普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越し費用の目安はどのくらい?安くすることはできるの?

引っ越し費用はどうにかして安くしたいところですが、この費用を抑えるにはかなり色んな手法があり情報を積めるとみんながみんなどうにかして安くするために工夫を凝らしていることがわかります。

今回は現代における引っ越し費用の目安はどうなっているのかを確認しつつ、この費用を安くするためにはどうしたらいいのかをチェックしていきましょう。

そもそも高くなる時期は何時なのか、業者選びはどうすればいいのか、この引っ越し費用はどのように決まっているのかもまとめてお届けします。

スポンサーリンク

引っ越し費用の目安はどのくらい?

まずは多くの肩書きにしているそもそもの引っ越し費用が今現在どの程度の金額になっているのかを見ていきましょう。

一応ここでは単身と家族の2ケースで紹介しますが、人数によってかなり料金が変わってくるので家族は4人家族というケースでお話しさせてもらいます。

また、参考にするサイトは色々とありますが筆者はSUUMOさんのサイトを参考にしており引っ越し関連のデータはそこから引用させていただいております。

今回参考にしたページは『引越し見積もり価格はだいたいいくら?平均金額や業者の選び方、引っ越し費用を安くする方法|引越し見積もり・比較【SUUMO】』になります。

単身の場合

まず、引っ越し料金は大きく分けて繁忙期の時と通常期の2種類があります。

単身引っ越しは単身パックを利用できるかどうかでも料金が大きく変わってくるので、荷物が少ない時と多い時でも分けて考えましょう。

単身者における引っ越し費用は繁忙期で荷物が少ない人は平均で約5.1万円、荷物が多い人は平均で約7.4万円となります。

これが通常期になると荷物が少ない人は平均で約4.3万円、荷物が多い人は平均で約5.7万円となります。

ポイントは繁忙期でも荷物が少なく単身パックを利用できている人ならばそこまで割高な感じることなくお願いできることでしょう。

逆に、荷物が多くなると一気に費用もアップするのでその点は要注意となってきます。

家族の場合

次は家族でのケースです。

ここでは4人家族としてお話しします。

4人家族での引っ越しは繁忙期では平均で約15.5万円、通常期では11.6万円です。

このように荷物が多くなると繁忙期と通常期の差もかなり如実となってくるので、家族での引っ越しや荷物が多くなる引っ越しを考えている人は荷物の量にも注意すべきでしょう。

引っ越し費用を安くする方法!

引っ越し費用を安くするための基本的な考え方は3種類あります。

それは以下の3つです。

・安い時期や時間に依頼する
・そもそもの荷物を減らす
・安い料金のところに依頼する

この3つをどのように体現するのかが引っ越し費用を抑えるためのコツでありポイントなのです。

それでは1つずつをよりわかりやすく解説していきましょう。

安い時期や時間に依頼する

これはシンプルに繁忙期を避けるだけでもかなりの効果があります。

引っ越しシーズンと呼ばれている3月と4月を避けることができればそれだけでも3割程度安くなるというケースも多いのです。

しかし、会社からの辞令によって引っ越すという人や新社会人などでの引っ越しはこの3月に固まることが多いので時期をずらしたくてもずらせないという人も多いでしょう。

一番簡単で効果がある方法ですが、一番実行しにくい方法でもあるのがこれなのです。

また、空いている時期にうまく依頼することができればそれだけ料金を安くすることができます。

昨今は業界の料金カレンダーがインターネット上で閲覧できてそこから簡単に予約できるようになっていますので、そちらを利用することで安く依頼することもできるでしょう。

そもそもの荷物を減らす

引っ越しの料金は移動距離と荷物の量で決まります。

移動距離はどうやっても変動させることができないので、どうにかして荷物の量を減らす必要があるでしょう。

まず単純な方法が断捨離などをして引っ越し荷物を減らすことです。

シンプルな方法ですが、これで安い単身専用パックなどを依頼できる荷物量にすることができればかなり費用を抑えられるようになります。

他にも、業者に頼まないで自家用車で運搬するとか、レンタカーを借りて運搬するといった方法でも業者に頼む荷物量を減らすことができるので、結果的に費用を抑えることも可能でしょう。

ただし、長距離移動で荷物を運ぶとなると車の運転手も含めて色々と大変なのでそこだけは覚悟した方がいいでしょう。

家具や家電といった大荷物を自分たちで運ぶのも結構大変ということも意識した方がいいです。

安い料金のところに依頼する

これもシンプルで安い業者の所を見つけ出して依頼するというやり方です。

昨今はこちらの『引越し見積もり・料金比較&業者予約なら【引越し侍】』のようにものすごく簡単に相見積もりができるサイトも用意されているので、そこからまずは見積もりをとってみることを推奨します。

これだけでもどこが安いのか知ることができますので、節約しやすくなるでしょう。

そこでどういった業者があるのかを知ったら、どのようなキャンペーンやお得なパックがあるのかを確認してさらに値段を下げられるのかを探ることもできます。

他の業者の価格がわかれば、その料金情報から値引き交渉をスタートできるのも大きいのです。

引っ越し費用が1番高くなる時期はいつ?

基本的に引っ越し料金が高くなるのは3月と4月です。

特に3月中はとにかく引っ越し費用が跳ね上がります。

それ以外の月は基本的に安くなっているので、3月と4月から逃れることができれば安い価格で引っ越すことができるでしょう。

ただし、ゴールデンウィークやお盆といった長期連休期間だけは引っ越し費用が高めになるのでそこは注意すべきです。

引っ越し業者の選び方のコツ!

引っ越し業者の選び方は複数の業者に見積もりを依頼して、依頼した後は当たりをつけた業者のサービスと契約内容をしっかりと確認することです。

費用比較は相見積もりをすることで簡単に手に入れることができるので、そこから気になった業者と直接やりとりをして、その会社がどういったところなのかをネット上での書き込みなどや応対の仕方から判断してください。

引っ越し費用はどうやって決まるの?

引っ越し費用の内訳は運賃・実費・オプション料金で決まります。

この3つから費用を算出しているのです。

特に大きいのが作業時間で算出される時間制運賃や移動距離によって決まる距離製運賃によって定められた料金となる運賃の部分で、ここである程度の費用が決まっていると言えるでしょう。

引っ越し費用の内訳は?

引っ越し費用は運賃・実費・オプション料金で決まっているのですが、これがそのまま内訳と言えるでしょう。

もう少し詳細に記載すると、運賃が移動距離や荷物の量によって定まる業者事の費用で、実費は人件費や養生費や高速道路利用料のことです。

オプション料金は通常の引っ越し以外の費用の部分で、美術品や音楽用品などの運搬費用が該当します。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は引っ越し費用の目安はどのくらいなのかを紹介しました。

引っ越し費用は時期をずらすことで安くできますが、なかなかそこをどうにかできないという人もいるでしょう。

そんな人は荷物の量を減らしたり、自分たちである程度運ぶというやり方もありますし、相見積もりをして安いところを見つけるなど別の方法もありますので諦めずに出来る事に挑戦してみることを推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました