普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

戸建てに引っ越した時の挨拶で渡す手土産の相場はどのくらい?

引っ越しをするタイミングで行われる挨拶ですが、この挨拶では粗品を用意するのが一般的です。

そこで、今回は戸建てに引っ越した時の挨拶で渡す手土産の相場についてまとめていきます。

一戸建てに引っ越しをしたときに、そこで用意すべき粗品はいったいどれぐらいの金額の物がいいのでしょうか。

そもそもどんな手土産が喜ばれるのか、手土産にのしはあった方がいいのか、引っ越し挨拶で渡してはいけない手土産は存在しているのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

戸建てに引っ越した時の挨拶で渡す手土産の相場は?

一戸建てに引っ越した時の挨拶に用いる粗品相場は色んな意見がありますが、500円から1,500円程度と考えておきましょう。

これはマンションでもアパートでも一戸建てでも同じようで、一戸建てだからバージョンアップする必要はないようです。

相場について多くの方がどう考えているのかが気になるという方はこちらの『引っ越しの挨拶で渡す手土産の相場は?おすすめのギフトやマナーを紹介|引越し見積もり・比較【SUUMO】』にあるアンケート結果を見るのが一番わかりやすいです。

このアンケートの中に『引っ越し挨拶の手土産粗品は一つ当たりいくらの予算を組んだのか?』とぃうものがあって、そこで一番多かったのが500円から1,000円で、次点が1,000円から1,500円、その次は1,500円から2,000円と続いています。

こういった情報もあるので筆者も500円から1,500円程度という金額を推奨しています。

どんな手土産が喜ばれるの?

どんな手土産が喜ばれるのかは受け取る人の好みもあるのでかなり難しい質問ですが、とりあえず選んでおけば外れではないという選択肢は用意されています。

それがいくらあっても困らない日用品の類いや嫌う人が圧倒的に少ない菓子類です。

具体的にはタオル・布巾・高級なティッシュペーパー・キッチンペーパー・洗剤・クッキーなどが該当します。

他には引っ越し前の住んでいた地域を代表する銘菓を粗品にするという選択肢もあります。

その銘菓によって喜ばれないケースもあると思いますが、その人がいたところはどこだったのかがインパクトとして伝わりやすく、また『こんな粗品を渡してくれた人』と覚えてもらいやすいというメリットがあるので個人的にはこちらが一番推奨したい手土産となっているのです。

実際に筆者ももらった時に覚えやすいのがこういった銘菓を持ってきてくれる人だったので、自分のことをしっかりと覚えてもらいたいという方はそちらを用意してみましょう。

手土産にのしはつけた方がいい?

粗品に用いるのしの有無ですが、100%あった方がいいです。

つけない理由は面倒くさいからというのが本音だと思いますが、つけるのが面倒という方は正直挨拶回りをしないという選択肢を選んだ方がいいと思います。

というのも、のしをつけないで粗品を渡すと受け取る人によっては『この人は常識がない人』と認識して悪印象を抱かれるからです。

引っ越しの挨拶は基本的にご近所とトラブルなく過ごしていきたい、または仲良く過ごしていきたいという気持ちで行われるのであって、そう思って行動しているのにむしろマイナスに働くのならばやらないほうがいいです。

やるのなら、しっかりと好印象を持たれるように準備してから行動しましょう。

また、受け取る側が特にマイナス印象を抱かなかったとしても、引っ越しシーズンになると多くの粗品をもらうようになり、粗品が埋もれてしまい自分の粗品がなんなのかが認知出来なくなってしまうケースもあるのです。

粗品がいくつかある状況でのしがないと誰からもらったのかがわからなくなるので、良い印象を与えられる可能性が減ります。

ちょっと奮発した物を用意したのに、誰からもらったのかがわからない状態になってしまったのでは勿体ないですよ。

このように、のしはプラスの印象をより明確にするのにも役立ちますし、マイナス印象を与えないようにするのにも役立ちますので、挨拶回りをする粗品には必須となってくるのです。

個人的にはせっかく挨拶回りをしたのに悪印象を抱かれるというのが嫌すぎるので、粗品をつけて挨拶回りをしていました。

引っ越し挨拶で渡さない方がいい手土産は?

引っ越し挨拶で実はNGとなっている手土産も色々とあります。

まず意識してもらいたいのが賞味期限です。

賞味期限が短い生菓子といった類いは渡すときには賞味期限ぎりぎりというケースがあるのでNGです。

地元の銘菓が賞味期限がそこまで長くないという方は早めに渡すしかないと思います。

また、臭いが強烈な物も嫌われる傾向にあるので洗剤などを選ぶ方はそこまで臭いが強い物は選ばないようにしましょう。

あとはコーヒーや紅茶なども選ばない方がいいという意見があります。

これは好みがかなり分かれているので選ばない方がいいとのことでした。

他には食品ならアレルギー対象になっているかどうかも重要です。

そばもそばアレルギーがあるので、こういったアレルギーが確認されている食品は避けた方がいいと思います。

引っ越し挨拶の範囲はどこまでするべき?

引っ越し挨拶の範囲は一戸建てに引っ越すなら『向こう三軒両隣』が基本です。

これは自宅正面の家とその両隣、そして自宅両隣を指す言葉でここには必ず挨拶に行った方がいいでしょう。

あとは自宅の真後ろやその両隣もご近所になるので挨拶することが推奨されています。

他にはその地域の自治会や町内会会長がはっきりとわかっているのなら、そこに挨拶に行った方がいいという意見もあるのです。

こういった範囲がわかりにくいという方は、新築ならではの条件となりますが工事を開始するときに行われる地鎮祭のタイミングで業者が挨拶回りをすることが多いのでその挨拶回りに帯同してどこまで挨拶をしたのかをチェックしておき、引っ越すタイミングの挨拶はその時の範囲を模倣するというやり方もあります。

引っ越し挨拶へ行くタイミングはいつ?

引っ越し挨拶に行くタイミングは本格的に引っ越し作業が始まる前が理想です。

早すぎるのもちょっと問題がありますので、より理想的なタイミングは前日になります。

時間帯はできれば10時~12時と13時~18時にしてください。

前日が難しいという方は、当日の引っ越し作業が本格的に始まる前に挨拶回りをするといいでしょう。

それも無理という方は翌日に挨拶回りをしたいです。

基本的に引っ越しはトラックの出入りがあるため、交通上の迷惑をかけてしまうことが多く先に知らせておかないと迷惑をかけてしまうと言うケースが多いのです。

そのため、引っ越し作業前に知らせることが重要になってきます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は戸建てに引っ越した時の挨拶で渡す手土産の相場について解説しました。

一戸建てだからといって高級な粗品を用意する必要はありません。

高めの粗品を用意するとむしろもらった側が返礼をしなければいけないと考えてしまうのでむしろNGなのです。

実際に筆者も調べて見ると予想以上に高い物を引っ越し挨拶にもらった時は本気で返礼を考えたことがありますし、ちょっと頭を悩ませてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました