普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

一人暮らしの女性は引っ越し挨拶をするべき?メリットはある?

引っ越しの中でも色々と注意点が他の人達よりも多いのが女性の一人暮らしです。

今回は一人暮らしの女性が引っ越しをするというケースで、そのときに挨拶をするべきなのかどうか、そもそもこういった挨拶をすることでのメリットはどうなっているのかを考えていきましょう。

引っ越し挨拶のメリットとデメリットを改めて考えることで、挨拶をする必要があるのかどうかの指針となってくれます。

スポンサーリンク

一人暮らしの女性は引っ越し挨拶をするべき?

一人暮らしの女性は引っ越しのタイミングで挨拶すべきかどうかはたびたび議論になります。

個人的な見解ですが『旧居から離れるときに挨拶するのはいいと思うが、引っ越し後の挨拶は犯罪に巻き込まれる確率を少しでも減らすためにしないほうがいい』となります。

メリットやデメリットのところで詳しく話しますが、女性の一人暮らしであるということを多くの方に知られてしまうと犯罪に巻き込まれる確率がどうしてもアップしてしまうので、知られないためにも挨拶回りもしない方がいいという考え方が現代ではかなり浸透しているのです。

筆者もこの考え方には強く賛同しているので、女性の一人暮らしにおいては引っ越し後の挨拶回りは不要だと思います。

一人暮らしの女性が引っ越し挨拶をするメリットとデメリット

それでは具体的に一人暮らしの女性が引っ越し挨拶をすることで発生するメリットとデメリットを見ていきましょう。

引っ越し挨拶のメリット

引っ越し挨拶をすることで発生するメリットは以下のとおりです。

・ご近所の顔を覚えられる
・災害などの緊急時に助けて貰える可能性が高まる
・その地域の特徴などを教えて貰えるので、トラブルが減らせる
・好印象を与えやすくなるため、近隣住民とのトラブルを減らせる
・何かあったときに相談しやすくなる

こういったメリットがあります。

これは女性の一人暮らしに関わらず、引っ越しの挨拶をしたことで発生する基本的なメリットなのです。

引っ越し挨拶のデメリット

次に、引っ越しの挨拶をすることで発生するデメリットを見ていきましょう。

ここに女性の一人暮らしならではのデメリットもくっついてくるのです。

・一人暮らしであることを知られてしまい、犯罪に巻き込まれる確率がアップする
・わざわざ粗品などを用意する手間が発生する
・女性の一人暮らしであることを知られてしまうと、トラブルが発生したときに強きに出られてより面倒になる可能性がある

これが家族連れの人達ならば、挨拶をしないことで発生するデメリットの大きさに問題となるのですが、女性の一人暮らしになると挨拶をしたことで発生する問題が大きくなってしまうので、やらない方がいいという選択肢が出てくるのです。

引っ越し挨拶をする範囲は?

引っ越しの挨拶をする範囲はある程度決まっているので、その情報に則った行動をしましょう。

集合住宅ならば自分お部屋の上下左右の部屋の住人と、管理人さんや大家さんです。

一軒家ならば向こう三軒両隣と、裏の家とその両隣が対象となるでしょう。

あとは、その地区の町内会長や自治会の会長がわかっているのなら挨拶をした方がいいです。

ただし、新築一戸建てだと地鎮祭のタイミングで業者側が挨拶回りをすることが多く、引っ越しをするときの挨拶もこの地鎮祭で行った挨拶範囲と合わせた方がいいです。

地鎮祭で挨拶回りに来たのに、引っ越しの挨拶で来なかったなんて言われると悪印象を持たれる可能性があるため、こういった対応が推奨されています。

どうも少数意見ですが新築一戸建てでも工事業者が挨拶回りをしなかったというケースがあるとのことなので、そのときは自分の判断で行動した方がいいでしょう。

いつ引っ越し挨拶へ行けばいい?

引っ越しの挨拶に行くタイミングは、旧居での挨拶ならば引っ越しの1週間前から挨拶回りをした方がいいでしょう。

新居への引っ越しにまつわる挨拶ならば、引っ越しをする前日か遅くても当日の作業前に挨拶をしたいところです。

というのも、こういった挨拶は『これからよろしくお願いします』という意味もありますが、『引っ越し作業でうるさくしてしまい申し訳ありませんがご了承下さい』といった迷惑をかけてしまってすいませんという意味もあるからです。

実際に狭い道路で大型トラックが一時的でも停車している状態になると、道をおもいっきり狭い状態にして通れなくなってしまう可能性すらあり、大迷惑となるでしょう。

こういった事態になるのでお詫びという意味も込められているのです。

引っ越し作業でそういった事態になるかもしれないということを事前に知らせておけば、相手にかける迷惑を減らせる可能性が高まるので先にすべきという意見が多く出ています。

引っ越し挨拶で渡すオススメの手土産は?

引っ越しの挨拶で推奨される手土産はもらっても困らないものです。

より具体的に推奨するとタオルとか洗剤とかラップといった日用品と、アレルギー食品が含まれていないクッキーやマドレーヌやバームクーヘンなどが推奨されます。

個人的に食べものはアレルギーをかなり色々とケアしないといけないので、日用品を選んだ方がいいと思います。

ただし、日用品でも洗剤といった匂いが色々とついているものだとその匂いが嫌いで使われないというケースが結構あるので、できればそこまで匂いが強くない物を選ぶといいでしょう。

こういった色々と考えるのが面倒と感じてしまった人は、タオルとか高級なティッシュペーパーとかラップのような大正解はないけど外れはほぼない日用品を選ぶといいと思います。

引っ越し挨拶をする時の注意点

引っ越し挨拶をするときの注意点は本当にたくさんあります。

たとえば、粗品の選び方に関しても以下のようなルールがあるのです。

・手頃な金額(500円から1,500円程度)から選ぶ
・できれば日持ちする物を選ぶ
・住んでいた地域の銘菓で日持ちする物があればそちらを優先
・全年代に喜ばれるようなオーソドックスなクッキーなどがおすすめ
・ある程度ブランドのあるお菓子だともらった側もうれしい
・お酒が入っているのはNG
・近所のスーパーで簡単に買えるような物はできれば避ける
・アレルギーを持つ人が多いナッツ類などは避ける
・手作りはNG
・できれば個別に包装されているタイプのお菓子にする

こういった条件を守りつつ選ばないといけないのです。

あとは、初対面となりますので清潔感がある格好をすることと、粗品にはきちんとのしをつけて名前も記載しておくことを推奨します。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は一人暮らしの女性は引っ越し挨拶をするべきかどうか、挨拶をすることでのメリットとデメリットはどうなっているのかを紹介しました。

挨拶をすることでのデメリットは通常ならばそこまで多くないのですが、女性の一人暮らしは防犯という意味でのデメリットが発生してしまうのです。

これが本当に問題ですので、防犯のためにも挨拶はしないという考え方を持った方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました