普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

一人暮らしの場合は引っ越し挨拶をしない方がいい?

引っ越しの挨拶をしない方がいいという情報が広まることで、あえてしないという選択肢をとる人も増えています。

そこで、今回は一人暮らしの場合は引っ越し挨拶をしない方がいいのかどうかをチェックしていきましょう。

現代における一人暮らしにおける挨拶はどうなっているのか、この部分を掘り下げていきますのでいつか引っ越しを考えているという方は知識として覚えてもらうと役立つ情報が満載です。

また、粗品として喜ばれるものは何なのかも調べていきます。

スポンサーリンク

一人暮らしの場合は引っ越し挨拶をしない方がいい?

一人暮らしの場合挨拶をするかどうかですが、これは状況によって変わってきます。

そこで、前提条件として『男性の一人暮らしをする通常のケース』『女性の一人暮らしで引っ越しをするケース』『人の出入りがとっても多い場所に引っ越しをするケース』『社宅に引っ越しをするケース』『新築マンションやアパートで一斉入居をするケース』の5つの環境に分けて解説します。

男性の一人暮らしをする通常のケース

まず、特に変わった環境や状況になっていない方向けの引っ越しで考えていきましょう。

このときの挨拶は『できればした方がいいけど、しなくてもいいという風潮が出来つつある』という結論になります。

昔は絶対にした方がいいという風潮でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で感染が拡大している地域を系有してきた人達はあまり出歩かない方がいいとか、挨拶回りをしない方がいいという考え方も出て生きています。

新型コロナウイルス感染症が沈静化したのなら挨拶は出来ればしたほうがいいと言えるのですが、現代で考えると必須になってはいないと考えましょう。

女性の一人暮らしで引っ越しをするケース

女性の一人暮らしでは自分の身を守ることが最優先なので、『自分の身を守るために不特定多数に女性の一人暮らしであることをアピールしないことが一番大切なのでやらなくていい』が答えとなります。

女性の一人暮らしは自分が一人暮らしをしていることをできる限り知らせないことが大切なので、無理に挨拶回りをしない方がいいのです。

これは女性側も強く意識しており、不在にしているときの電気代やガス代などがドアの間に挟まっていたりすることも避けるようにしています。

あれが目立つ場所に挟まっていると不在にしていることを明確にアピールしていることになりますので、ちょっとした迷惑行為になっているのです。

人の出入りがとっても多い場所に引っ越しをするケース

アパートやマンションで出入りがとっても激しい地域では『挨拶をしなくてもいいという風潮が出来ているのならしなくてもOK、こういった風潮がないのならした方がいい』となっています。

これは自分たちの状況によるものではなく引っ越し先がどのような状況になっているのかで変わってくる部分となっているので、引っ越し前に状況の確認を大家さんや管理人さんにしておくといいでしょう。

社宅に引っ越しをするケース

社宅への引っ越しも通常の引っ越しとは大きく状況が異なります。

社宅への引っ越しを行うのなら『20戸前後ならば全部の部屋に挨拶に行き、大きい社宅なら社内の詳しい方などに挨拶回りの状況を確認してから対応する』というスタンスを守ってください。

マンションやアパート全体が社宅になっているというケースでは、社員や仕事先の上司がご近所さんとなることが基本なので、挨拶は必須でありその範囲も大きくなってきます。

ただし、あまりにも件数が多いと対応するのが大変になってくるので、引っ越し前にその社宅に住んでいる先輩の方々からアドバイスをもらって引っ越し挨拶をどうしたのかを調べておくといいでしょう。

新築マンションやアパートで一斉入居をするケース

新築マンションや新築のアパートへ一斉入居をするというケースも特殊で、そのときは『してもしなくてもOK』というちょっと変わった状態になります。

これはだいぶ特殊であり、その人の考え方次第となってきますので自分で判断するといいでしょう。

通常の引っ越しとは異なり挨拶が必須ではなくなっているのです。

引っ越し挨拶をしないメリットとデメリット

引っ越し挨拶をしない時に発生するメリットとデメリットをまとめていきましょう。

メリットは以下のとおりです。

・ご近所付き合いを減らせる
・粗品を用意しなくてもいいので出費を減らせる
・挨拶の時間を省ける

次に挨拶をしないデメリットは以下のとおりです。

・近隣住民とのトラブルになる可能性が増える
・お付き合いが無くなる可能性が高く何かあったときに助けてもらえないかも
・近所にどんな人達が住んでいるのかを把握出来ない
・その地域の特徴などを教えてもらえないので自分で調べないといけない

人付き合いが大っ嫌いという人は挨拶回りをするのをできる限り避けたいと思ってしまうのはしょうがないことだと思いますが、こういったデメリットも発生してしまいますのである程度の覚悟は必要です。

とくに、東日本大震災のような超大規模震災が発生した時に人付き合いがゼロだと結構きついことになるので、それだけは覚悟しておきましょう。

引っ越し挨拶をする範囲はどこまで?

引っ越しの挨拶をする範囲はアパートやマンションならば両隣と真上と真下の部屋が必須で、あとは管理人さんや大家さんに挨拶をしましょう。

一戸建てへの引っ越しならば向こう正面の両隣と自宅の両隣、そして裏側の家とその両隣が推奨されています。

あとはその地域の町内会長などがわかっていれば挨拶をしておくといいでしょう。

引っ越し挨拶をするときの注意点

引っ越しの挨拶をする時の注意点は色々とありますが、その中でも今回は特に意識してもらいたいことを一点紹介します。

それが引っ越し挨拶をする時の格好です。

スーツなどのフォーマルな格好をする必要はありませんが、清潔感がある服装は求められます。

なんと言っても初対面となりますので、それは当然でしょう。

しかし、引っ越し作業後に挨拶をするとなると服装がしわしわになったり汗で嫌な臭いが発生してしまっていることもありますので要注意なのです。

ついつい当日にした方がいいという情報から引っ越し後に慌てて挨拶回りをしてしまいがちですが、汗をかいてしまったのなら一度シャワーでさっぱりしてから挨拶をした方がいいと思います。

引っ越し挨拶で喜ばれる粗品は?

引っ越し挨拶をする時の喜ばれる物はやっぱり日用品ともらってうれしいお菓子類です。

具体的にはラップ・高級なティッシュペーパー・洗剤・タオル・クッキーなどが当てはまります。

他には引っ越し前の地域を代表とする銘菓があるのなら、そちらも好まれる傾向にあるようです。

引っ越し挨拶をするか迷った時の対処法

引っ越し挨拶をするかどうか悩んだときは、自分の気持ちに素直になればいいでしょう。

メリットとデメリットを提示しても行きたくない気持ちが勝るのならば行かなくてもいいと思います。

現代では行かない人も増えていますので、不自然なことではありません。

ただし、新築一戸建てで家族と暮らすという人は挨拶をしないことで子供にも迷惑が被る可能性がありますので、一人暮らしではないという方ならば極力した方がいいでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は一人暮らしの場合は引っ越し挨拶をしない方がいいのかどうかについてお話ししました。

一人暮らしの方はご近所付き合いも面倒ということで挨拶をしない方も増えています。

こういった考え方はよく理解できるので、したくないのならしたくてもいいでしょう。

しかし、しないことでご近所の一部の人達からはマイナス印象を与えてしまう可能性があるということだけは覚悟した方がいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました