普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

半夏生にうどんを食べる意味と由来!「うどんの日」はいつ始まった?

スポンサーリンク

今回は半夏生と関わりがあると言われている食べ物の、うどんについてです。

半夏生にうどんを食べる意味と由来は何なのか、「うどんの日」はいつ始まったのかを見ていきましょう。

うどんと言ったら某うどん県が思い浮かびますが、このお話もこれに関わってくるのでしょうか。

うどんのお話ということで十中八九関わってくる予感がしますが、あえてここでは断言せずにお話を進めていきましょう。

スポンサーリンク

半夏生にうどんを食べる意味と由来!

香川県では日常的にうどんを食べることが多いのですが、半夏生になるとより消費量が多くなると聞いたことがあります。

これは収穫したばかりの小麦を使うことが農作業をしてくれた方々への感謝に繋がるという意味があるそうです。

これは栄養価というお話ではなく、あくまでも頑張ってくれた農家の方々へのお礼という形で振る舞った物と言えるでしょう。

半夏生には様々な言い伝えがありますが、基本的な考え方に畑仕事や田植えを終える目安や区切りがこの半夏生だったというものがあります。

さらに、半夏生には天から毒が降ると信じられて毒が入らないよう井戸に蓋をしたり、この日に収穫した野菜は食べないという言い伝えが残った地域があったのです。

いわゆるカビ対策に近いものだったと思われますが、カビという概念がわからないのならこういった行動や物忌みも納得でしょう。

こういった物忌みの風習もあり、田植えは半夏生前までに終わらせるという考え方が香川県にも広まったと言われております。

そして、香川県ではそうやって頑張った方々へのねぎらう風習がうどんを食べさせるという形だったというお話です。

由来については正直不明ですが、戦国時代頃にはあったと思われます。

半夏生にちなんだうどんの食材は?

半夏生にちなんだうどんの食材についてお話ししましょう。

筆者が調べた限り、半夏生に関わってくる食べ物で有名なのはタコ・うどん・小麦餅・焼き鯖・芋汁・無花果です。

この中からいくつか有名な食べ物の組み合わせでお話を進めていきましょう。

タコ

特に有名なのがタコですが、関西地方では稲の根がタコ足のようにしっかりと根付くよという意味を込めてタコが食されます。

タコにはタウリンと呼ばれる栄養素も含まれているので、疲労回復や高血圧の改善といった作用も期待できるでしょう。

食べ方としてはうどんとセットで天ぷらにしたタコを用意するとか、生でうどんにトッピングするのもありだと思います。

冷やしうどんならば生のタコと白髪ねぎなどを用意すれば十分に食べられるでしょう。

半夏生で有名なのは焼き鯖ですが、うどんとセットにするという事ならばサバ缶の方がいいと思います。

半夏生と鯖のお話は福井県の方が該当するようですが、当時福井県周辺ではサバの水上げ量が多かったためにこういった風習ができたようです。

年貢の軽減と、田植えで疲れ切った農民のための食材が鯖だったのでしょう。

うどんとセットにするときはサバ缶に青ネギやミョウガなどをトッピングしてあとはごま油などで味付けすればおいしいうどんが食べられます。

奈良県では小麦餅という小麦で作ったお餅を食べるという風習があったのですが、餅とうどんはどういった餅なのかであうかどうかが変わってきます。

きなこ餅ではかなりキツイでしょう。

焼き餅ならギリギリでいけると思います。

焼き餅を用意してほうれん草やかまぼこなどをトッピングしてみてはいかがでしょうか。

「うどんの日」はいつから始まった?

こういったうどんにまつわる半夏生の風習が『うどんの日』として正式な物になったのは1980年だそうです。

半夏生にまつわる風習は遙か昔から続いていたのですが、こういった『うどんの日』として制定することで全国的な知名度アップを狙って行ったと言われております。

もちろん、この日を制定したのは香川県生麺事業協同組合で狙いはうどん消費の拡大です。

うどんによる健康的な効能やメリットは?

うどんによる効果効能についてお話ししましょう。

糖質

うどんは炭水化物がかなり豊富です。

なので、疲れた体には糖質のチャージに繋がるので筋肉疲労の回復といった効果がかなり強く出ます。

消化も良いので、エネルギーチャージには最適な食べ物と言えるでしょう。

昔の農家の方には最適な食べ物だということがよくわかります。

筋トレをよくするという方にとってもオススメの食べ物です。

逆に、エネルギーや糖質が有り余った方々にとっては太る原因になるので要注意です。

うどんにはミネラルの一種である銅が含まれているとのことです。

このミネラルを摂取すると酵素を構成する物質として作用し、赤血球の形成をサポートやエネルギーの産生を促すといった裏方的な仕事をいろいろとこなしてくれます。

抗酸化物質としても働いてくれるので、体に悪影響を与える活性酸素の過剰生成も防いでくれるでしょう。

モリブデン

このモリブデンもミネラルの一種であり、肝臓や腎臓に存在する微量ミネラルです。

ミネラルは酵素の構成成分となり、糖質や脂質の代謝を助けるという働きがあると言われています。

そしてモリブデンは、銅の排泄や鉄の代謝にも関わっているようです。

体内の鉄分が不足すると肝臓に蓄えられている鉄の運搬を助けるという作用がこのモリブデンには働きます。

鉄欠乏性貧血を予防する力があるのです。

うどん以外に何を食べる?

半夏生でうどん以外に食べられるのはタコ・うどん・小麦餅・焼き鯖・芋汁・無花果です。

こういった風習は基本的に

・夏バテ予防

・神様への捧げ物

・験担ぎ

・農家への振る舞い

この4つのうちどれかを狙って食されます。

今回のうどんに関しても一番最後の『農家への振る舞い』が完璧に当てはまっているのです。

半夏生の意味と由来は?

半夏生の意味と由来についてまとめましょう。

半夏生の意味

半夏生は『烏柄杓(カラスビシャク)』という別名もある『半夏』という薬草が生える時期という意味があります。

また、この半夏生は元々二十四節気をさらに3分割した七十二項にある『半夏生(はんげしょうず)』から来ており、この七十二項から来た暦日なのです。

七十二項の『半夏生(はんげしょうず)』は二十四節気の『夏至(6月22日頃から7月6日頃)』の末候に該当するので7月2日頃から6日頃が期間としては当てはまるでしょう。

つまり、最初の頃の半夏生はこの7月上旬を指していたのです。

そこからこの半夏生のルールが変わって、天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日と定められました。

つまり、毎年7月2日頃となるのです。

半夏生の由来

半夏生の由来は先ほど記載したように七十二項にある『半夏生(はんげしょうず)』から来ています。

そして半夏生という言葉は『烏柄杓(カラスビシャク)』という別名もある『半夏』という薬草が生える時期という意味があり、この薬草が由来となっているのです。

半夏生の使われ方

半夏生は一般的に農家の目安として使われた雑節です。

というのも、この時期は農家にとっては大事な節目の日として扱われており、地域によって考え方は違いますが『畑仕事を負える目安』や『水稲の田植えを終える目安』となっていたとい情報があります。

地域によって、農家はこの日から5日間はお休みになるようです。

また、いろんな地域でさまざま食べ物が用意される特殊な雑節となっていますが、それらの食べ物はこの農家が休んでいる時期という部分にかかっていることが多く、その食べ物を食すようになった理由を探ってみると面白い情報に行き着けることが多いのです。

半夏生に関するよくある質問

「半夏生」とは具体的にどのような日ですか?

「半夏生」(はんげしょう)は、日本の旧暦に基づく雑節の一つで、夏至から数えて11日目にあたります。

この日は、半夏草(はんげそう)という植物が生え始める時期とされ、日本の伝統的な季節の節目として認識されています。

農作業の目安や季節の移り変わりを感じるための指標としても用いられます。

半夏生にはどのような風習がありますか?

半夏生には地域によって様々な風習がありますが、代表的なものに「半夏生の粥」を食べる習慣があります。

これは、新しい穀物を使って作った粥を食べることで、無病息災を願う風習です。

また、この時期には梅雨が明け、夏本番を迎える準備として家の大掃除を行う地域もあります。

半夏生の時期はいつ頃ですか?

半夏生は、夏至から11日目にあたるため、グレゴリオ暦では毎年7月2日頃になります。

ただし、旧暦に基づくため、年によっては日付が前後することがあります。

半夏生に関連する植物「半夏草」について教えてください。

半夏草は、サトイモ科の多年草で、半夏生の頃に新芽が出始めることからその名がつけられました。

葉の一部が白く変色する特徴があり、この植物は日本各地で見られます。

伝統的にはこの時期の自然の変化を示す象徴とされています。

半夏生を現代の生活で意識することにはどのような意義がありますか?

半夏生を現代の生活で意識することは、四季の移り変わりを感じ取り、日本の伝統的な季節感に触れる機会を持つことに意義があります。

また、半夏生にちなんだ風習や行事を通じて、家族や地域コミュニティとの絆を深める、自然や季節に対する感謝の気持ちを表現することもできます。

半夏生に特別な料理を作る地域はありますか?

半夏生には、「半夏生の粥」を食べる風習がありますが、地域によっては特有の料理を作る習慣が存在します。

例えば、一部地域では季節の野菜を使った料理を作り、家族で共有することで季節の変わり目を祝う風習があります。

これらの料理は、その年の豊作を願う意味合いも込められています。

半夏生を迎えるにあたり、家庭でできる準備はありますか?

半夏生を迎えるにあたり、家庭でできる準備としては、家の大掃除や神棚のお供え物を新鮮なものに替えるなどが挙げられます。

また、半夏生の粥を作る準備をすることも一つの方法です。

これらの準備を通じて、家族で季節の節目を意識し、健康や幸福を願うことができます。

半夏生に関連するイベントや祭りは日本全国で行われていますか?

半夏生に関連するイベントや祭りは、日本全国の一部地域で行われていますが、全国的に広く行われているわけではありません。

地域によっては半夏生を祝う小規模な祭りや行事が開催されることがありますが、それらはその地域の伝統や文化に根ざしたものです。

半夏生の期間中、気をつけるべき自然現象はありますか?

半夏生の期間中に特に気をつけるべき自然現象としては、梅雨の最中にあたるため、局地的な大雨や洪水などが挙げられます。

この時期は気象情報に注意し、外出時には雨具を準備するなど、雨天に備えた対策が必要です。

半夏生の日に行うと良いとされる行動や過ごし方はありますか?

半夏生の日には、自然や季節の変わり目に感謝する心を持つことが推奨されます。

具体的には、神社への参拝、季節の変化を感じる散歩、半夏生の粥を家族で食べるなど、季節にちなんだ活動を行うと良いでしょう。

また、この時期に合わせて家の大掃除を行い、新しい季節を清潔な環境で迎えるのも一つの過ごし方です。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は半夏生にうどんを食べる意味と由来について、「うどんの日」はいつ始まったのかも調査しました。

○半夏生にうどんを食べる意味は疲れた農家への振る舞い、由来は不明

○「うどんの日」が始まったのは1980年

いまではわりかし有名になったうどんの日ですが、元々は香川県にあった半夏生には農家にうどんを振る舞ったという風習から来ているようです。

どうしてそういった振る舞いが始まったのか、その由来まではたどり着けなかったのですが戦国時代からおそらくは行われていたと思われますので、歴史としても大分長いと推測します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました