普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

3月の引っ越し費用の相場はどのくらい?料金を抑えるコツは?

引っ越しは依頼する時期によってかなり費用が変わってくるということは有名ですが、その費用が特に高くなってしまうのが3月です。

そこで、今回は3月の引っ越し費用の相場はどのくらいになるのか、料金を抑えるコツはどうなっているのかを紹介します。

3月の引っ越し費用は具体的にどれぐらいの金額になっているのか、そもそもこういった引っ越し費用はどのように決まっているのかもチェックしましょう。

スポンサーリンク

3月の引っ越し費用の相場はどのくらい?

3月の引っ越し費用はとっても高いと有名ですが、具体的にどのように高いのか、時期によってどれだけ違うのかを確認していきましょう。

基本的には上旬~中旬が普通で、下旬が高くなるのが引っ越し界隈です。

これがどのように変わってくるのかがポイントと言えるでしょう。

こういった料金についてはいくつかのサイトが数字を出していますが、今回は上旬や下旬といった金額を細かく表示してくれている『3月の引越し費用の相場 | 引越し見積もりの引越し侍』を参考にしています。

上旬

3月上旬の金額は単身での荷物が少ない人で平均約4.7万円で、荷物が多い人は平均約5.6万円でした。

2人家族だと平均約9万円で3人家族だと平均約11万円、4人家族だと平均約11.7万円となっております。

中旬

3月中旬の金額は単身での荷物が少ない人で平均約5.8万円で、荷物が多い人は平均約7.5万円でした。

2人家族だと平均約12万円で3人家族だと平均約13万円、4人家族だと平均約14万円となっております。

下旬

3月下旬の金額は単身での荷物が少ない人で平均約8.8万円で、荷物が多い人は平均約10.6万円でした。

2人家族だと平均約15万円で3人家族だと平均約17万円、4人家族だと平均約19.5万円となっております。

3月の引っ越し費用を抑えるコツ

まずは、先ほどの引っ越し費用の整理をしましょう。

簡単な比較をすると以下のようになっています。

表:3月引っ越し費用平均比較

これを見るとわかることは3月下旬がぶっちぎりで高いということです。

上旬と下旬の値段を比較すると、5割から9割増しにになっていることが割るでしょう。

これを踏まえたうえで、料金を抑えるためには以下の3点を抑えましょう。

・値段設定がお手頃の安い業者に依頼する
・荷物量を減らして依頼する
・業者にとって値段が安くなる時期に依頼する

値段設定がお手頃の安い業者に依頼する

まず最も簡単に引っ越し費用を節約する方法は、相見積もりをして安い業者を見つけて依頼することです。

これだけでも1割から2割程度安いところに依頼できます。

今ではインターネットに接続できる環境にあれば簡単に相見積もりをすることが可能なので、その中で安いところを見つけて依頼すればかなりの節約ができるでしょう。

また、相見積もりをして具体的な数字がわかれば、その料金を使って値引き交渉にもっていくことも可能となってきます。

より値引きをするのなら具体的な値段をあえて言わないなどのテクニックが求められますが、そこまでしなくてもある程度の値引きにはつながりますのでまずはこれを実行するところからスタートしましょう。

荷物量を減らして依頼する

引っ越しの料金は距離と拘束時間と荷物の量によって決まるので、荷物料を減らせばそれだけで引っ越し料金は削れます。

また、荷物の量を減らすことができればそれだけ作業員が作業をする時間や負担が短くなりますので、そういった意味でも費用を減らすことができるでしょう。

この依頼する荷物を減らすにも具体的なやり方が3つあります。

1つ目がそもそもの荷物を減らすために余計なものを捨ててしまうというやり方です。

これは荷物整理にもつながるので積極的にやりましょう。

2つ目が買い替え予定の家電や家具を引っ越し先に運んでもらえるようにすることです。

タイミングが合うのならこれを実行することを推奨します。

3つ目が軽トラなどのレンタルして自分たちで運んでしまうというやり方です。

遠方での引越しだとちょっときついものがありますが、近隣の引越しならばこの手法も現実的となってきます。

ただし、親戚や家族や友人などの引越し手伝いをしてくれる人がいるかどうかも重要になってきますので、人によってはできない方法でもあるでしょう。

業者にとって値段が安くなる時期に依頼する

引っ越し業界は安いときはかなり安くなることが先ほどの表からもわかるでしょう。

なので、まずは3月上旬に引越しをすることを考えてください。

さすがに5割増から9割増しはでかすぎます。

どうしても早めに引越しができないという方は、時間帯をずらすとか平日にするというやり方が推奨されるのですが、どうも3月はそういった通常期ならば安くなるやり方も適応外になっているので、下旬を避けられるかどうかが一番のポイントとなっているのです。

見積もりはいつするのがオススメ?

見積もりをするタイミングについては通常期と比べても圧倒的に早いほうがいいです。

というのも3月は椅子取りゲームの様相を呈するレベルで次々と業者の予定が埋まっていくので早めに動かないと自分の予定すら建てられません。

なので、引越しが決まったら速攻で動く意識を持ってください。

引っ越し費用はどうやって決まるの?

引っ越し費用の決まり方は業者にかかわらず決まっています。

それは『運賃』と『実費』と『オプション料金』になります。

運賃は移動距離や荷物の量、そして拘束時間などで決まるものであり、作業時間によって決まる時間制運賃と移動距離によって決まる距離制運賃によって詳細が決まります。

実費は梱包資材費や人件費や高速道路料金などが当てはまり、オプション料金は基本的な引っ越し費用以外のエアコン移設といった作業費が該当するのです。

オススメの引っ越し業者一覧!

おすすめの引越し業者は一概には言えません。

例えば、こちらの『引越し業者おすすめランキング – 2022年最高の引越し会社は?|引越し見積もり比較の引越し侍』のようなサイトを使うとランキングでお勧めの業者が表示されるので、その中から上位の会社がおすすめと言えるでしょう。

しかし、こういったランキングではなかなか乗らないような地元の中小企業でもしっかりとした仕事をしてくれることが多いですし、さらに安いというケースも多いので、自分の目で見て聞いて判断することが重要になってきます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は3月の引っ越し費用の相場はどのくらいなのか、料金を抑えるコツはあるのかを紹介しました。

引っ越し費用は3月がとてつもなく高く、特に下旬はびっくりするぐらいの費用がかかるという事がわかったと思います。

下旬は他の月と比べても2倍程度の費用が必要になってしまうので、少しでも節約したいという方は時期をずらしましょう。

それも難しいという方は相見積もりなどをして費用を少しでも抑えられる方法を実行することを推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました