普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

半夏生にタコを食べるのはなぜ?意味と由来、2024年はいつ?

スポンサーリンク

今回は関西圏で半夏生に食べられることの多い『タコ』のお話です。

半夏生にタコを食べるのはそもそもなんでか、そしてそもそも半夏生の意味と由来はなんなのか、2024年だと半夏生はいつになるのかも探って行きましょう。

タコのお話になるので、食べ物のタコにはどういった栄養素が含まれて健康面で優れているのかもお話ししつつ、半夏生についても掘り下げたいのでタコ以外に関係のある食べ物も解説します。

スポンサーリンク

半夏生にタコを食べるのはなぜ?

半夏生になぜタコを食べるようになったのかをまずは探って行きましょう。

理由はタコの足にあるくっつく吸盤のように苗がしっかりと大地に根付くという願掛けになります。

タコの足のような根っこになれた稲ならばちょっとやそっとでは倒れない稲になりそうです。

また、栄養素的にもタコが優れているから食べていたという意見もあれば、タコの旬がこの時期だから食べていたという意見もありました。

ただし、この半夏生のたこを食べる風習は関西圏限定です。

「そもそもそんなにタコって食べるの?」と思った方へ

「そもそもそんなにタコって食べないのでは?」と思った方もかなりいると思います。

そしてそういった考え方になる方は海がない北関東や長野県、九州地方や宮城県以外の東北在住の方々から出てきやすい言葉でしょう。

そういった人達にはこのマップを見てください。

図. 総務省の家計調査による都道府県別タコ消費量ランキング

参照:https://todo-ran.com/t/kiji/11131

これを見るとわかるように、大阪を中心に関西圏ではタコの消費量がかなり多いのです。

今回紹介した半夏生のたこを食べる風習も関西圏だったので、このマップと個人的にはぴったり当てはまると思っています。

やっぱりこういった風習って、その地域でよく食べるのが使われるので、かなり納得いくマップと言えるでしょう。

タコの健康的な効能

タコにはいろんな栄養素が含まれていますが、その中でも気になる成分による効果効能を掘り下げましょう。

どれだけ栄養素が入っているのかが気になるという方はこちらの『たこ – カロリー/栄養成分/計算 | カロリーSlism』というサイトにある、栄養素のデータをご覧下さい。

ビタミンB12

タコにはかなりの量のビタミンB12が入っています。

このビタミンB12はDNAの成済を促す効果もあり、さらには神経および血液細胞を健康に保つといった作用があるのです。

眼精疲労や肩こりにも効果があるビタミンなので『末梢神経のビタミン』という呼ばれ方もしています。

このビタミンが不足すると集中力が低下しやすくなって気分が落ち込みやすくなるため注意しましょう。

血液の造血作用もになっているので、不足しがちな人は貧血になりやすいという情報もありました。

ナイアシン

ナイアシンは水溶性のビタミンで、ビタミンB群の1種になります。

500種以上の酵素の補酵素として働くビタミンとのことで、人体への影響は大きいビタミンのようです。

具体的にはアルコールの代謝・エネルギー産生・糖質や脂質やタンパク質の代謝・肪酸やステロイドホルモンの生合成・DNAの修復や合成など本当にいろんな作用の補酵素として働いてくれます。

皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きもするとのことでいろいろと便利なビタミンとも言えるでしょう。

タウリン

タコには100g中に約500mgほどタウリンが含まれていると言われています。

タウリンは生体内で遊離した状態で存在する含硫アミノ酸様化合物の一つとのことです。

このように難しく説明すると意味不明ですが、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす・肝臓の解毒能力を強化する・アルコール障害に対応する・高い血圧を下げる・インスリン分泌を促進し糖尿病の予防や治療を促す・新生児の脳や網膜の発育を助ける・視力の衰えを防ぐなど、様々な人体にPlusとなる効果をもたらしてくれる成分なのです。

実は母乳の中にも多く含まれ、乳児の発達に関わってくる成分でもあります。

タンパク質

タコは脂質がかなり少なくてタンパク質が多いというムキムキになりたい方やダイエットをしたい方にとっても重宝する食べ物なのです。

100gあたり16.4gとかなりの高タンパクな食材です。

アミノ酸

タコには有害なアンモニアを体外へ排出するアスパラギン酸や、脳の機能を活性化するグルタミン酸といったアミノ酸が豊富に含まれています。

運動時の持久力を向上させる効果もあるアスパラギン酸の効果も期待できますし、タンパク質も含まれているという事なので本当に体を絞りたい方には有用な食べ物なのです。

半夏生の意味と由来は?

次は半夏生の意味と由来について調べてみましょう。

半夏生の意味

半夏生は『烏柄杓(カラスビシャク)』という別名もある『半夏』という薬草が生える時期という意味があります。

また、この半夏生は元々二十四節気をさらに3分割した七十二項にある『半夏生(はんげしょうず)』から来ており、この七十二項から来た暦日なのです。

七十二項の『半夏生(はんげしょうず)』は二十四節気の『夏至(6月22日頃から7月6日頃)』の末候に該当するので7月2日頃から6日頃が期間としては当てはまるでしょう。

つまり、最初の頃の半夏生はこの7月上旬を指していたのです。

そこからこの半夏生のルールが変わって、天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日と定められました。

つまり、毎年7月2日頃となるのです。

半夏生の由来

半夏生の由来は先ほど記載したように七十二項にある『半夏生(はんげしょうず)』から来ています。

そして半夏生という言葉は『烏柄杓(カラスビシャク)』という別名もある『半夏』という薬草が生える時期という意味があり、この薬草が由来となっているのです。

半夏生の使われ方

半夏生は一般的に農家の目安として使われた雑節です。

というのも、この時期は農家にとっては大事な節目の日として扱われており、地域によって考え方は違いますが『畑仕事を負える目安』や『水稲の田植えを終える目安』となっていたとい情報があります。

地域によって、農家はこの日から5日間はお休みになるようです。

2024年の半夏生はいつ?

2024年の半夏生は7月1日です。

タコ以外の半夏生に食べるもの

次はタコ以外に半夏生で推奨されている食べ物について触れていきましょう。

うどん

香川県では日常的にうどんを食べることが多いのですが、半夏生になるとより消費量が多くなると聞いたことがあります。

これは収穫したばかりの小麦を使うことが農作業をしてくれた方々への感謝に繋がるという意味があるそうです。

これは栄養価というお話ではなく、あくまでも頑張ってくれた農家の方々へのお礼という形で振る舞った物と言えるでしょう。

ちなみに、こういった風習があった香川県の香川県生麺事業協同組合では7月2日を『うどんの日』にしたようです。

福井県の若狭地域では半夏生の時期になるとこの焼いた鯖の丸焼きを食べるという風習があるとのことです。

いわゆる夏場のスタミナ食として重宝されてきたと言われております。

農作業で疲れた体を癒すオススメの食べ物なのでしょう。

餅は奈良県の郷土料理で、半夏生になると収穫した小麦でお餅を作るとのことです。

これを半夏生餅と呼び、重宝されていると聞きます。

こちらの餅は慰労の念や豊穣への願いを込めたこの地域特有の『さなぶり』という行事があり、その中にこの餅を食べるといった情報がありました。

食べない地域でも水田にお供えすることもあるとのことで、田んぼの神様への感謝が込められています。

餅だけど胃もたれしにくいので、夏向けという声もありました。

半夏生に関するよくある質問

「半夏生」とは具体的にどのような日ですか?

「半夏生」(はんげしょう)は、日本の旧暦に基づく雑節の一つで、夏至から数えて11日目にあたります。

この日は、半夏草(はんげそう)という植物が生え始める時期とされ、日本の伝統的な季節の節目として認識されています。

農作業の目安や季節の移り変わりを感じるための指標としても用いられます。

半夏生にはどのような風習がありますか?

半夏生には地域によって様々な風習がありますが、代表的なものに「半夏生の粥」を食べる習慣があります。

これは、新しい穀物を使って作った粥を食べることで、無病息災を願う風習です。

また、この時期には梅雨が明け、夏本番を迎える準備として家の大掃除を行う地域もあります。

半夏生の時期はいつ頃ですか?

半夏生は、夏至から11日目にあたるため、グレゴリオ暦では毎年7月2日頃になります。

ただし、旧暦に基づくため、年によっては日付が前後することがあります。

半夏生に関連する植物「半夏草」について教えてください。

半夏草は、サトイモ科の多年草で、半夏生の頃に新芽が出始めることからその名がつけられました。

葉の一部が白く変色する特徴があり、この植物は日本各地で見られます。

伝統的にはこの時期の自然の変化を示す象徴とされています。

半夏生を現代の生活で意識することにはどのような意義がありますか?

半夏生を現代の生活で意識することは、四季の移り変わりを感じ取り、日本の伝統的な季節感に触れる機会を持つことに意義があります。

また、半夏生にちなんだ風習や行事を通じて、家族や地域コミュニティとの絆を深める、自然や季節に対する感謝の気持ちを表現することもできます。

半夏生に特別な料理を作る地域はありますか?

半夏生には、「半夏生の粥」を食べる風習がありますが、地域によっては特有の料理を作る習慣が存在します。

例えば、一部地域では季節の野菜を使った料理を作り、家族で共有することで季節の変わり目を祝う風習があります。

これらの料理は、その年の豊作を願う意味合いも込められています。

半夏生を迎えるにあたり、家庭でできる準備はありますか?

半夏生を迎えるにあたり、家庭でできる準備としては、家の大掃除や神棚のお供え物を新鮮なものに替えるなどが挙げられます。

また、半夏生の粥を作る準備をすることも一つの方法です。

これらの準備を通じて、家族で季節の節目を意識し、健康や幸福を願うことができます。

半夏生に関連するイベントや祭りは日本全国で行われていますか?

半夏生に関連するイベントや祭りは、日本全国の一部地域で行われていますが、全国的に広く行われているわけではありません。

地域によっては半夏生を祝う小規模な祭りや行事が開催されることがありますが、それらはその地域の伝統や文化に根ざしたものです。

半夏生の期間中、気をつけるべき自然現象はありますか?

半夏生の期間中に特に気をつけるべき自然現象としては、梅雨の最中にあたるため、局地的な大雨や洪水などが挙げられます。

この時期は気象情報に注意し、外出時には雨具を準備するなど、雨天に備えた対策が必要です。

半夏生の日に行うと良いとされる行動や過ごし方はありますか?

半夏生の日には、自然や季節の変わり目に感謝する心を持つことが推奨されます。

具体的には、神社への参拝、季節の変化を感じる散歩、半夏生の粥を家族で食べるなど、季節にちなんだ活動を行うと良いでしょう。

また、この時期に合わせて家の大掃除を行い、新しい季節を清潔な環境で迎えるのも一つの過ごし方です。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は半夏生にタコを食べるのはなぜか、意味と由来について調べつつ、2024年はいつなのかをまとめました。

○半夏生にタコを食べたのは関西圏の風習でタコの足にあるくっつく吸盤のように苗がしっかりと大地に根付くという願掛け

○半夏生の意味は『半夏』という薬草が生える時期というもので、由来もこの薬草から来ている

○2024年の半夏生は7月1日

タコの消費量を見ると関西圏が圧倒的に多いことがあの地図からわかります。

大阪では特にたこ焼きというイメージが圧倒的に強かったのですが、あの消費量の多さを見れば納得でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました