普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

一人暮らしの引っ越し費用の相場は?料金を安くする裏技を紹介!

引っ越しを考えている時にどうしても気になるのが費用で、ついつい費用がどうなっているのかを比較して業者を選びがちです。

そこで、今回は一人暮らしの引っ越し費用の相場がどうなっているのかをチェックしつつ、料金を安くする裏技を紹介していきます。

一人暮らしにおいての段ボールの数はどれぐらいになるのか、そもそも費用が高くなる時期は何時なのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしの引っ越し費用の相場はどのくらい?

引っ越し費用は時期や荷物の量や距離や依頼する業者によって変わってくるので、はっきりとした数字を提示するのはちょっと難しいです。

とりあえずの目安として、単身者で繁忙期に引っ越す方は約5万円繁忙期からずれた時期に引っ越す方は約4万円と考えてください。

もちろん、これは距離が長くなれば増えますし荷物が多くなれば高くなります。

逆に、荷物がより少なくなって距離も短くなったら安くなりますので明確な数字を知りたいという方は先に見積もりをとっておくことも重要でしょう。

特に、繁忙期である3月や4月に依頼するとそれ以外の時期に依頼する時よりも2割程度価格がアップしてしまいますし、荷物の量が多ければ多いほど費用がどんどんと膨れあがって2割増しから4割増し程度になってしまいますので注意してください。

この料金の増え方が、後で解説する引っ越し費用を抑えるお話にも繋がってきますので、覚えておきましょう。

引っ越し費用を安くする裏技!

引っ越し費用を安くするには相見積もりをうまく使っていくつかの見積もりを入手し比較する事・繁忙期を避けること・引っ越し希望日に幅を持たせること・余計な荷物は持っていかずに引っ越し前に断捨離することの4点を意識してください。

まず相見積もりについて解説します。

相見積もりとは同内容でいくつかの業者に見積もりを依頼することで、同じ条件でどれだけ安くしてくれるのかを簡単に知る方法の一つとなっています。

引っ越しを決断したらある程度条件を定めてまずは相見積もりをとってから比較してください。

次に意識してもらいたいのが時期とタイミングです。

これは繁忙期を避けることが大前提で、さらに少しでも安くしたいのなら依頼をするときに『○月の×日~△日の間で安いとき』といった形で依頼しましょう。

これだけでも料金を減らすことができます。

あとは引っ越し荷物の対象となるものを減らすことが重要です。

引っ越しの料金を減らすためには時期や日時を調整しつつ、あとは引っ越しの対象となる荷物そのものを減らすことができれば最終的な料金が半分ぐらいに減らせる可能性があります。

荷物が少なければ少ないほど用意するトラックが小さくなり運賃もガッツリと下がりますので、引っ越し前に断捨離をすることを強く推奨します。

荷物が多いと梱包作業も開封作業も整理も大変なので、減らせるものは減らしちゃいましょう。

一人暮らし向けの引っ越し業者!

基本的に単身引っ越しはほとんどの引っ越し業者が対応しています。

中には単身の引っ越しのみを対応にしている会社もあるかもしれませんが、基本的には引っ越し業者という扱いになっているのなら単身引っ越しには対応しています。

そこから、自分に合っている一人暮らし向けの引っ越し業者を見つけるしかありません。

その選び方の大雑把な基準が、まず地域密着型を選ぶか大手業者を選ぶかになってきます。

これはかなり難しいのですが、料金を最優先したいという方は地域密着型の方を選ぶと安くなりやすいという意見が多いのでそちらを探してみるといいでしょう。

ただし、地方在住の方はそもそもそういった地域密着型の引っ越し業者がほとんど存在しないというケースもあるので、大手の引っ越し業者から探すと行った対応になってしまいます。

あとは、気になった業者の中に『単身引っ越しパック』とか『単身パック』といったプランが存在しているかどうかも重要です。

こういったプランは決まったコンテナに詰める荷物だけを運ぶ格安単身プランで、またに単身での引っ越しをサポートしてくれる内容になっているのでお勧めです。

つまり、価格が抑えられてかつ単身パックが存在する引っ越し業者が一人暮らし向けの引っ越し業者と言えるのではないでしょうか。

一人暮らしの引っ越しのダンボール数はどのくらい?

一人暮らしのダンボールの数はどういった暮らしの仕方をしてきたのかで大きく変わりますが、一般的にはダンボールの数は最終的に10個から15個ぐらいになるようです。

ただし、このダンボールはサイズがS・M・Lと三種類用意してあることが基本で、そのサイズによって最終的なダンボールの数も変わってくるでしょう。

ダンボール以外に家電や衣装ケースなどもあるので、そういったものも別途個数に入れる必要は出てきます。

引っ越し業者によってはこういったダンボールが無料で提供されるところもありますので、ダンボールはどうなっているのか確認することも忘れないようにしてください。

引っ越し費用が一番高い時期はいつ?

参照URL:https://hikkoshi.suumo.jp/soba/

引っ越し費用が時期によってどうなっているのかを知る方法は費用の推移を知ることです。

わかりやすいのが、上記のグラフを記載してある『引っ越し料金の費用・相場はいくら?総額や安くするコツ|引越し見積もり・比較【SUUMO】』というSUUMOのページです。

これを見るとわかるように、3月と4月だけ飛び抜けて引っ越し費用が高くなっています。

いわゆる繁忙期と呼ばれるやつなのですが、それは引っ越し業界では間違いなく3月と4月となっています。

実際に会社の人事異動も学校の卒業からの就職などもこの時期に動くのが一般的なので、繁忙期が3月と4月になるというのは予想できた人も多いでしょう。

一人暮らしの女性が安心して引っ越す方法

一人暮らしの女性が安心して引っ越す方法は通常の引っ越しにプラスして『防犯』部分を強く意識することです。

女性の方が部屋を選ぶときはオートロック・防犯カメラ・宅配ロッカー・郵便受け・管理人の有無・部屋のある場所(3階以上)・できれば角部屋を避ける・洗濯機は室内に置く・交番や派出所がそばにあるかなどを色々と気をつけることがあります。

これらは防犯にまつわる事柄なので、女性の方は強く意識してください。

とにかく安心安全に生活できるかどうかを意識して部屋を選んでください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は一人暮らしの引っ越し費用の相場はどうなっているのか、料金を抑えるためにはどうすればいいのかを紹介しました。

時期を選ぶというのはちょっと難しいので、3月や4月といったいわゆる引っ越しシーズンからずれるのは難しいでしょう。

そういった人達は相見積もりをして、単身パックをうまく使って少しでも安い価格で引っ越すことを推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました