているのかもお話しします。

どうやったら引っ越し費用を抑えることができるのか、家族で引っ越しするときの総額費用はそもそもどれぐらいになるのか、準備はどのぐらいのタイミングでスタートすればいいのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

三人家族の引っ越し費用の相場はどのくらい?

それでは皆さんが一番気になっている引っ越し費用について具体的に見ていきましょう。

ネット上で参考にできるサイトはいくつかありますが、サイトごとに費用が結構変わってくるので今回はいつも参考にさせていただいている『引越し見積もり価格はだいたいいくら?平均金額や業者の選び方、引っ越し費用を安くする方法|引越し見積もり・比較【SUUMO】』の数値を引用します。

基本的に繁忙期と通常期では費用が大きく異なるので、2パターンで想定していくことになるのですが、これはどのサイトでも同じように計算しているので他のサイトを参考にするという方も考え方を合わせましょう。

結論としては通常期における3人家族の引っ越し費用は約9.3万円で繁忙期における引っ越し費用は12.3万円です。

もちろん、この費用は距離や業者や時期や荷物量によって大きく変わってくるので、あくまでも参考の数字としてください。

引っ越し費用の決まり方は?

引っ越し費用の決まり方は細かく見るとなかなかに大変ですが、シンプルに区分けすると3つになります。

それは『運賃』『実費』『オプション料金』です。

細かい料金の設定の仕方は各業者によってバラバラですが、考え方は一緒になります。

それでは1つずつかみ砕いて見ていきましょう。

運賃について

運賃は引っ越し費用における皆さんが引っ越しに想像している部分の大部分が収まっています。

それは荷物の搬入や搬出、荷造りや運送などでありこの部分が引っ越し費用の大半を占めているのです。

ただし、具体的に運賃を定める方法は作業時間を基にして計算を行う『時間制運賃』か移動距離を基にして計算を行う『距離性運賃』のどちらかとなっているのですが、これは業者によって決まっている形である内情を知ることができないかぎりは漏れてこない情報でしょう。

いわゆる繁忙期で高騰したり通常期で安くなったりする理由はこの運賃の部分で上がったり下がったりするからと言われております。

実費について

実費はいわゆる段ボール箱などで支払うことになる梱包材費用やスタッフの人件費、そして高速道路利用料などが該当します。

人件費はある程度変動することもあるでしょうが、運賃の項目と比べるとこの部分で大きく上下することはないでしょう。

オプション料金について

オプション料金とはいわゆる運賃にも実費にも組み込むことができなかったお仕事が該当します。

具体的にはエアコンの移設サービスやピアノなどの楽器類運搬や美術品運搬、自動車の運搬などが該当するでしょう。

この部分も時期やタイミングによって上下することがあると思います。

三人家族の引っ越し費用を安くするポイント!

引っ越し費用を抑えるための基本的なやり方は人数が増えても変わりません。

それは以下の3点を抑えることです。

・値段設定がお手頃の安い業者に依頼する
・荷物量を減らして依頼する
・業者にとって値段が安くなる時期に依頼する

この3つをどうにかして実行することができれば引っ越し費用を抑えることができるでしょう。

特に荷物が多くなればなるほど、距離が遠くなればなるほど費用もすさまじくなるので、割合での費用上昇が馬鹿にならなくなりますし、割合での値下げができればリターンは大きくなります。

値段設定がお手頃の安い業者に依頼する

値段設定が最初から安い所を見つけることができれば、それだけで引っ越し費用は抑えられます。

見積もりを依頼するときに相見積もりをすれば、引っ越し費用が安い所を見つけられますし、その価格を使って交渉をすることもできるのでとりあえずはこの方法を実行してください。

ただし、値下げ交渉は繁忙期のように業者が忙しい時期になると断られることも多いので、時期によっては相見積もりだけに留めた方がいいです。

荷物量を減らして依頼する

これはシンプルな費用を抑える方法で、引っ越しそのものの作業時間を減らしてトラック占有率を下げる方法でもあります。

そのためにも、余計な荷物は減らして一部の荷物は自分たちで運んでしまいましょう。

特に、車を自分で運転して引っ越す予定の方はその車に積めるだけ荷物を積んでしまえば引っ越し費用をかなり抑えることができます。

業者にとって値段が安くなる時期に依頼する

引っ越し業者は3月と4月、そして大型連休のゴールデンウィークやお盆がかなり割高になります。

特に、3月下旬は通常期と比べると倍近い費用になってしまう所もあるので要注意です。

4月から新生活が始まるという人でも、引っ越し費用が高すぎるのが嫌だという人は3月上旬に引っ越してしまった方がいいでしょう。

それだけで数万円費用を抑えることもできるのです。

家族で引っ越しするときの総額費用はどのくらい?

引っ越しは引っ越し業者に依頼する費用だけではありません。

それ以外にも色々と費用はかかります。

この総額については人によって大きく変わるので具体的な数字を出すのは難しいです。

実際に家賃の4ヶ月分から6ヶ月分と言われていますが他の人達の意見の中には家賃の6ヶ月分から1年分という声もありました。

このようにかなりぶれていますので、とりあえず最低でも家賃の6ヶ月分はかかると思った方がいいでしょう。

引っ越し業者の選び方はどうしたらいい?

引っ越し業者の選び方はネット上で色々と調べるというやり方もありますが、筆者的にはとにかく相見積もりをしてそのときの対応で選んだ方がいいと思います。

そこまで大きくない規模の業者だとネットの声もそこまで多くはありませんし、大手でも担当してくれるエリアによって評価が分かれるということもあるので狙った評価を拾い上げるのが難しいのです。

なので、相見積もりをしてそのときの応対がどのようなものなのかを自分で判断してから動くと納得しやすいと思います。

引っ越しの準備はいつからしたらいい?

引っ越しの準備は引っ越しをすることが決まった瞬間からスタートした方がいいです。

特に、繁忙期に引っ越しをすることが決まってしまったという人は早めに動かないと予約が取れなかったり、購入予定の家電や家具が売り切れていたりと大変な目に遭うことが多いので動けるうちに動きましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は三人家族の引っ越し費用の相場について解説しつつ、料金はどうやって決まるのかをわかりやすく解説するために内訳についてお話ししました。

引っ越し費用は3月下旬に驚くほどに高くなるので、とりあえず抑えたいという方はその時期から外れることがとにかく重要です。

それが難しいという方は荷物を減らすといった工夫を色々とこなしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました