普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

半夏生の時期に食べる食べ物一覧!タコやうどんを食べる意味と由来は?

スポンサーリンク

今回は雑節の中でも知名度の低い半夏生についてのお話です。

ズバリ『半夏生の時期に食べる食べ物一覧!タコやうどんを食べる意味と由来は?』についてまとめます。

半夏生という言葉をそもそも聞いたことがないという方もいると思いますので、そちらの解説をしつつ、いろいろと食べ物と結びつきがある雑節なのでそういった食べ物についても解説していきましょう。

地域によって風習がかなりばらついている雑節なので、いろいろとびっくりする食べ物が出てきます。

スポンサーリンク

半夏生の時期に食べる食べ物一覧!

いろいろと半夏生と結びついている食べ物があるので、それらについてまとめて紹介しましょう。

タコ

半夏生とセットで扱われることが多いのがタコです。

あの墨を吐くタコになります。

ハッキリ言ってタコに関しては明確な旬がないのでなんとも言えないのですが、関西圏の風習からこの考え方が根付いたようです。

タコを食べる意味は足にあるくっつく吸盤のように苗がしっかりと大地に根付くという願掛けになります。

栄養素的にもアミノ酸の一種であるタウリンの含有量が豊富なので、疲労回復が期待できるでしょう。

暑い夏を乗り越えるためにも推奨される食べ物とも言えます。

うどん

香川県では日常的にうどんを食べることが多いのですが、半夏生になるとより消費量が多くなると聞いたことがあります。

これは収穫したばかりの小麦を使うことが農作業をしてくれた方々への感謝に繋がるという意味があるそうです。

これは栄養価というお話ではなく、あくまでもお礼という形で振る舞った物と言えるでしょう。

小麦餅

小麦餅は奈良県の郷土料理で、半夏生になると収穫した小麦でお餅を作るとのことです。

これを半夏生餅と呼び、重宝されていると聞きます。

こちらの餅は慰労の念や豊穣への願いを込めたこの地域特有の『さなぶり』という行事があり、その中にこの餅を食べるといった情報がありました。

食べない地域でも水田にお供えすることもあるとのことで、田んぼの神様への感謝が込められています。

餅だけど胃もたれしにくいので、夏向けという声もありました。

焼き鯖

福井県の若狭地域では半夏生の時期になるとこの焼いた鯖の丸焼きを食べるという風習があるとのことです。

いわゆる夏場のスタミナ食として重宝されてきたと言われております。

農作業で疲れた体を癒すオススメの食べ物なのでしょう。

芋汁

長野県の一部地域では、半夏生になると長芋汁やとろろ汁といったものを食べる風習があるようです。

これは栄養価が高く滋養強壮効果もあったために食べられていたとも言われていますし、長く伸びる独特な食感から長生きの願掛けに使われていたという意見もありました。

無花果田楽

愛知県の一部の地域では、不老長寿の実と言われている無花果に豊作祈願の田楽という由来がある味噌田楽をかけた無花果田楽を食べるという風習があるようです。

半夏生にタコやうどんを食べる意味と由来は?

ここで紹介したように、半夏生には地域によってタコ・うどん・小麦餅・焼き鯖・芋汁・無花果といったものが食べられていることがわかります。

それではなぜそれらの食材を食べるのか、その意味や由来を探りましょう。

半夏生にタコやうどんを食べる意味

これ以外にも地域によって食べられているものがありそうですが、こういった食べ物にはある程度共通する意味があるのです。

それらを簡単にまとめると以下のようになっているでしょう。

・夏バテ予防

・神様への捧げ物

・験担ぎ

・農家への振る舞い

この4つです。

ほとんどの食べ物が、この4つのどれかの意味が込められているので探って行きましょう。

半夏生にタコやうどんを食べる由来

タコ・うどん・小麦餅・焼き鯖・芋汁・無花果といった食べ物が半夏生の時期に食べられる由来なのですが、ハッキリとした由来はわかりません。

他の雑節である社日や節分や彼岸などの食べ物関連の由来から推測すると、おそらくですが江戸時代に流行したものがほとんどだと思います。

あとは、1500年代という戦国時代にどれだけ浸透していたかでしょう。

戦国時代は人の命が軽く戦争ばかりだったので田畑が荒れることも非常に多かったために、神頼みを真剣にやっている農民も多かったと言われております。

なので、そういった戦国時代の頃にはそれぞれの地域で神様への捧げ物や験担ぎという意味合いで用意されたのだと思われます。

そもそも半夏生とは?

『半夏生(はんげしょう)』とはそもそもなんなのかを解説すると、『烏柄杓(カラスビシャク)』という別名もある『半夏』という薬草に関わっています。

この薬草が生える頃が半夏生なのです。

『半夏』は呼び方がいろいろとあってハゲ・ハンデ・ハゲン・ハゲッショウと様々です。

元々は、二十四節気をさらに3分割した七十二項にある『半夏生(はんげしょうず)』から作られた暦日でした。

この『半夏生(はんげしょうず)』は二十四節気の『夏至(6月22日頃から7月6日頃)』の末候に該当するので7月2日頃から6日頃が期間としては当てはまるでしょう。

しかし、今では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日と定められているので毎年7月2日頃が当てはめられるようになりました。

この時期は農家にとっては大事な節目の日として扱われており、地域によって考え方は違いますが『畑仕事を負える目安』や『水稲の田植えを終える目安』となっていたとい情報があります。

地域によって、農家はこの日から5日間はお休みになるようです。

また、地域によってはいろんな風習が見られる雑節なので、そういった違いを楽しむこともできるでしょう。

まとめると以下のようになります。

名前:半夏生

読み方:はんげしょう

意味:『半夏』という薬草が映える時期

時期:7月2日頃(天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日)

行動:この日までに農作業を終わらせて、それ以降は休む

半夏生の過ごし方を紹介!

半夏生は先ほど意味を紹介した時にこの日までに農作業を終わらせて、それ以降は休む目安と解説しました。

実際にそういった推奨行動にまつわるお話がいろいろとあるのです。

具体的には『ハンゲという妖怪が徘徊しているから、この時期は農作業をしない』とか『竹林に入ってはいけない』といった伝承があります。

他には『天から毒が降るから井戸の蓋をする』とか『その日採った野菜は毒が含まれているから食べない』など面白い物があります。

とりあえず、農家の方々は半夏生までに仕事を終わらせてゆったりとお休みするタイミングと考えて下さい。

地域によってはここで紹介したように、うどんなどが振る舞われるのです。

半夏生に関するよくある質問

「半夏生」とは具体的にどのような日ですか?

「半夏生」(はんげしょう)は、日本の旧暦に基づく雑節の一つで、夏至から数えて11日目にあたります。

この日は、半夏草(はんげそう)という植物が生え始める時期とされ、日本の伝統的な季節の節目として認識されています。

農作業の目安や季節の移り変わりを感じるための指標としても用いられます。

半夏生にはどのような風習がありますか?

半夏生には地域によって様々な風習がありますが、代表的なものに「半夏生の粥」を食べる習慣があります。

これは、新しい穀物を使って作った粥を食べることで、無病息災を願う風習です。

また、この時期には梅雨が明け、夏本番を迎える準備として家の大掃除を行う地域もあります。

半夏生の時期はいつ頃ですか?

半夏生は、夏至から11日目にあたるため、グレゴリオ暦では毎年7月2日頃になります。

ただし、旧暦に基づくため、年によっては日付が前後することがあります。

半夏生に関連する植物「半夏草」について教えてください。

半夏草は、サトイモ科の多年草で、半夏生の頃に新芽が出始めることからその名がつけられました。

葉の一部が白く変色する特徴があり、この植物は日本各地で見られます。

伝統的にはこの時期の自然の変化を示す象徴とされています。

半夏生を現代の生活で意識することにはどのような意義がありますか?

半夏生を現代の生活で意識することは、四季の移り変わりを感じ取り、日本の伝統的な季節感に触れる機会を持つことに意義があります。

また、半夏生にちなんだ風習や行事を通じて、家族や地域コミュニティとの絆を深める、自然や季節に対する感謝の気持ちを表現することもできます。

半夏生に特別な料理を作る地域はありますか?

半夏生には、「半夏生の粥」を食べる風習がありますが、地域によっては特有の料理を作る習慣が存在します。

例えば、一部地域では季節の野菜を使った料理を作り、家族で共有することで季節の変わり目を祝う風習があります。

これらの料理は、その年の豊作を願う意味合いも込められています。

半夏生を迎えるにあたり、家庭でできる準備はありますか?

半夏生を迎えるにあたり、家庭でできる準備としては、家の大掃除や神棚のお供え物を新鮮なものに替えるなどが挙げられます。

また、半夏生の粥を作る準備をすることも一つの方法です。

これらの準備を通じて、家族で季節の節目を意識し、健康や幸福を願うことができます。

半夏生に関連するイベントや祭りは日本全国で行われていますか?

半夏生に関連するイベントや祭りは、日本全国の一部地域で行われていますが、全国的に広く行われているわけではありません。

地域によっては半夏生を祝う小規模な祭りや行事が開催されることがありますが、それらはその地域の伝統や文化に根ざしたものです。

半夏生の期間中、気をつけるべき自然現象はありますか?

半夏生の期間中に特に気をつけるべき自然現象としては、梅雨の最中にあたるため、局地的な大雨や洪水などが挙げられます。

この時期は気象情報に注意し、外出時には雨具を準備するなど、雨天に備えた対策が必要です。

半夏生の日に行うと良いとされる行動や過ごし方はありますか?

半夏生の日には、自然や季節の変わり目に感謝する心を持つことが推奨されます。

具体的には、神社への参拝、季節の変化を感じる散歩、半夏生の粥を家族で食べるなど、季節にちなんだ活動を行うと良いでしょう。

また、この時期に合わせて家の大掃除を行い、新しい季節を清潔な環境で迎えるのも一つの過ごし方です。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は半夏生の時期に食べる食べ物一覧にしていろいろと提示し、タコやうどんを食べる意味と由来もしらべました。

○タコ・うどん・小麦餅・焼き鯖・芋汁・無花果など関わる食べ物は豊富!

○意味は夏バテ予防・神様への捧げ物・験担ぎ・農家への振る舞いのどれか

○由来はハッキリとは不明だが戦国時代から伝わっていた可能性あり

半夏生について筆者もあまり知らなかったので、調べると驚くような伝承が見つかって面白かったです。

まさか一部地域では妖怪がいるという伝承があるとは思いませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました