普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

仏滅に葬式や葬儀は行えないって本当?お通夜は大丈夫?

仏滅に葬式をすると縁起が悪い?日取りはどうしたらいい?

仏滅は慶事との相性が最悪な凶日とされていますが、慶事ではないお葬式との相性はどうなっているのでしょうか。

今回は仏滅にお葬式を上げられるのかどうか、お通夜は大丈夫なのか、日取りはどうしたらいいのかをわかりやすく解説してまいります。

仏滅よりも避ける必要がある六曜があるのかも調べていきましょう。

スポンサーリンク

仏滅に葬式や葬儀は行えないの?

仏滅を辞書で調べてみると「万事に凶である悪日」とか「凶日であり祭事や祝事などに用いない日」と出てくるでしょう。

このように1日中凶であり結婚式といったお祝い事とは相性が最悪な日といわれているのが仏滅なのです。

しかし、お葬式は慶事ではありません。

そのため、一般的には仏滅は葬式やお通夜になったとしても問題ない日と考えられています。

仏滅はもともと「空亡」「虚亡」と呼ばれており「全てが虚しく無になる日」と考えられており、リスタートをするにも適した日という考え方もあります。

それよりもお葬式を避けるべき日が六曜にはありますので、そちらに対する忌避感のほうが仏滅よりも圧倒的に高くなっているので、そちらを避け得るべきという意見のほうが大きいでしょう。

お通夜はしても大丈夫?

お通夜と仏滅が相性が悪いというお話はほとんど聞きませんので、特に意識することなく実行できるでしょう。

お通夜にむしろ避けるべきといわれているのは先勝です。

お葬式に割ける必要がある友引の前の日が先勝となってしまうので、先勝をお通夜にしてしまうと必然的にお葬式が友引となってしまいます。

このような考え方はかなり薄れては来ていますが、ゼロになったわけではないので葬儀屋にもしお通夜が先勝になりそうなら日程をずらすように促されることがあります。

仏滅に葬式をすると縁起が悪い?

仏滅は慶事との相性が最悪とされていますが、お葬式との相性が最悪とか縁起が悪くなるというお話はあまり聞きません。

むしろ物事をリセットして新たなスタートを迎える日となりますので、お葬式をする日としては適しているという意見もあるほどです。

基本的に仏滅は慶事との相性が悪く1日中凶となってしまう日ではありますが、相性はそこまで悪くはないと考えましょう。

ただし、人によっては「1日凶となっている仏滅にお葬式をするのは間違っている」と意見する人もいるので、注意する必要はあります。

この考え方を持っている人がいるとちょっともめてしまう可能性もあるので、可能であれば変えたほうがいいかもしれません。

しかし、お葬式は出来る限り早く行う必要がありますので、仏滅だからといって避ける必要はないと考えられます。

葬式を避けるのは仏滅ではない?

お葬式にとっての最大の凶日とされているのは友引です。

友引はお祝い事の場合は「幸運に友を引っ張る」という意味がありますが、凶事の場合は「不幸に友を引っ張る」という意味になってしまいます。

これがお葬式の場合は「冥土に友を引っ張る」という意味になってしまいますので、絶対に避けるべき日といわれているのです。

日本のお葬式は仏教でこの六曜は中国の教えと陰陽道がミックスされた半ばオリジナルのものであり、関係性はないのですがこの迷信が一気に広まってしまったことで半ば真実である可能様に守られるようになってしまいました。

この風習により火葬場や葬儀屋が友引にお休みになっているところもあり、そもそも友引にお葬式ができないことすらあります。

ただし、友引にどうしてもお葬式をしなければいけないという人もいるので、そのような人のためには友を引っ張られないように、身代わりとなり友引人形を用意して葬儀に挑む必要があるでしょう。

葬式の日取りはどうしたらいい?

葬式の日取りは基本的にできるだけ早く行うことが最優先で、あとは喪主の都合に判断されるでしょう。

ただし、このように友引と葬式の相性が最悪という情報がまだまだ日本に浸透しているのでできるだけ避けたほうがいいと考えられています。

実際にこの考え方を持っている人も多いので、友引にお葬式をすると注意してくる人もいるかもしれません。

しかし、近年でこの六曜の考え方もかなり薄まっているので気にすることなく友引にお葬式をする人も増えています。

そもそも、火葬場が不足しているので友引も休まず動いているところも増えており、六曜を気にすることなく動いている人が増えている世の中との動きとマッチしているともいえるのではないでしょうか。

個人的には特に意識することなく自分にとって最も都合のいい日にお葬式をするといいと考えています。

仮に友引と葬式の日が一緒になってしまった場合は、友引でも稼働中の葬儀屋や火葬場があるのかをチェックすることが重要となるでしょう。

友引に葬式をして誰かに注意されたとしても「そもそも仏教式のお葬式と陰陽道と中国からの教えがミックスされた六曜は何の関係もないので意識するほうが間違っている」と否定することもできます。

ただし、六曜の教えや風習を強く信じている人の考え方を強く否定すると喧嘩になってしまう恐れもありますので、友引に葬式をすると衝突するリスクがあるということは覚えておいてください。

葬式と仏滅の関係について

何度も記載しますが、お葬式は仏教つまりインドから伝わったものです。

六曜は時刻の吉凶を占う中国の教えと日本で発展した陰陽道がミックスしたものが、平和になった江戸時代に民衆に広まって大衆文化や語呂合わせとさらにまじりあったものです。

つまり起源や由来がそもそも異なっているので関係性は皆無と言えます。

仏滅という文字を見るとどうしても仏教徒の繋がりが疑われますが、この仏滅は空亡・虚亡がさらに変化した「物滅」からきているものであり最初から仏の字が入っていたわけではありません。

仏滅という文字だけで釈迦の死がかかわっていると考えられていますがつながりはないのです。

明治時代に旧暦から新暦に移行するときもこの六曜の考え方は迷信であるとして政府が廃止したという情報もあり、今でも政府機関のカレンダーでは六曜が使われていないものを使っているといわれております。

なので、お葬式と仏教は基本的に全く関係性は本来ならゼロであり、友引だろうが仏滅だろうが気にする必要はなかったのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は仏滅のお葬式について記載しました

仏滅とお葬式は相性が悪いという考え方はどうやら薄いので、気にすることなく実行することができます。

相性が悪いとされているのは友引なので、友引のお葬式は避けたほうがいいでしょう。

あまり六曜を意識していない人でも仏滅と冠婚葬祭がセットになると不安になるものですが、お葬式は例外です。

この情報がすぐに役立つわけではありませんが、家族がある方々は覚えておいてほしい情報の一つであることは間違いありませんので、頭の片隅に置いておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました