普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

半夏生の花言葉、特徴や種類について!具体的な育て方を解説!

スポンサーリンク

半夏生は雑節の一つですが、実は半夏生という花があるんです。

そこで、今回は花の半夏生の花言葉と特徴や種類について、具体的な育て方を解説しましょう。

半夏生の育てる時に注意することは何なのか、病気や害虫は存在しているのかも調べていきます。

苗植えの時期や水やりの仕方、肥料の与え方なども調べていくので半夏生という花について気になっているという方はこの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

半夏生の花言葉は?

半夏生の花言葉は『内気』『内に秘めた情熱』になっています。

これは半夏生の花弁の色が変わることに由来しているとのことでした。

緑色だった葉がそっと白く変わっていくという特徴があるため、このような花言葉がつけられたのでしょう。

半夏生の特徴

半夏生の特徴は先ほど記載した事柄もありますが、他の特徴もセットでまとめていきます。

・緑色だった葉がそっと白く変わっていく

・花穂が10センチほど伸びる

・7月上旬から中旬に開花する

・花弁のように見える大きな白いものは花ではなくて葉っぱ

・現代において生育に適した土地が減少しているために地域によっては絶滅危惧種に指定されている

・多年生の草本で特有の臭気がある

・精油を含んでいる

半夏生の由来は?

半夏生という名前の由来の1つとされているのが、雑節の半夏生の時期に花を咲かせるところから来ています。

昔は夏至から数えて11日目の雑節だったのですが、今では天球上の黄経が100度の点を太陽が通過する日と定められており、基本的には7月2日頃がこの半夏生という雑節になっているのです。

実際にこの花は7月上旬に花を咲かせるので時期的にも合っていると言えるでしょう。

もう1つの名前の由来は、葉の色が半分だけ緑色を残して白く変わるという特徴からです。

いわゆる「半分だけ化粧をする」という状態変化から「半化粧」になり、そこから変化したという説になります。

半夏生の種類について

半夏生の種類について調べましたが、特に情報はありませんでした。

つまり、種類は特に分類されていないということなのでしょう。

それだけだと味気なさ過ぎるので、学名などをまとめて記載しておきます。

学名:Saururus chinensis
科・属:ドクダミ科ハンゲショウ属
原産国:日本、朝鮮半島、中国
別名:ハンゲショウグサ、ハンゲソウ、カタシログサ、カタジロ、オシロイカケ、サンパクソウ、ミツジログサ、ミツジロ

半夏生の育て方と注意すること

次は半夏生の育て方についてまとめましょう。

育て方

日当たり・置き場所:湿潤で明るい半日陰程度が適している、半日蔭でも育つが日当たりの良い方が葉に白い斑が入りやすくなる。

湿り気の多い土壌ならば地植えでも大丈夫

用土

湿地を好む植物であり、水生植物用の用土や水はけよく保水性の高い用土が適しているが市販の草花培養土でも大丈夫。

気になる方は粘土質の重い土を混ぜてやると水持ちが良くなってオススメ

肥料

肥料は春に追肥するかたちにして緩効性化成肥料を土中に埋め込むこと

植え付け

真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日が理想的。

掘り上げた地下茎を切り分けて植え付けること

管理

とにかく乾燥が苦手なので真夏の雨が降らない時期や冬がキツイ、乾燥させないように注意すること

水やり

乾燥が大敵なのでとにかく水を切らさないように株元が少し水につかるレベルで水を与えること。

常に土が湿っているような状況が理想的。

鉢植えの場合は鉢皿に常に水が溜まっている状態をキープすること

病害虫

目立った病害虫の被害はないが、病害虫ではなく乾燥にやられやすい

冬越し

冬には地上部を枯らせて宿根し、春に再び芽吹く。

ただし寒すぎるとアウトなので不織布やワラなどで防寒対策を推奨する

増やし方

ハンゲショウは株分けで増やせる。

ハンゲショウを鉢植えしていて、根詰まりしているのなら株分けを兼ねて植え替えをするといい

注意すること

半夏生の注意点としては病害虫による被害はほとんど無いとのことなので、やっぱり乾燥によるダメージでしょう。

とにかく乾燥してしまうことで枯れてしまうという報告がほとんどなので、育てるという方は乾燥させないように水やりや肥料に工夫を加える必要が出てきます。

半夏生を育てるときに注意する病気や害虫は?

病気や害虫情報はありませんでした。

雑節の半夏生の意味や由来について

雑節の半夏生について今回の記事では度々登場しているので、そちらについても軽くまとめていきます。

『半夏生(はんげしょう)』とはそもそもなんなのかを解説すると、『烏柄杓(カラスビシャク)』という別名もある『半夏』という薬草に関わっています。

この薬草が生える頃が半夏生なのです。

『半夏生』という花の名前の由来になった雑節の『半夏生』が、実は薬草の『半夏』が由来だったというのはなかなかに面白いところではないでしょうか。

『半夏』は呼び方がいろいろとあってハゲ・ハンデ・ハゲン・ハゲッショウと様々です。

元々は、二十四節気をさらに3分割した七十二項にある『半夏生(はんげしょうず)』から作られた暦日でした。

この『半夏生(はんげしょうず)』は二十四節気の『夏至(6月22日頃から7月6日頃)』の末候に該当するので7月2日頃から6日頃が期間としては当てはまるでしょう。

しかし、今では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日と定められているので毎年7月2日頃が当てはめられるようになりました。

この時期は農家にとっては大事な節目の日として扱われており、地域によって考え方は違いますが『畑仕事を負える目安』や『水稲の田植えを終える目安』となっていたとい情報があります。

地域によって、農家はこの日から5日間はお休みになるようです。

また、地域によってはいろんな風習が見られる雑節なので、そういった違いを楽しむこともできるでしょう。

まとめると以下のようになります。

名前:半夏生
読み方:はんげしょう
意味:『半夏』という薬草が映える時期
時期:7月2日頃(天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日)
行動:この日までに農作業を終わらせて、それ以降は休む

関わりのある食べ物について

雑節の半夏生はいろいろと関わりになる食べ物が存在します。

具体的にはタコ・うどん・小麦餅・焼き鯖・芋汁・無花果といったものが食べられているのです。

これらの食べ物には総じて以下のような意味が込められています。

・夏バテ予防
・神様への捧げ物
・験担ぎ
・農家への振る舞い

この4つです。

ほとんどの食べ物が、この4つのどれかの意味が込められています。

半夏生に関するよくある質問

「半夏生」とは具体的にどのような日ですか?

「半夏生」(はんげしょう)は、日本の旧暦に基づく雑節の一つで、夏至から数えて11日目にあたります。

この日は、半夏草(はんげそう)という植物が生え始める時期とされ、日本の伝統的な季節の節目として認識されています。

農作業の目安や季節の移り変わりを感じるための指標としても用いられます。

半夏生にはどのような風習がありますか?

半夏生には地域によって様々な風習がありますが、代表的なものに「半夏生の粥」を食べる習慣があります。

これは、新しい穀物を使って作った粥を食べることで、無病息災を願う風習です。

また、この時期には梅雨が明け、夏本番を迎える準備として家の大掃除を行う地域もあります。

半夏生の時期はいつ頃ですか?

半夏生は、夏至から11日目にあたるため、グレゴリオ暦では毎年7月2日頃になります。

ただし、旧暦に基づくため、年によっては日付が前後することがあります。

半夏生に関連する植物「半夏草」について教えてください。

半夏草は、サトイモ科の多年草で、半夏生の頃に新芽が出始めることからその名がつけられました。

葉の一部が白く変色する特徴があり、この植物は日本各地で見られます。

伝統的にはこの時期の自然の変化を示す象徴とされています。

半夏生を現代の生活で意識することにはどのような意義がありますか?

半夏生を現代の生活で意識することは、四季の移り変わりを感じ取り、日本の伝統的な季節感に触れる機会を持つことに意義があります。

また、半夏生にちなんだ風習や行事を通じて、家族や地域コミュニティとの絆を深める、自然や季節に対する感謝の気持ちを表現することもできます。

半夏生に特別な料理を作る地域はありますか?

半夏生には、「半夏生の粥」を食べる風習がありますが、地域によっては特有の料理を作る習慣が存在します。

例えば、一部地域では季節の野菜を使った料理を作り、家族で共有することで季節の変わり目を祝う風習があります。

これらの料理は、その年の豊作を願う意味合いも込められています。

半夏生を迎えるにあたり、家庭でできる準備はありますか?

半夏生を迎えるにあたり、家庭でできる準備としては、家の大掃除や神棚のお供え物を新鮮なものに替えるなどが挙げられます。

また、半夏生の粥を作る準備をすることも一つの方法です。

これらの準備を通じて、家族で季節の節目を意識し、健康や幸福を願うことができます。

半夏生に関連するイベントや祭りは日本全国で行われていますか?

半夏生に関連するイベントや祭りは、日本全国の一部地域で行われていますが、全国的に広く行われているわけではありません。

地域によっては半夏生を祝う小規模な祭りや行事が開催されることがありますが、それらはその地域の伝統や文化に根ざしたものです。

半夏生の期間中、気をつけるべき自然現象はありますか?

半夏生の期間中に特に気をつけるべき自然現象としては、梅雨の最中にあたるため、局地的な大雨や洪水などが挙げられます。

この時期は気象情報に注意し、外出時には雨具を準備するなど、雨天に備えた対策が必要です。

半夏生の日に行うと良いとされる行動や過ごし方はありますか?

半夏生の日には、自然や季節の変わり目に感謝する心を持つことが推奨されます。

具体的には、神社への参拝、季節の変化を感じる散歩、半夏生の粥を家族で食べるなど、季節にちなんだ活動を行うと良いでしょう。

また、この時期に合わせて家の大掃除を行い、新しい季節を清潔な環境で迎えるのも一つの過ごし方です。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は半夏生の花言葉、特徴や種類について、具体的な育て方を解説しました。

○半夏生の花言葉は『内気』と『内に秘めた情熱』

○『半夏生』という花の名前の由来になった雑節の『半夏生』で、この雑節の『半夏生』の由来が薬草の『半夏』だった

○花の半夏生はとにかく乾燥に弱いので要注意

いろいろと調べてきましたが、かなり特徴的な花と言うことがわかりました。

この記事で半夏生に興味を持たれた方が増えてくれるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました