普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

一人暮らしの引っ越しでやること!前後・当日に何をしたらいい?

引っ越しをすると決意したら色々とやることを整理して活動を開始しないといけませんが、この『色々』が本当に多すぎるのでいざ手をつけるとなると引っ越しをほとんどしていない人はびっくりしてしまうことすらあります。

そこで、今回は一人暮らしの引っ越しでやることをまとめつつ、引っ越し当日や前後や1ヶ月前などに何をしたらいいのかも見ていきましょう。

引っ越し費用はどのくらいになるのかも考えて行きましょう。

スポンサーリンク

引っ越しの準備はいつからしたらいい?

一人暮らしの準備は1ヶ月前からスタートしたという人も多いのですが、本音を言えば一人暮らしをすると決心した瞬間から色々と準備した方がいいです。

特に、3月や4月といった引っ越しが大量に発生する時期に移動することになる人は、予約がなかなかとれない状態になる事もとっても多いので早めに動いた方がいいでしょう。

実際にインターネット回線関連の工事などは繁忙期になるとなかなか予約がとれずに1ヶ月以上待たされるというケースもありますので、1ヶ月前からの行動では間に合わないケースも多いのです。

なので、本気で引っ越しを決意したのなら時間がかかると思われることからつぶしていく必要が出てきます。

一人暮らしの引っ越し1ヶ月前にやること!

一人暮らしをしている方が1ヶ月前にやることは以下のとおりです。

・新居を探して契約する
・全体スケジュールを決定する
・引っ越し業者を選んで見積もり比較などを行い決める
・段ボールや梱包材を用意してもらう
・旧居の解約手続きを行う
・契約していた駐車場の解約手続きを行う
・新居での駐車場の契約を行う
・転居はがきを用意して作成する
・粗大ゴミで捨てるモノの収集依頼を行う
・幼稚園や公立学校の転園及び転校手続きを行う
・インターネットの移転手続きや新設手続きを行う
・固定電話の移転手続きを行う
・衛星テレビやケーブルテレビの契約手続きを行う
・転居先のエラベーターの大きさや建物前の道路の幅やドアの大きさなどをチェックしておく
・一人暮らし向けの家具を引越し荷物が搬入される前に届くようにお買い物する
・レイアウトを本格的に検討しておく
・使わない荷物の荷造りをスタートさせる
・役所届けが必要な書類の準備をスタートさせる
・勤務先の住所変更届けをしておく
・NHKの住所変更手続きをしておく
・電気ガス水道といったライフライン関係の手続きをする
・郵便物転送手続きをしておく

このようにやるべき事はたくさんあります。

一人暮らしなのでこれでもやることは少ないのですが、リスト化するとこれだけ出てくるのです。

特に、一人暮らしになると出来ることは全部自分でやらないといけないので、忘れないようにチェックしながら作業をスタートさせましょう。

一人暮らしの引っ越し2週間前にやること!

次は一人暮らし2週間前からやるべき事です。

こちらも箇条書きにして紹介します。

・役所手続き全般を行う(※一人暮らしの役所手続きで必要なのは転居届け及び転出と転入届、マイナンバーカードの住所変更、印鑑証明の住所変更、国民健康保険の住所変更、国民年金の住所変更など)
・新聞の住所変更手続きを行う
・携帯電話の住所変更手続きを行う
・火災保険や地震保険の住所変更手続きを行う
・NHKの住所変更手続きを行う
・各種宅配サービスの住所変更手続きを行う
・荷造りの続きを行う
・挨拶品を用意しておく
・冷蔵庫の中身を片付ける
・パソコンのバックアップをしておく
・引っ越し前にお世話になった人や近所に挨拶をする
・洗濯機の水抜きをしておく
・引っ越し前にレイアウトを確認しつつ購入したモノをどのように配置するのか最終チェックを行う
・転居はがきを発送しておく
・ゴミをきちんと捨てる
・引っ越し業者と最終打ち合わせをしておく
・新居で防水や害虫駆除などの作業をしておく

荷造りをしていると何が足りないのかが改めて発覚するケースもありますので、慌ただしくなる前に少しずつでも荷造り作業は進めた方がいいです。

また、役所関連の手続きは子供もいませんし介護している対象もいないとなるとかなり少ないので、そこまで混乱することはないでしょう。

一人暮らしの引っ越し当日にやること!

次は当日にやるべき事をまとめていきます。

旧居での作業と新居での作業がありますので、どちらもきちんとこなしましょう。

旧居における作業

・荷物の最終梱包と個数確認
・荷物搬出
・水をきちんと止めて元栓も閉める
・ブレーカーをあげる
・ガス会社の立ち会いでガスを止める
・最後のお掃除
・鍵を渡して旧居を明け渡す

新居での作業

・引っ越し先で新たなご近所との挨拶をする
・荷物の搬入作業及び荷ほどきをする
・ライフラインがしっかり使えるようになっているのかをチェックする
・ガスは立ち会いをしてもらい動かしてもらう
・キッチンやトイレなども問題なく動くのかをチェックする

新居に移動したらうきうき気分になる方も多いと思いますが、まずは新居できちんと生活できるかどうかをチェックするために、キッチンやお風呂場などに備え付けられている機能がまともに動くのかをチェックしてください。

新居であっても初期不良などでまともに動かなくなっているケースが多々ありますので、忘れないうちに調べておきましょう。

一人暮らしの引っ越し2週間後までにやること!

次は引っ越しが終わった後のお話です。

・転居届けなどの役所手続き全般を行う(※一人暮らしで必要な手続きは転居届け・国民健康保険・国民年金・マイナンバーカード・印鑑登録など)
・車庫証明の取得を行う
・運転免許証の住所変更を行う
・自動車の登録変更を行う
・銀行口座や郵便局口座などの口座の住所変更を行う
・パスポートの住所変更を行う
・クレジットカードなどの住所変更を行う
・ネット通販サイトの登録住所変更を行う

引っ越しが終わったらとにかく色々と住所とセットで契約している事柄の、住所変更を行う必要があります。

その作業がとっても多いので忘れずに行いましょう。

一人暮らしの引っ越し費用はどのくらい?

これはちょっと難しいお話になります。

というのも、引っ越しは『荷物の量』『距離』によって値段が大きく変わってくるので相場が見えにくいのです。

とりあえず、同じ市区町村での引っ越しなら荷物が少ない人なら15,000円から30,000円程度です。

荷物が多い人だと2割増し程度になると考えてください。

これが同じ都道府県での市外となると価格は3割から5割増しになります。

県外になると距離や移動のしやすさによって大きく変わってくるので相場を出しにくいのですが、60,000円から100,000円程度はかかると考えておきましょう。

このようにぶれ幅が圧倒的に大きいので、まずはいくつかの引っ越し業者に見積もりを依頼して、自分の引っ越しにおける相場を知るところからスタートしてください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は単身での引っ越しについて色んな情報をまとめました。

単身での引っ越しは役所関係の手続きが少なくなるので多少楽にはなりますが、それ以外のやるべき事は他の方々の引っ越しと同じく多いのでタスク管理を行って次々と終わらせていく必要があります。

出来るだけコストを削減したいという人は、引っ越しをすると決めたらすぐに引っ越し業者への見積もりを複数社に出して、相場を理解してから動くといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました