普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越しで近所への挨拶はする?しない?どこまでの範囲でしたらいい?

引っ越し挨拶をする文化は時代の変化と共に変わりつつありますが、昔と違って今はした方がいいという声もあればしなくてもいいという声もあって頭を悩ましている人も多くなりつつあるのです。

そこで、今回は引っ越しで近所への挨拶はするのかしないのか、そもそもどこまでの範囲でしたらいいのかを令和の日本においてどうなっているのかはっきりさせていきたいと思います。

そもそも引っ越し挨拶をしないことでどんなデメリットが発生するのか、そのデメリットは重いのかを見てから判断するのもいいでしょう。

スポンサーリンク

引っ越しで近所への挨拶はする?しない?

引っ越しをするかどうかの判断は自分がどういった立場及び状況で引っ越しをするのかで判断してください。

引っ越しをする状況にある人達は大きく分けて『通常の引っ越しをするケース』『女性の一人暮らしで引っ越しをするケース』『人の出入りがとっても多い場所に引っ越しをするケース』『ファミリー向けのマンションに引っ越しをする、または家族連れで引っ越しをするケース』『社宅となっているマンションに引っ越しをするケース』『新築マンションで一斉入居をするケース』の6つが存在しているのですが、どの分類に入っているのかで挨拶するかどうかが変わってきます。

詳しくは別記事で紹介しているため、詳細は省きますが挨拶をしなくてもいいという状況にある人達は『女性の一人暮らしで引っ越しをするケース』と『人の出入りがとっても多い場所に引っ越しをするケース』の2ケースで、挨拶するかどうかは本人次第となっているケースは『通常の引っ越しをするケース』と『新築マンションで一斉入居をするケース』になります。

逆に、絶対に挨拶をした方がいいケースは『ファミリー向けのマンションに引っ越しをする、または家族連れで引っ越しをするケース』と『社宅となっているマンションに引っ越しをするケース』になっています。

自分がどの状況になっているのかをしっかりと理解した上で挨拶するかどうかを決めてください。

男性の一人暮らしで出入りがそこまで激しくはないといったよくある引っ越しならば、自分で挨拶するかどうかを判断すればいいですし、女性の一人暮らしならば挨拶をすることでデメリットが生じるので挨拶をしなくてもいいという風潮が出来つつあります。

引っ越し挨拶をしない方がいいこともある?

先ほど紹介した『女性の一人暮らしで引っ越しをするケース』と『人の出入りがとっても多い場所に引っ越しをするケース』は挨拶をしなくてもいいという風潮が出来つつあります。

まず、女性の一人暮らしは女性が一人で暮らしていることをできる限りアピールしないことが犯罪を予防するための方法となっているので、挨拶回りは不要であるという考え方が根付いてきました。

筆者もこの考え方には賛成しています。

そして『人の出入りがとっても多い場所に引っ越しをするケース』では、頻繁に人が出入りする場所で挨拶回りをするのはされる側も迷惑に感じることが多いので、やらなくてもいいという風潮が出来つつあります。

これは引っ越し先のマンションやアパートの管理人や大家さんに聞いてみないとわからない部分でもありますので、事前に問合せしておく必要があるでしょう。

引っ越し挨拶をしないデメリットは?

引っ越し挨拶をしないことで発生するデメリットは以下のとおりです。

・悪印象を与えている可能性が高いので近隣住民とのトラブルになる可能性も増える
・お付き合いが無くなる可能性が高く何かあったときに助けてもらえないかも
・近所にどんな人達が住んでいるのかを把握出来ない
・その地域の特徴などを教えてもらえないので自分で調べないといけない

これが大きなデメリットになってくるかどうかはその人の環境や状況によって変わってくるので、挨拶をするかどうかも変わってきます。

たとえば、短期間しか住む予定しかない一人暮らしの女性ならばお付き合いがなくても問題ないと判断しやすいですし、ご近所にどんな人達が住んでいるのかを把握するよりも自分が一人で暮らしていることをアピールしないことの方が重要なので挨拶をしないという結論を出しやすいのです。

逆に、家族連れでの引っ越しをしている方で長期滞在を予定している方ならばご近所付き合いが多くなりやすくこれらのデメリットが響いてくることが多いので、挨拶をした方がいいという結論になるでしょう。

どこまでの範囲で引っ越し挨拶をしたらいい?

どこまでが引っ越し挨拶の範囲なのか、知らない状態で当事者になると困ることも多々あります。

とりあえずの定義として、集合住宅なら自分の部屋の両隣と上下階と大家さんや管理人さんに挨拶するのが一般的です。

一軒家なら向こう正面両隣と自宅両隣、あとは後ろの家とその両隣が挨拶範囲となってきます。

ただし、新築一戸建てなら本格的な工事に入る前に地鎮祭を行うのですがそのタイミングで業者が挨拶回りをすることが多いのでその挨拶回りについていきどこまで挨拶をしたのかを把握した上で、実際に引っ越しをするときの挨拶もそれに倣ったほうがいいでしょう。

引っ越し挨拶をするタイミングはいつがオススメ?

引っ越し挨拶には『引っ越し当日に色々とご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いします』という意味もありますので、引っ越し作業が本格的に行われる前に実行するのが理想です。

具体的には引っ越し前日や、前日が無理なら作業日当日の作業が本格的に行われる前となってきます。

それも無理なら翌日には挨拶回りをするといいでしょう。

引っ越し挨拶に迷った時はどうする?

引っ越し挨拶で話す内容や粗品に迷った方はテンプレートを活用してください。

引っ越し挨拶で迷った方は以下の文章を自分なりに改良して使いましょう。

○月○日に△△から××へ引っ越して参りました◇◇と申します。
引っ越し当日は、お騒がせしてしまいご迷惑をお掛けいたしました。
こちら、心ばかりの品でございますが、宜しければお受け取りください。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします

これを改良すればOKです。

あとは小さなお子さんがいるのなら『小さな子供がいるのでご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願いします』を追加しましょう。

粗品に悩んだのならこういった粗品を扱っているインターネット通販サイトのランキングを参考にするといいでしょう。

具体的には『引越し挨拶品 金額別 人気ギフトランキング [引っ越し挨拶品ドットコム]』のようなサイトのランキングを参考にしてください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越しで近所への挨拶はするかしないかについて色々とまとめてきました。

このように引っ越しをする人の環境や状況によって挨拶すべきかどうかも大きく変わってきますので、自分がどういった立場で引っ越すことになるのかをよく考えた上で行動してください。

家族連れでの引っ越しをする方はきちんと挨拶をしたほうがいいので、挨拶をしないでいいという情報だけを鵜呑みにしないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました