普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

冷蔵庫の製氷機についた頑固な汚れをお酢で落とす掃除方法!

スポンサーリンク

今回はお酢で冷蔵庫の製氷機の頑固な汚れを落とす掃除方法を紹介します。

お酢を使った掃除はお風呂場などでも見られますが、これは製氷機の掃除にも有効活用できるのです。

今まで何個かのパターンに分けて紹介してきた製氷機の掃除ですが、その方法を取り入れながらどのようにお酢を有効活用すればいいのかをお見せします。

お酢が余っているという方は、是非ともこのやり方を取り入れてください。

スポンサーリンク

お酢で冷蔵庫の製氷機の汚れを落とす掃除方法!

今回紹介する方法は過去に紹介したクエン酸のやり方と酷似しています。

というのも、クエン酸をお酢に切り替えるだけなのでそちらのやり方を知っているのならば、それを取り入れてください!

準備するもの

・お酢(糖分が入っていないお酢)
・取扱説明書
・ゴム手袋
・スポンジ
・食器洗い用中性洗剤
・重曹
・食紅
・マイクロファイバークロス

やり方

こちらの動画は『給水タンクの分解のしかた』というタイトルで、シャープ対応機種(SJ-PF47Y/PW31Y/PW35Y/PW38Y/PW42Y/GF50Y/GF60Y/XF44Y/XF47Y/XF50Y/XW44Y/XW47Y)にマッチした給水タンクの掃除方法です。

このように、機種ごとに製氷機や給水タンクの掃除方法および分解方法が異なるので、必ず掃除をする前に取扱説明書を読んで分解方法ややってはいけないことなどを確認しましょう。

①取扱説明書を読んで給水タンクや製氷機などの分解方法をチェックする

②製氷機の中に製氷皿といったパーツを可能な限り取り外す

③凍っている可能性があるので、水で全体を洗って氷を溶かす

④食器洗い用中性洗剤とスポンジを使って、取り外したパーツ全体をこすり洗いしていく

⑤全体を水で洗い流す

⑥かびの臭いや薬品の臭いが残っているかどうかをチェックする、嫌な臭いが残っているのならキッチンハイターなどの塩素系漂白剤を水で希釈したものに、嫌な臭いがするパーツを浸け置きして洗い流す

➆洗い終わったパーツを元に戻すが、フィルターだけは取り外す

⑧冷蔵庫にある給水タンクを取り出す

⑨給水タンクのパーツを可能な限り分解する

⑩パーツを細かく分解したら、中性洗剤とスポンジを使って丁寧に洗っていく

⑪カビの臭いがする時はキッチンハイターなどの塩素系漂白剤を希釈して、洗浄していく

⑫給水タンク全体を洗浄したら、バラバラにしたパーツを元に戻す

⑬給水タンクに水とお酢を2:1に入れて、食紅を少量入れてかき混ぜる

⑭食紅が混じった酢水入りの給水タンクを冷蔵庫に設置して氷を作る

⑮色つきの氷ができたら、給水タンクにフィルターを元に戻し通常の水で氷を作って、色つき氷が出なくなるまで繰り返す

⑯氷の受け皿が着色する可能性があるので、そちらも水で洗っておく

注意点

・樹脂に染みこんだ臭いは何度洗っても落ちない可能性あり
・洗剤を使って浸け置きすると、徹底的に水洗いをすること
・フィルターはできれば交換する、交換しないのならしっかり洗う
・浄水フィルターは必ず洗剤類を使わずに洗うこと
・給水タンクを戻すときは、しっかりと元に戻さないと機能しないので要注意
・給水タンクの下に異物があっても正常動作しないので要注意
・給水パイプの取り付けがあまいと、異音が出たり氷ができなかったり給水タンクから水が漏れたりトラブルが発生するので要注意
・水受けケースを取り付ける冷蔵庫側は水を流して掃除するのは故障の原因となるのでNG
・作業をするときは必ず取扱説明書を読んでから作業をすること、パーツの外し方などが異なっている可能性があるので要注意
・1週間ぐらい製氷機を使っていないときは、製氷皿をきちんと洗うこと

掃除で使うお酢の種類は?

掃除で使うお酢は基本的に砂糖が入っていないお酢が推奨されています。

具体的には『醸造酢』などの糖分が入っていないタイプです。

日常的な掃除に糖分入りのお酢を使って掃除するとベタベタになってしまうので非常に危険です。

これが今回の掃除にも当てはまるかと言われるとちょっと難しいかもしれませんが、絶対に手が出せないパイプ内部にベタベタが発生するのは正直かなりキツいので、使わない方がいいでしょう。

あと、個人的に推奨したいのは賞味期限が切れたお酢です。

今回の掃除で使ったお酢の量は水とお酢を2:1でしたが、具体的にお酢は100ml程度は使うことになります。

正直いつも使っているお酢でこの量を用意するのはもったいないので、使うのなら賞味期限切れのお酢にしてください。

新しいお酢だとお値段的にもったいないですし、それならクエン酸を使った方が経済的にましです。

製氷機の掃除頻度はどのくらい?

製氷機の掃除頻度は給水タンクの掃除は1週間に1回、ある程度本格的な製氷室を加えた掃除を1ヶ月に1回行って、大掃除のタイミングなどでめったに掃除しない本体側もセットで掃除するという形になります。

ただし、使用頻度が多いと汚れるスピードも速くなるので要注意です。

特に、嫌な臭いがするといった実害が出たときは早めに動いて掃除しましょう。

製氷機にはどんな汚れがつく?

製氷機にはどういった汚れが発生するかを見ていきましょう。

カビや菌

製氷機は水が絶えず循環しているため、湿った環境となりやすく、カビや菌の繁殖が起こる可能性があります。

特に排水パイプや氷槽、水供給部分などがカビや菌の温床となりやすいので要注意です。

埃などの空気中の汚れ

頻繁に冷蔵庫や冷凍庫を開け閉めしていると、空気中の汚れが入り込んで蓄積する可能性があります。

特に、換気をしていない人は要注意です。

水アカ

製氷機に供給される水に含まれるミネラルや不純物が蓄積し、水アカや水垢の発生の原因となります。

これにより、製氷機の部品や氷に汚れが付着することがあるので気をつけましょう。

オーガニックな汚れ

製氷機には水に混じった微量の食品や異物が入り込むことがあります。

これらのオーガニックな汚れは、時間とともに腐敗し、悪臭やバクテリアの繁殖の原因となることがあるのです。

オイルや脂肪

冷蔵庫内での調理や食材の保管時にオイルや脂肪が製氷機に付着することがあります。

これらの汚れは、製氷機の部品や排水パイプを詰まらせる原因となるでしょう。

お酢以外でも掃除はできる?

お酢以外でも掃除に使えますが、製氷機の掃除としてオススメな洗剤は食器洗い用中性洗剤とクエン酸です。

重曹やセスキ炭酸ソーダや酸素系漂白剤などの高確率でお世話になっているものは、樹脂との相性などの問題もありますのでオススメできません。

基本的に口にするもの近辺の掃除となりますので、強すぎる洗剤を使うのはちょっと難しいでしょう。

あまりにも汚れがひどい時は塩素系漂白剤を使うことになりますが、これは最終手段です。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回はお酢で冷蔵庫の製氷機の頑固な汚れを落とす掃除方法についてまとめました。

○お酢を使ったやり方はクエン酸を使ったやり方に酷似している

○使うお酢は糖分が入っていないタイプがオススメ

○お酢以外の洗剤はクエン酸や食器洗い用中性洗剤がオススメ

洗剤もいろいろと種類がありますが、口にする氷を扱う場所なので強力な洗剤は使えません。

樹脂なので元々アルカリ性洗剤をあまり使えないという問題もありますので、使う洗剤には注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました