普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

家族の引っ越し費用の総額はいくらくらいになるの?

新しい住処への引っ越しはいつでも心が躍るものですが、その気持ちを現実に一気に引き戻してしまうのが引っ越し費用です。

そこで、今回は家族の引っ越し費用の総額はだいたいいくらくらいなのかを紹介します。

家族の引っ越し費用総額はいったいどのぐらいになるのか、そもそもこの費用はどうやって決まっているのか、どうにか安くする方法はないのか、高くなる時期はいったいいつなのかも最新情報を調べてまとめていきます。

スポンサーリンク

家族の引っ越し費用の総額はどのくらい?

費用についてはいくつかのサイトがまとめていますが、結構数値にばらつきがありますのでここでは『引越し見積もり価格はだいたいいくら?平均金額や業者の選び方、引っ越し費用を安くする方法|引越し見積もり・比較【SUUMO】』さんの数値を参考にさせていただきます。

3人家族の場合

3人家族での引っ越し費用は繁忙期だと平均約12.3万円で、通常期だとやく9.3万円です。

より詳しく見ると以下のとおりになります。

・15km未満では繁忙期だと平均約9.9万円、通常期だと平均約8万円
・15km~50km未満では繁忙期だと約11.2万円、通常期だと約8.9万円
・50km~200km未満では繁忙期だと約14.4万円、通常期だと約10.5万円
・200km~500km未満では繁忙期だと約19.6万円、通常期だと約14.9万円
・500km以上では繁忙期だと約27.2万円、通常期だと約19.7万円

移動距離と荷物の量によっても大きく変わってきますのであくまでも目安として捉えてください。

4人家族の場合

4人家族での引っ越し費用は繁忙期だと平均約15.5万円で、通常期だとやく11.6万円です。

距離による細かい数値は以下のとおりです。

・15km未満では繁忙期だと約12.2万円、通常期だと約9.9万円
・15km~50km未満では繁忙期だと約14.2万円、通常期だと約11.8万円
・50km~200km未満では繁忙期だと約17.7万円、通常期だと約13.5万円
・200km~500km未満では繁忙期だと約24万円、通常期だと約18万円
・500km以上では繁忙期だと約30.7万円、通常期だと約23.9万円

5人家族の場合

5人家族での引っ越し費用は繁忙期だと平均約21万円で、通常期だとやく16.4万円です。

距離による細かい数値は以下のとおりです。

・15km未満では繁忙期だと約14.9万円、通常期だと約14.1万円
・15km~50km未満では繁忙期だと約19.2万円、通常期だと約15.9万円
・50km~200km未満では繁忙期だと約25.5万円、通常期だと約18.6万円
・200km~500km未満では繁忙期だと約33.5万円、通常期だと約23.3万円
・500km以上では繁忙期だと約37.6万円、通常期だと約34.3万円

引っ越し費用はどうやって決まるの?

引っ越し費用の内訳を大別すると運賃・実費・オプション料金になります。

高速道路利用料などはこの大別された3つの区分けに含まれているのです。

この大別された運賃・実費・オプション料金をそれぞれ具体的に見ていきましょう。

まず、運賃についてですがこの運賃には移動距離や荷物の量などで決まっており、業者が作業時間で算出される時間制運賃や移動距離によって決まる距離製運賃のどちらかによって決まっている料金になります。

次に実費とは作業スタッフに支払う人件費や高速道路利用料、ダンボールや養生で使う道具などの資材費用などが含まれています。

オプション料金とは通常の作業費以外に発生する料金です。

通常の作業とは搬入・搬出・荷ほどき・荷造り・運送ですが、それ以外のピアノや美術品の搬送やエアコンの設置や自動車の運送がこのオプション料金に該当します。

繁忙期になると人件費もおそらく上昇しているでしょうし、運賃の部分の費用が上がっているのでしょう。

家族の引っ越し費用を安くする方法

引っ越しの費用を安くするための基本的な考え方は以下のとおりです。

・忙しい時期や時間を避ける
・荷物の量を減らす
・相見積もりをして安い業者を見つける

この3つを守ることで引っ越し費用を減らすことができるようになります。

詳しく見ていきましょう。

忙しい時期や時間を避ける

基本的な考え方ですが、免許の取得も引っ越しも繁忙期にはかなりの料金になってしまうのでこの繁忙期を避けることが重要なのです。

免許の場合は学生さんが通いやすいように春休みと夏休みの期間で泊まりがけの免許取得コースが高騰しますが、引っ越しは繁忙期である3月と4月に料金が跳ね上がるのです。

特に3月はとてつもなく高くなります。

なので、まずは3月を避けることを意識してください。

3月は全体的に引っ越し費用が高いのでできれば避けたい所です。

基本的に引っ越しは上旬~中旬が開いていることが多く、さらに午後の時間帯が不人気となっているので料金が安くなりがちですが、3月だと高校生も大学生もほとんどお休みなのでどのタイミングでも高いというケースもあるようです。

3月以外ならば上旬~中旬の午後かつ平日というタイミングならば安く依頼できる可能性があるので覚えておきましょう。

荷物の量を減らす

引っ越し費用は移動距離と荷物の量によって料金が決まることが多いです。

移動距離はどうしようもない部分がありますが、荷物の量は減らすことが可能なので引っ越し前に余計なものは捨てましょう。

これだけでも料金をだいぶ安くできます。

相見積もりをして安い業者を見つける

引っ越し業者は色々とあるのでまずは依頼できる引っ越し業者に相見積もりをしてください。

相見積もりをすることで相手の対応を知ることができますし、単純な料金比較をすることも可能となっているのでお勧めなやり方の一つです。

相見積もりをして他業者の金額を伝えると、値引きして貰えるというケースもあるのである程度業者が決まっているという方でもやった方がいいと言えるでしょう。

引っ越し費用が高くなる時期はいつ?

引っ越し費用が高くなるのは3月と4月です。

特に3月はとてつもなく高くなるのでできれば避けるようにしましょう。

この時期は平日だと安くなるとか午後だと安くなるといった引っ越しにおける費用節約の考え方が通用しないことも多いので、できれば避けたい所でしょう。

分割でも支払うことができる?

引っ越し費用は荷物が多く距離が遠いとなかなかの費用になります。

この費用は業者によってはクレジットカードでの分割払いを受け付けているケースもあるので、そこなら分割払いが可能でしょう。

対応していない業者でもクレジットカードがあると分割払いを交渉次第で認め絵くれるケースもあるとのことです。

基本的にクレジットカードが無いと分割払いはできないので、そこだけは注意してください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は家族の引っ越し費用の総額はだいたいいくらくらいなのかを解説しました。

料金を細かく見ると高くなる境目がなんとなく見えてくると思います。

特に家族が多くなり距離が長くなると費用も一気に増大しますので、引っ越しを予定している方はどのくらいの費用がかかるのかをある程度予測しておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました