普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越し費用を借りるならどこがオススメ?メリットとデメリット!

引っ越し費用は家具や家電の代金を含めるとかなり高くなってしまいます。

そこで、今回は引っ越し費用を借りるならどこがオススメなのか、費用を借りる時のメリットとデメリットはどうなっているのかを紹介していきましょう。

そもそも借りる時の注意点は何なのか、借りる時の手順はどうなっているのか、引っ越し費用を少しでも抑えるのにはどうすればいいのかも一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し費用を借りるならどこがオススメ?

引っ越し費用を借りる方法は『銀行のフリーローン』『銀行のカードローン』『消費者金融のカードローン』の3択となります。

例外的に友達や親などに借りるといった方法もありますが、これは例外と考えてください。

結論を記載すると金利が安くなりやすい銀行のフリーローンで借りるのが理想です。

審査にそれなりの時間がかかってしまいますが、審査を突破することができれば理想的な契約ができるでしょう。

こういった状況でよく紹介されている銀行が『みずほ銀行』や『三菱東京UFJ銀行』や『住信SBIネット銀行』で、カードローン会社は『アコム』や『アイフル』や『プロミス』などがよく登場します。

費用を借りるときのメリットとデメリット

費用を借りる時のメリットとデメリットを見ていきましょう。

これはかなりシンプルなので想像が当たっている人も多いと思います。

メリット

まず、メリットはまとまったお金がなくても引っ越しができるようになることでしょう。

買い換えられなかった家具や家電も購入することができますし、気になった場所に好きなタイミングで引っ越すことができるようになります。

デメリット

デメリットはシンプルで、こういった借入はローンなので金利が発生するということです。

最終的に収支はかなりマイナスとなってしまうので、お金を用意できる人にはローンを組んでの行動は推奨できません。

あくまでも、現金を用意することができない人向けの最終手段と考えてください。

引っ越し費用を借りる時の注意点

引っ越し費用を借りる時の注意点はカードローンとフリーローンそれぞれにメリットとデメリットがあることです。

それを理解した上で選ぶ必要があるでしょう。

そのメリットとデメリットも簡単に紹介します。

カードローンのメリットとデメリット

メリット

・契約範囲内ならば何度でも融資を受けられるので便利
・審査基準がフリーローンに比べると容易なので審査が通りやすい
・提携されたATMがあるのならすぐにでも利用できる

デメリット

・どうしても高金利になりやすい、年14%から18%はあると考えること
・あまりにも簡単なので依存症になってしまう人もいる

フリーローンのメリットとデメリット

メリット

・カードローンよりも低金利
・銀行からの借り入れとなるので安心感は強い

デメリット

・審査がカードローンよりも厳しく落とされることもある
・資産が厳しく時間がかかりやすい
・色々と書類が必要になってくる

こういったメリットとデメリットを理解した上で、費用を借りるようにしてください。

他にもこういったローンには必ず総量規制による借入上限額がありますので、そちらもしっかりと確認した上で借りるようにしてください。

引っ越し費用を借りる時の手順

お金を借りるための方法もある程度決まっています。

フリーローンならば以下のとおりになるでしょう。

①引っ越し費用に必要な金額を算出する
②銀行の窓口で必要書類を提出する
③審査結果を待つ
④銀行から融資を受けて、業者からの領収書を提出する
⑤返済する

カードローンなら以下のとおりになるでしょう。

①引っ越し費用に必要な金額を算出する
②スマートフォンやパソコンなどで申し込みを行う
③審査結果を待つ
④ローンカードを受け取って借入を開始する
⑤返済する

引っ越し費用の相場はどのくらい?

引っ越し費用の相場は具体的な数値を出しているサイトが多いです。

今回は『引越し見積もり価格はだいたいいくら?平均金額や業者の選び方、引っ越し費用を安くする方法|引越し見積もり・比較【SUUMO】』さんのページにある数値を参考にします。

そこの単身での引っ越し費用を見ると、繁忙期で単身パックなどを利用できる人は平均で約5.1万円で通常期なら平均で約4.4万円となっています。

引っ越し費用を少しでも安くする方法

引っ越し費用を抑える方法は以下の3つを抑えることです。

・安い時期や時間に依頼する
・そもそもの荷物を減らす
・安い料金のところに依頼する

この3つを様々なやり方で達成することで料金を抑えることができるようになります。

安い時期や時間に依頼する

基本的に料金を抑えるには引っ越し業界が繁忙期となっている3月と4月を避けることが重要です。

特に3月はめちゃくちゃ料金が割高になるので、避けられるのなら避けましょう。

これが無理という方は業界の料金カレンダーがインターネット上で閲覧できるので、そこから安くなっている時期に引っ越すようにしてください。

実戦できればかなりシンプルに安くできる方法ですが、学校や会社の都合などもありますのでなかなかに難しい部分でもあります。

そもそもの荷物を減らす

引っ越しの料金は拘束時間や移動距離、そして荷物の量によって決まります。

作業時間を減らすにはそもそもの荷物量を減らすことが重要なので荷物の量を減らせればそれだけ引っ越し費用は抑えられるでしょう。

特に、一人暮らしの方は荷物量を減らして単身引っ越しパックを上手く活用することができればそれだけ費用を抑えられるのでお勧めです。

安い料金のところに依頼する

引っ越し料金がそもそも安い所に依頼することができればそれだけでも費用は抑えられます。

こちらの『引越し見積もり・料金比較&業者予約なら【引越し侍】』のようにたくさんの会社が登録している相見積もり可能なサイトがありますので、こういったサイトを上手く活用してください。

業者によっては同じ地域や方面へ引っ越しをする人達の荷物と自分たちの荷物を同じトラックに載せる『混載便』や引っ越し作業が終わって帰るトラックに荷物を載せる『帰り便』を上手く活用できるケースがあるので、それでとっても費用を抑えられるというケースもあるのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越し費用を借りるならどこがオススメなのか、メリットとデメリットは何なのかを紹介しました。

お金が無い状態での引っ越しは結構怖いものがありますので、できれば避けたい所です。

ローンを組むとどうしても金利が発生してしまうので、金利分だけ損をしてしまいます。

どうしてもローンを組む必要があるという人は、費用を抑えるための様々な方法を駆使して金利をできるだけ抑えられるようにしてください。

ローン癖がついてしまうのも問題なので、ローンを組む回数も減らすようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました