普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

2024年の八十八夜はいつ?オススメの過ごし方を紹介!

スポンサーリンク

今回は八十八夜についてです。

ずばり『2024年の八十八夜はいつ?オススメの過ごし方を紹介!』になります。

八十八夜という言葉そのものももはや日本ではあまり聞かれなくなり、若い人達を中心に「何それ?」という疑問符付きの言葉すら出てきそうな状態です。

そんな状態ですので、八十八夜とはそもそも何なのかを解説しつつ、2024年の八十八夜はいつなのかといった情報をまとめていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の八十八夜はいつ?

2024年の八十八夜は5月1日(水)になります。

ゴールデンウィークがどこからなのかで、そのゴールデンウィークのただ中なのか、その前なのかが変わってくるのがポイントです。

そもそも八十八夜って何?

ただ単に2024年だと八十八夜がいつなのかを聞いただけでは、次にいつになるのかが予想するのは難しいでしょう。

なので、ここではそもそも八十八夜とは一体何なのかを解説します。

八十八夜とは二十四節気・五節句などの暦日以外に、季節の移り変りをよりわかりやすくするために用いられた暦日の一種『雑節』の一つとなります。

ポイントは『季節の移り変りをよりわかりやすくするために用いられた暦日』という部分で、もれなくこの八十八夜もそういった意味が込められているのです。

そして八十八夜とは立春を第1日目としたときに八十八日目が該当します。

つまり、立春の87日後が八十八夜ということです。

立春がだいたい2月3日から2月4日になっているので、そこから87日飛ばした日が八十八夜となります。

なので、ある程度八十八夜も固定されておりほぼ5月1日から5月3日がこの雑節となるのです。

さらに注目すべき点はこの言葉だけではただ単に立春を目安にしてどれだけ日をまたいだかを知るための指針に過ぎないということになります。

こういった雑節がわざわざもうけられているという事は、5月1日から5月3日に何かやるべき事があるという意味を持っているのです。

八十八夜のオススメの過ごし方

八十八夜のオススメの過ごし方は新茶として用意されたお茶を飲むことでしょう。

ハッキリ言って農家ではないという方やそもそもお茶が好きではないという方ならば、そこまで意識する必要がない日でもあります。

それでも、何かアクションを起こしたいという方にオススメの行動をまとめましょう。

インテリアを夏に切り替える

5月の上旬が八十八夜となりますので、家の中を本格的に夏仕様に変えてみてはいかがでしょうか。

具体的には以下のような行動が推奨されます。

・こたつを出しっぱなしにしている人はそれをしまう
・クッションやカーテンを夏らしい色の物に変えてみる
・風鈴がある方は用意して飾る
・出しっぱなしにしている冬服をしまう

エアコンを掃除する

夏が本格的に始まる前にエアコンを大掃除するといいでしょう。

ずっと放置していたエアコンは中がカビだらけになって大変な事になるというケースが非常に多いので、本格的に使う前にしっかりと掃除しておく事を強くオススメします。

状況次第ですが、電送部分を徹底的に養生してからカビ退治も行う必要性すら出てくるでしょう。

そうなると、かなり大規模な掃除になってしまいますのでご注意下さい。

ゴールデンウィークの計画を立てる

ゴールデンウィーク期間中の人もいるでしょうが、5月1日や2日ならゴールデンウィークの前という人の方が多いと思います。

そういった人達はゴールデンウィークを楽しむためのしっかりと計画を立ててみてはいかがでしょうか。

より楽しい休日を送れるようになりますよ。

八十八夜で新茶を楽しもう!

八十八夜に摘み取ったお茶を飲むことは縁起が良いとされています。

なので、昔の風習を味わいたいという方は意識して新茶を楽しめばいいでしょう。

神様や目上の方に贈られてきた風習もあるとのことなので、こういった風習を知っているおじいちゃんやおばあちゃんがいる方はプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

八十八夜と農家との関係性について

立春から87日後の八十八夜が雑節として設けられている理由は、農家にとっていろいろと縁起のいい日とされているからです。

実家がちょっとした地方にある方なら「八という数字は末広がりで縁起がいい!」という意見を聞いたことがあるでしょう。

そして、この末広がりで縁起がいい八が重なる八十八という数字は非常に縁起がいいとされているのです。

そのため、農家の方々は夏へ向けての準備を本格的に初めて、田に籾まきを始めるタイミングとなっています。

また、八十八を組み合わせると『米』という字になるというのも、農家としては見過ごせないのでしょう。

究極的な験担ぎがしやすい日となっているのです。

さらに、この八十八夜は『八十八夜の別れ霜』という言葉があるように、この頃から霜が降らなくなると言われているのも農家さん的には覚えておきたかったポイントなのでしょう。

さらに、このタイミングで摘んだ茶は上等なものとされており、この日摘み取ったお茶は縁起物として重宝されます。

縁起がいいこのお茶を飲むと無病息災で過ごせるという言い伝えもあり、こちらも験担ぎとして重要視されていたのでしょう。

実際に、新茶になるこのお茶は二番茶に比べるとカフェインやカテキンが少なくなりやすいという情報もあり、さらにテアニンという旨味成分が豊富とのことなので味に違いが出て、人によってはリラックス効果も体験できると言われていました。

新茶を美味しく飲むための淹れ方

いつもペットボトルでしかお茶を飲まないという方のために、ここではおいしい新茶での淹れ方を紹介します。

冷たい新茶

用意する物

・お気に入りのお茶

・お茶パック

・冷水ポット

・ミネラルウォーター1リットル

入れ方

①お茶パックに水1リットルに対して10~15g程度の茶葉を入れる

②冷水ポットにお茶パックを入れて水を注ぐ

③3時間以上冷蔵庫で冷やす

温かい新茶

用意する物(2~3人分)

・お気に入りのお茶・・・大さじ約2杯

・お湯・・・180cc

入れ方

①人数分の湯飲みに1回完全に沸騰させたお湯を7~8分目ほどついで、お湯を冷ます

②急須に1人当り約2gを意識して茶葉を入れる

③湯のみで冷ましたお湯を急須に注ぐ

④1分ぐらい待つ

⑤お茶の葉が開いたのを確認したら、急須を3~5回廻してから均等につぎ分ける

⑥最後の最後までしぼるように注ぎきって終了

八十八夜に関するよくある質問まとめ

八十八夜とはいつのことを指しますか?

八十八夜は、旧暦の立春から数えて88日目のことを指し、新暦では大体5月2日前後になります。

この日は日本の農業において重要な節目とされ、春の訪れと農作業の始まりを告げる日です。

八十八夜にはどのような風習がありますか?

八十八夜には、茶の摘み始めが行われることが有名です。

この時期に摘まれる茶葉は「初摘み茶」と呼ばれ、特別な価値を持つとされています。

また、農作業の安全や五穀豊穣を祈る行事も各地で行われます。

八十八夜の茶はどのような特徴がありますか?

八十八夜に摘まれる茶葉は、冬の間にゆっくりと成長するため、栄養が凝縮されています。

このため、初摘み茶は香りが高く、味も濃厚で、新鮮な風味が特徴です。

八十八夜に関連する行事やイベントはありますか?

いくつかの地域では、八十八夜を祝う祭りやイベントが開催されます。

これには、新茶の試飲会、茶摘み体験、地元の農産物を使った市場やフェスティバルなどが含まれます。

八十八夜に摘んだ茶葉を購入することはできますか?

はい、八十八夜に摘まれた茶葉は、多くの茶店やオンラインショップで購入することができます。

初摘み茶は新鮮さと品質が高く評価されるため、早めに購入することをお勧めします。

八十八夜の由来は何ですか?

八十八夜の由来は、古来より農業が盛んな日本において、この時期が農作業のスタートとされていたことにあります。

特に、立春から数えて88日目は気候が安定し始めるため、農作業に適した時期とされてきました。

八十八夜に関することわざや言い伝えはありますか?

八十八夜には「八十八夜の霜は馬をも殺す」ということわざがあります。

これは、この時期までに霜が降ると非常に寒いことを意味し、作物にとって危険なサインであるとされています。

八十八夜に特別な食べ物はありますか?

八十八夜には特定の食べ物が定められているわけではありませんが、新茶を楽しむ文化があります。

また、新茶に合わせて和菓子を味わう習慣もあります。

八十八夜に行われる農作業は何ですか?

八十八夜は稲の田植えや他の作物の播種が始まる時期とされています。

また、茶畑では新茶の摘み取りが最も重要な作業の一つとなります。

八十八夜に気をつけるべきことはありますか?

八十八夜は農作業の始まりを意味するため、農家では作業の計画を立て、畑の準備に気をつける必要があります。

また、霜や急な気温変化にも注意が必要です。

茶摘みに関わる人々は、最高品質の茶葉を摘むための準備が重要です。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は2024年の八十八夜はいつなのか、オススメの過ごし方を紹介しました。

○2024年の八十八夜は5月1日(水)!

○オススメの過ごし方はいろいろあるけど、とりあえず新茶を飲んで!

○農家じゃない方は正直関係ないかも・・・

八十八夜は調べれば調べるほど、農家に非常に重要な日であることがわかります。

験担ぎという意味でいろいろと重視されてきた雑節とも言えるでしょう。

ただし、農家じゃないという方はそういった験担ぎを全く意識していないという人にとっては、忘れ去られる可能性がかなり高い雑節でもあるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました