普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

一人暮らしの女性は引っ越し挨拶をしない方がいい?リスクはある?

引っ越しをしたら挨拶をするというのが昔からの考え方ですが、女性の一人暮らしが増えた現代ではしない方がいいという意見も増えています。

そこで、今回は一人暮らしの女性は引っ越し挨拶をしない方がいいのかどうかについてより詳しく見ていきましょう。

どうしてしなくていいという状態になったのか、リスクがあると言われているがどんなリスクが発生するのか、挨拶をするときの注意点は存在しているのかも考えて行きます。

スポンサーリンク

一人暮らしの女性は引っ越し挨拶をしない方がいい?

一人暮らしの女性が挨拶するかどうかはかなり議論になっていますが、個人的にはしない方がいいと思っています。

挨拶をすることでメリットもちゃんと発生しますが、女性の一人暮らしならではのデメリットが発生してしまいますのでしない方がいいと思います。

このデメリット改めリスクが正直避けるべきものとなっているのです。

色々と調べて見た限りではこのリスクを上回るメリットが発生するとはどうしても思えないので、挨拶回りは止めましょう。

リスクについては詳しく後述しますが、かなり大きなリスクであり実際にこの問題に遭遇してしまった人もいるようなので見過ごせません。

とりあえずの結論として『女性の一人暮らしならば、メリット以外に大きなデメリット及びリスクが発生するので挨拶回りをしない方がいい』ということです。

一人暮らしの女性が引っ越し挨拶をするリスク!

それでは先ほど触れたリスクについて掘り下げていきましょう。

これが大きすぎる問題となってしまう可能性を秘めているので、しない方がいいという結論に至っているのです。

一つずつ解説していきます。

女性の一人暮らしであるということを多人数に知られる

女性の一人暮らしは家族で暮らしている方や男性の一人暮らしと比べると犯罪の標的として狙われる可能性が高いです。

そのため、一人暮らしであることをできる限り周知されないことが重要になります。

実際に知られてしまうことで住人を装って建物内に侵入されてしまういわゆる『共連れ』と呼ばれる手口で家に侵入される危険性すらあるのです。

犯罪の標的にされてしまうリスクが高いというのはそれだけ危険であるということですので、女性の一人暮らしであることを知られない方がいいのです。

住民トラブルで面倒事を招く危険性がある

これはちょっと驚いたお話なのですが、女性の一人暮らしであることを近隣住民に知られることでご近所トラブルになってしまった時に強気に出られるというケースがあるようです。

いわゆる上下左右の住人があまりにもうるさい騒音トラブルが発生した時に、注意に行ったら恫喝されるというパターンがあるという情報があります。

こういったトラブルは本当に面倒くさすぎるので、こうならないように対処するしかありません。

女性の一人暮らしであることを知られていないのなら、防ぐことが可能となっているので無理に挨拶回りをする必要はないという結論になります。

この問題のたちが悪いところは一回トラブルが発生するとエスカレートして執拗に狙われる可能性があるということで、こちらの状況を知らせないことで身を守るのが如何に大切なことなのかがわかってしまうのです。

引っ越し挨拶をするメリットはある?

もちろん挨拶をしたことでメリットも発生します。

それは以下のとおりです。

・近隣住民とのトラブルが減る可能性がある
・お付き合いが出来るので何かあったときに助け合える
・近所にどんな人達が住んでいるのかを把握出来る
・その地域の特徴などを教えてもらえる

こういったメリットもありますが、女性の一人暮らしだとトラブルが発生したときにむしろ面倒なことになったり、むしろ犯罪などの洒落にならないトラブルを招く恐れすらあるのでしない方がいいという結論になってしまいます。

こういったメリットは魅力的ですが、リスクを背負い込んでまでやった方がいいと筆者は言えません。

実際にした方がいいとは思っているけど犯罪などが怖くて悩んでいるという方は多くいます。

実際に筆者が参考にしたページの一つがこちらの『一人暮らしの女の引越し挨拶について かなり長くなります。この春から、学校に通うの… – 教えて! 住まいの先生 – Yahoo!不動産』で、親が挨拶回りをするけどどうしたらいいのか悩んでいる様子がわかります。

大家さんには引っ越し挨拶をした方がいい?

このように女性の一人暮らしならば挨拶回りはしない方がいいという結論になりましたが、例外もいます。

それは何かあったときに相談することになる大家さんや管理人さんです。

ここはトラブルがあったときに相談する先となりますので、挨拶をしておいた方がいいでしょう。

管理する側には女性の一人暮らしであることをしっかりと伝えることで、確実に助かる場面が出てきますのでそこだけは行った方がいいです。

挨拶をする範囲はどこまで?

ここでは従来ならではの挨拶範囲についてお話しします。

まず、集合住宅では上下左右の部屋の住人です。

そこに管理人さんや大家さんが加わります。

一戸建てとなると向こう正面両隣と自宅両隣、そして自宅の裏とその両隣が推奨されています。

裏に関しては人によって意見が分かれているのでどういった場所に家があるのかも踏まえて考えて行動してください。

また、一戸建てでは大家さんや管理人さんはいないので、その地域の町内会長などのまとめ役の立場にある人へ挨拶をしておくといいでしょう。

ただし、そういった人が誰かは引っ越し前に知るのはちょっと難しい部分もあると思いますので、できたらという考え方でいいと思います。

引っ越し挨拶をする時の注意点

引っ越し挨拶をする時の注意点は大量にあります。

その中でも今回紹介するのは粗品に関して、どういった物を選んだらいいのかについてです。

現代の引っ越し挨拶で推奨される粗品は日用品と日持ちするお菓子です。

具体的にはラップ・高級なティッシュペーパー・洗剤・タオル・クッキーなどでこれらがこういった粗品を扱うランキングサイトで常に上位に来ています。

昔は様々なお菓子やそばなども用意されていたのですが、現代ではアレルギーの問題などで食べられない人が多くなっているので、アレルギー問題がない食べ物から選ぶしかない状態となっているのです。

また、洗剤についても匂いがダメという人も多いので、できればそこまで匂いが強くない物を選ぶといいでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は一人暮らしの女性は引っ越し挨拶をしない方がいいのかどうかについてまとめました。

女性の場合は大きなトラブルを招く危険性がありますので、挨拶回りをしない方がいいです。

自分の身を守るためにもマイナスを被る可能性がある行動は避けましょう。

一人暮らしの方はむしろ挨拶をされると迷惑と感じる方も非常に増えているので、挨拶回りをしなくても問題ないという考え方にシフトした方がいいのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました