普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越しでエアコンを持っていく時の費用はどのくらい?

引っ越しでエアコンを持っていくとなると通常の引っ越し料金とはまた別に色々と考えないといけなくなります。

そこで、今回は引っ越しでエアコンを持っていく時の費用はどのくらいなのかをわかりやすく解説致します。

そもそもエアコンは自分で外して持っていくこともできるのか、アパートやマンションで済んでいる状態で設置したエアコンを置いていってもそもそもOKなのかも調べていきましょう。

スポンサーリンク

引っ越しでエアコンを持っていく時の費用はどのくらい?

引っ越しでエアコンを持っていくための費用はだいたい1万円から3万円程度です。

取り外し工事費用と取り付け工事費用が別々に提示されているところも多く、取り外し工事費用がだいたい0.5万円~1.5万円で、取り付け工事費用が1万円~2.5万円となっています。

かなり料金に幅がありますので、引っ越し業者探しをしている時にオプション料金でどうなっているのか探ってみましょう。

ただし、この金額は引っ越し業者のオプション料金に含まれてる料金で他のやり方をするのなら推奨料金も変わってきます。

ただし、自力で取り外しして取り付けるというやり方は推奨できないので、0円になる事はありません。

この1万円から3万円というのがなかなかに高額に感じることが多く、その金額ならば新しいエアコンに買い換えるという考え方を持つ人も多くいます。

エアコンの引っ越し費用の内訳は?

エアコンの引っ越し費用の内訳はオプション料金に属しています。

引っ越し料金の大きく分けると内訳は運賃・実費・オプション料金の3つです。

エアコンの引っ越し費用はこのオプション料金に該当しているということです。

オプション料金についてもう少し掘り下げると『引っ越し業者が行う基本的なサービスに含まれていないサービス』と言えるでしょう。

引っ越し業者が行う基本的な作業とは『荷造り・荷解き・搬入・搬出・運搬』の事であり、そこにエアコンの移設や楽器や美術品の運搬は入っていないのです。

もちろん、車の移動についても入っていません。

他の2つについて解説すると、運賃とは『引越し業者が独自に定めている運賃表によって決まる料金』のことであり、基本的には移動距離や荷物の量、そして移動にかかる時間によって変わってきます。

実費とは人件費や高速道路利用料や梱包資材にかかる費用の事です。

エアコンは自分で外して持っていける?

引っ越しにおけるエアコンの取り扱いはちょっと難しいです。

エアコンを自力で取り外して持っていくこと自体は可能だと思いますが、それを実行する上での弊害がかなり多いので個人的には推奨できません。

まず、エアコンを取り外すとしても取り外すためには配管の中の空気を抜いたり冷媒ガスが漏れないようにケアをしながら作業をしたり、壁の穴を埋める作業を行ったりと外す段階でもやることはとっても多くなります。

最悪のケースでエアコンを取り外す時に水を上手く抜けずに水漏れが発生して室内が水浸しになってしまい修繕費が大変な事になってしまうというパターンすらあるでしょう。

さらに持っていったとしてもそもそも室外機との距離が変わることでパイプの位置や長さが合わなくてそちらの対応が必要になったり、パイプが劣化していて曲がらないために付け替えがとてつもなく面倒くさいことになってしまうというケースもあるのでかなり大変なのです。

このように自力でやるに当たっての弊害がちょっと大きすぎるので、できなくはないのですがそういった作業を自分で行うのは止めた方がいいともいます。

結果的に自力でやった方が費用的にも時間的にも高くなるというケースが多いのです。

エアコンは家に置いて引っ越しても大丈夫?

アパートやマンションといった集合住宅において、エアコンを家に置いていってもいいのかが結構気になると思いますが、これはなんとも言えません。

結論を記載すると『大家さんや管理会社がOKといったら大丈夫だけど、ダメと言われたら買取業者や専門業者に依頼して引き取ってもらうしかない』となるでしょう。

これは大家さんや管理人しだいなところがありますので、引っ越しをすることが決まった人はエアコンをどうしたらいいのかは確認した方がいいです。

知らなかったでは済まされませんので、引っ越しが確定した時点で色々と動いておきましょう。

エアコンの買い替えと移設どっちがオススメ?

エアコンの買い換えと移設どちらがオススメかといわれると状況次第なのでちょっとこれも判断が難しいです。

基本的な考え方としては以下の状況に当てはまるのなら買い換えを検討してください。

・カビの臭いがしたり故障している可能性がある
・部屋の大きさが異なる場所に引っ越す
・エアコンそのものが古い
・そもそも安いエアコンを使っている

これらの条件に当てはまるのなら買い換えた方がいいです。

一つずつ解説していきましょう。

カビの臭いがしたり故障している可能性がある

カビの臭いが発生していたり冷風や温風が出ないといった状態になっているエアコンは、故障を抱えていたりカビが大量発生している可能性があるので買い換えた方がいいです。

故障しているエアコンのメンテナンスにいくらかの費用が発生しますし、エアコンを完全に洗浄するとなるとそれだけでも約1万円程度発生するのでその費用と移設費用をプラスしたら新しいエアコンを購入できます。

なので、汚れがひどい時や故障が疑われるのなら買い換えた方がいいです。

部屋の大きさが異なる場所に引っ越す

そもそも部屋のサイズが異なっているのならエアコンが部屋のサイズに適していないので買い換えた方がいいです。

6畳用を10畳用に用いるのは不可能です。

エアコンそのものが古い

基本的にエアコンは標準使用期間が10年と設定されているので、すでに購入してから7年や8年と経過しているものは買い換えた方がいいでしょう。

10年ちょうどで壊れるわけではありませんが、壊れる可能性は確実に高まっているので要注意です。

そもそも安いエアコンを使っている

エアコンがそもそも格安のものを使っているのなら移設費用の方が高くなってしまうので、それなら新しいエアコンを購入した方がいいです。

まずはどれぐらいの価格だったのかを思い出してください。

エアコンを持っていく時の注意点

エアコンを持っていく際の注意点は、引っ越し先の配管の穴や専用コンセントの位置や有無をまず確認してください。

それが無いと別途工事が必要になりますし、工事をするのなら大家さんや管理人さんに工事をしていいのかの確認も必要になります。

また、コンセントがあったとしても通常のコンセントでは電力不足でブレーカーが落ちるというケースもあるので、そちらの確認も必要でしょう。

設置スペースがどうなっているのかも調べておく必要があります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越しでエアコンを持っていく時の費用はどのくらいなのかを紹介しました。

エアコンの移設費用についてどのように感じるのかはその人次第ですが、筆者的にはこれだけ費用がかかるのなら新規で購入した方がいいと思います。

買ったばかりならばちょっと勿体ないと感じますが、色々面倒な部分がありますのでやはり移設は諦めた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました