普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

赤口に結婚式を挙げても大丈夫?時間帯はいつがいいの?

赤口に結婚式をすると縁起が悪い?日取りはどうしたらいい?

結婚式をするときには色々と日程を立てる物ですが、六曜を基準に考えたときに赤口に結婚式を挙げても大丈夫かどうか心配になる人もいるでしょう。

今回は六曜をあんまり知らない人達にはイメージすらできていない赤口と結婚式の相性について記載し、仮に縁起が悪いという結論になった場合はその日取りを納得してもらうためにどうしたら良いのかもまとめます。

料金が割引されることもあるという噂についても迫ってみましょう。

スポンサーリンク

赤口に結婚式を挙げても大丈夫?

赤口に結婚式を挙げて大丈夫かどうかという質問ですが、六曜的に考えた場合は「縁起があまり良くないのでやめた方が良い」となりますが、それ以外の現実的な要素をとらえた場合は「デメリットもあるけどメリットもあるのでそのメリットが魅力的に感じたらやってもいい」となるでしょう。

詳しくは後述しますが、赤口というのは六曜的に考えても2番目に縁起が悪い日となっているので、結婚式の予約はかなり取りやすい日となっているのです。

結婚式の料金というのは自動車学校の合宿の値段と同じように「混んでいる時期は高くなって空いている時期は安くなる」という設定になっているのです。

つまり、六曜的に不人気となっている赤口は料金設定が安くなりがちで予約も取りやすい状態になっています。

これが赤口に結婚式を行うメリットです。

デメリットはこちらも先ほど記載したように六曜的に考えた場合は「縁起があまり良くないのでやめた方が良い」と言われる可能性が高いという事です。

六曜を完全に信じているという人は少なくなっていますが、完全に迷信だから信じるだけ意味がないと割り切っている人がすべてではありません。

いわゆる「あんまり信じてはいないけど、今までの風習を無視するのはよくない」という考え方もあるのです。

このように考えている人達が結婚式に呼んだ人達の中にいた場合、嫌な印象を与えがちですのでちょっとしたトラブルに発展してしまう可能性すら秘めています。

これがデメリットなのですが、結婚式の規模を小さくして結婚する当事者が完全に把握している人達しか呼ばない場合はこのデメリットも薄れてくるでしょう。

規模が大きくなればなるほどこのデメリットが発生する確率も高まるのです。

赤口の意味や由来について!読み方や縁起はどうなの?
赤口は本当に縁起が悪い日なの?結婚式や葬式は縁起が悪い? 六曜の中でも縁起が悪いと言われることの多い赤口ですが、具...

挙げても大丈夫な時間帯はいつ?

六曜は大安友引先勝先負・赤口・仏滅という6つになりますが、大安は1日中吉で仏滅は1日中凶となります。

それ以外の4つは時間帯により吉凶が変わると言われているのです。

赤口の場合辞書で調べてみると「凶とされる日で、正午頃のみ吉」と表示されます。

つまり、11時から13時までは吉と言うことです。

しかし、結婚式がこの2時間で終わるというのは稀なのであまり参考にならないでしょう。

人によっては「吉の時間帯に物事を開始すれば、そのもの事は吉のまま終わる」という考え方がありますので、赤口のお昼頃にスタートした結婚式は吉のまま終わることができると言えるかもしれません。

もちろん、吉の時間帯をすぎたらアウトという考え方を持っている人達もいますので、赤口の時間帯における吉を利用する場合は注意しましょう。

結婚式を赤口にすると縁起が悪い?

赤口は基本的に凶日と呼ばれている日です。

六曜は「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」という順番で変化しますが、吉凶の順番で並べると大安⇒友引⇒先勝⇒先負⇒赤口⇒仏滅の順番になっているのです。

これを見るとわかるように吉という扱いになっているのは大安と友引であり、凶という扱いになっているのは赤口と仏滅となります。

このように凶とされている日に結婚式のような慶事をするのはよろしくないとされているので、縁起的に考えたらアウトとなるでしょう。

六曜の吉凶を信じていないという人でも冠婚葬祭ではとりあえず考慮して日程を選ぶという人達は令和に突入しても劇的に減るものではありませんので、赤口の不人気ぶりが薄れることはないでしょう。

結婚式の日取りを納得してもらうためには?

結婚式の日取りを納得してもらうには結婚式の参加者や両親の考え方を察することが必要です。

仲が良い人達ならば直接的に「結婚式の六曜はどの程度重要視しているのか?」と確認してしまえば良いでしょう。

そこで赤口や仏滅を選ぶ場合は、「こちらの方が料金的に安くなるし予約が取りやすいから赤口にさせて欲しい」と言えば良いでしょう。

六曜を迷信だと完全に否定している人は今の時代とっても多いでしょうが、お年を召した方々は過去の風習やこの六曜を意識している人が多くなりがちですので、両家両親や親戚に確認することが必須となるでしょう。

そこで、ほとんど六曜を意識していないとはっきり言われた場合は気にすることなく赤口や仏滅に結婚式を挙げて良いと思います。

逆に、六曜や過去の風習をある程度意識しているとはっきり言われた場合はどこまで妥協できるかを相談した方が良いでしょう。

現実的な考え方で予約が取りやすく料金がお得になる赤口や仏滅を選ぶ人が多いのですが、それだと六曜や風習を重視している人達を説得しにくいので、午後が吉となる先負や午前中が吉となる先勝で妥協するという選択肢を用意する必要もあります。

無理に押し通して不仲になってしまうのも問題なのです。

仏滅に結婚式を挙げるのは良くない?メリットとデメリットを教えて!
仏滅に結婚式をすると縁起が悪い?離婚しやすいって本当? 仏滅に結婚式を挙げるのは良くないとずっと昔から言われてきま...

料金が割引されるって本当?

結婚式というのは時価なので、料金がかなり変動します。

しかし、人気がある月や日がありますのでそれらを調べて見ると明確に安い日を選ぶことができるのです。

一説には仏滅割引は半額されているところもあるといわれているので、赤口でも1割から3割程度は値引きしてもらう可能性はあると言えるでしょう。

それ以外にも、招待客事に2000円割引になるという話しも聞いたことがありますので、赤口や仏滅に結婚式を開くことはそれだけで金銭的に楽になるでしょう。

他には、雨の日が少なくて連休が多めの5月に人気があるとかジューンブライトの6月に人気があるとか晴れの日が多く季候も良い10月や11月が人気があると言われていますし、逆に寒すぎる12月や1月や熱すぎる7月や8月は嫌われる傾向にあると言われています。

他にも休日よりも平日の方が安いと言われていますし、昼より夜の方が安いというお話も聞きます。

本格的に安く仕上げたいという人は冬や夏の平日の夜で、赤口や仏滅に開催するのが一番となるでしょう。

ここまで料金が安くなる条件が揃うと、うまくすれば半額以下に抑えることも可能となるのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は赤口における結婚式について記載しました。

赤口は六曜的に考えて凶となっており、不人気であることは間違いないのですがそれを利用すればお得に動けるのは間違いないです。

しかし、両家両親や親戚を説得させるという行動が必要になるのでそれらはある程度加味して行動する必要があるでしょう。

人によっては「そこまでけちるくらいならある程度出してあげるから大安にしろ」と言われる可能性だってあるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました