普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

単身赴任は引っ越し挨拶をしないでも大丈夫?挨拶するメリットは?

単身赴任による引っ越しは何かと大変な部分がありますが、その大変な部分としての要素の一つであった引っ越し挨拶の考え方が変わってきつつあります。

そこで、今回単身赴任で引っ越し挨拶をしないでも大丈夫な世の中になっているのか、そもそも挨拶するメリットは何なのかについて考えて行きましょう。

そもそも、挨拶をしないことで発生するメリットとデメリットは何なのかを考えて、挨拶をするかどうかも考えて行きます。

スポンサーリンク

単身赴任は引っ越し挨拶をしないでも大丈夫?

単身赴任で引っ越し挨拶をするかどうか悩んでいる人も多いと思いますが、結論を記載すると『単身赴任ならば挨拶をしてもしなくてもいいが、しない方が良い人やしない方がいい環境も多いのでどちらかといえばしなくていい』となるでしょう。

挨拶をしなくてもいい時とはどんなときなのか、詳しくは後述しますが現代日本では単身赴任における引っ越し挨拶は必須ではなくなってきているという事だけは覚えておきましょう。

あとは、その人の状況や引っ越し先の環境によって変わってくるのでなんとも言えない部分が多いのです。

情報の先出しになってしまいますが、女性の一人暮らしとなる単身赴任なら引っ越し挨拶は不要と考えておきましょう。

引っ越し挨拶をしないメリットとデメリット

引っ越し挨拶をしないことでどのようなデメリットが発生するのかをまずは考えていきましょう。

デメリットについてまとめると以下のとおりです。

・悪印象を与えている可能性が高いので近隣住民とのトラブルになる可能性も増える
・お付き合いが無くなる可能性が高く何かあったときに助けてもらえないかも
・近所にどんな人達が住んでいるのかを把握出来ない
・その地域の特徴などを教えてもらえないので自分で調べないといけない

引っ越し挨拶をすることで発生するメリットはこれらが反転すると考えればわかりやすいでしょう。

逆に引っ越し挨拶をしないことで発生するメリットについて考えていきます。

・挨拶の時間や粗品探しの時間をとられない
・粗品分のお金が浮く
・近所づきあいを減らせる
・一人暮らしであるということを知らせないで済む
・挨拶が迷惑と捉えられている人とも会わなくて済む

この中でも特に重要なのが『一人暮らしであるということを知らせないで済む』と『挨拶が迷惑と捉えられている人とも会わなくて済む』という部分で、女性の一人暮らしで防犯を考える必要があるのなら挨拶をしないメリットが大きくなりますし、単身赴任する人が多いエリアで引っ越しが多発しているのならこういった挨拶そのものが迷惑と捉えている人も多いのでこのメリットも大きくなってきます。

引っ越し挨拶をしない方がいい時は?

先ほど記載したように、引っ越し挨拶をしない方がいい時というのは挨拶をしないことで発生するメリットが大きいときです。

まず、引っ越しをする状況や環境は大きく分けて『通常の引っ越しをするケース』『女性の一人暮らしで引っ越しをするケース』『人の出入りがとっても多い場所に引っ越しをするケース』『ファミリー向けのマンションに引っ越しをする、または家族連れで引っ越しをするケース』『社宅となっているマンションに引っ越しをするケース』『新築マンションで一斉入居をするケース』の6つのケースがあります。

そのうち『女性の一人暮らしで引っ越しをするケース』と『人の出入りがとっても多い場所に引っ越しをするケース』が挨拶をしないことで発生するメリットが大きくなるのです。

逆に『通常の引っ越しをするケース』と『新築マンションで一斉入居をするケース』では挨拶をするかどうかはその人次第というところがあるので、自分で判断することが重要でしょう。

単身赴任で『社宅となっているマンションに引っ越しをするケース』に引っ越しをする必要があるのなら、そこには仕事の仲間及び上司が住んでいる可能性がかなり高いので短い期間であることが判明していたとしても挨拶した方がいいです。

逆に、『ファミリー向けのマンションに引っ越しをする、または家族連れで引っ越しをするケース』に該当する人は、できれば挨拶をした方がいいと思いますがあくまでも単身赴任だと思いますのでしなくてもいいかもしれません。

しかし、家族連れが多いエリアでは挨拶なしで住むと子供と一緒に暮らしている方々に特に嫌な目で見られる可能性があるので要注意です。

引っ越し挨拶をする範囲はどこまで?

引っ越し挨拶をする範囲は単身赴任の場合はマンションやアパートに引っ越しをするケースが多くなると思いますので、それを前提でお話しします。

集合住宅に引っ越すときは、どうしても生活音が伝わりやすい両隣と上下階の部屋の住人に挨拶をしておくことが推奨されています。

あとは大家さんや管理人さんへの挨拶もしておくといいでしょう。

女性の一人暮らしの時は挨拶をする必要性が薄いのですが、何かあったときのために大家さんや管理人さんには挨拶しておくといいかもしれません。

引っ越し挨拶をする時の最低限のマナー

引っ越し挨拶をする時の最低限のマナーはタイミングと時間帯です。

まず、挨拶するタイミングは引っ越しをする前日が理想で、前日が難しいのなら当日の引っ越し作業が本格的に始まる前となっています。

それも難しいのなら、引っ越しが終わった次の日には挨拶をするといいでしょう。

時間帯については10時~16時が理想的です。

ただし、お昼の時間は食事をしている可能性が高いので避けましょう。

あとは、500円から1,500円程度の粗品を用意して挨拶をすることが重要です。

粗品にはのしをつけて自分の名字をきちんと記載しておきましょう。

粗品を選ぶときは日用品やクッキーなどのお菓子、引っ越し前の地域の銘菓から選ぶのが基本です。

どういった物を選べばいいのかわからないという人は、ネット上にある粗品を扱っているサイトで人気の商品を選ぶのが一番わかりやすいでしょう。

引っ越し挨拶で喜ばれる粗品は?

引っ越し挨拶で喜ばれる粗品は先ほど軽く紹介したように、日用品やお菓子や引っ越し前の地域の銘菓です。

日用品は高級なティッシュペーパー・ラップ・洗剤・タオルなど本当に日用品として使う物が推奨されています。

お菓子はクッキーなどの嫌う人がほとんどいないものが推奨されており、アレルギーが考えられる食品はすべて除外されています。

例外として、引っ越し前の地域を代表する銘菓はその人のイメージをわかりやすくしてくれるお菓子なのでこちらを推奨する人も多いです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は単身赴任は引っ越し挨拶をしないでも大丈夫かどうかについてお話しました。

挨拶をするメリットもありますが、挨拶をしないメリットももちろんありますのでその人の状況や環境に合わせてよく考える必要があります。

基本的に単身赴任なら挨拶回りをする必要は現代日本ではなくなってきているので、粗品などを用意しなくてもよくなったと聞くと喜ぶ人も多いと思います。

ただし、社宅に転勤となる人は例外なので注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました