普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

入梅はいつのこと?意味と由来、梅雨入りとの違いは?

スポンサーリンク

今回は雑節の一つである入梅について解説します。

具体的に入梅はいつのことなのか、意味と由来はどうなっているのか、梅雨入りとの違いはあるのかを見ていきましょう。

入梅のオススメの過ごし方はあるのか、服装の選び方や考え方はどうしたらいいのかもチェックします。

特に、過ごし方なんかは考えたこともないという方のために、ここで紹介したやり方を参考にしてもらいたいです。

スポンサーリンク

入梅はいつのこと?

入梅は現在太陽黄経が80度の時と決まっているので、6月11日が該当します。

ただし、梅雨入りという意味もあるので梅雨に入った時に入梅という使い方をすることもあるので要注意です。

入梅の意味と由来

入梅の意味は?

入梅とは日本の雑節の一つです。

意味は梅雨入りの時期なのですが、実は定義づけされており基本的には太陽黄経が80度になったとき、すなわち6月10日か11日の事を入梅としているのです。

ただし、使い方が地域によって異なります。

明確にその日が定義づけされているので、世間の梅雨入りタイミングとはずれることも多々あります。

しかし、西関東方言では、梅雨の季節全体を『入梅』と表現しているとのことで、いろいろと厄介な言葉の1つになってしまいました。

入梅の由来は?

入梅という言葉の由来ならば『梅の実が熟す頃に降る雨』という意味から、6月の雨を梅雨と表現するようになり、その梅雨に入ることを入梅と表現したというお話がありました。

これが由来でしょう。

他には『カビが生えやすい時期の雨』という意味から転じたという説です。

カビは漢字で『黴』と読むのですがこれは『ばい菌』の『ばい』を漢字にしたものであり、6月の雨を『黴雨』と読んでいたというお話を聞きました。

そこから節にあった果物である『梅』の漢字を当てて『梅雨』に転じて、梅雨に入ることを入梅と表現したとの事でした。

入梅という言葉はいつからあった?

入梅という言葉は由来で解説しているように、『梅の実が熟す頃に降る雨』という意味から着ていますが、この言葉をいつから使うようになったのかはわからなかったです。

明確な発生タイミングについては不明ですが、江戸時代の頃にはすでに存在しておりおそらく戦国時代からあったと思われます。

入梅が明確に暦に記載されるようになったのは1685年頃と言われており、今のような使われ方がされるようになったのはここからと言われております。

それ以前にも梅雨入りという意味で入梅という表現をしていたとのことですが、厳密な定義は一定していなかったため由来と言えるかどうかも怪しいです。

ただし、この1685年頃の入梅は芒種後の最初の壬の日とのことで、6月4日から6月16日と今の定義とはずれています。

しかし、平均すれば6月10日なので近いと言えば近いでしょう。

明確に今のような使われ方をするようになったのは、1844年の天保暦からでありここで太陽黄経80度の日と定義され、今の形になったのでした。

今の入梅という意味で明確に使われるようになったのは1844年からと言えるでしょう。

入梅と梅雨入りの違いは?

これは非常に厄介な問題なのでちょっと詳しく解説します。

今回紹介したように、入梅は基本的には太陽黄経が80度になったとき、すなわち6月10日か11日の事を入梅としています。

梅雨入りはあくまでもそういった気象状況に突入した時なので、厳密にいつとは言えず意味も異なります。

ただし、入梅は梅雨入りという意味も持っているのでほぼほぼイコールという扱いになっているのです。

そのため、テレビなどに出る天気予報士ではこちらの『「入梅」と「梅雨入り」、使い分けは? | ことば(放送用語) – 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所』で記載があるように、『入梅』は暦の場合でのみ使い、気象上では『梅雨入り』を使っています。

辞書ではどういった書かれ方をしているの?

入梅という言葉がそもそも辞書でどういった紹介をされているのかを見てみましょう。

精選版 日本国語大辞典

〘名〙

① 梅雨の季節にはいること。太陽の黄経が八〇度に達した時をいい、暦の上では、六月一〇日頃にあたる。俗に梅雨と同義に用いられてもいる。つゆいり。ついり。⇔出梅。《季・夏》

※俳諧・滑稽雑談(1713)五月「〈略〉五月節過て壬日を入梅とす」

② つゆの雨。梅雨。

デジタル大辞泉

雑節の一。太陽の黄経が80度に達した日で、6月11日ごろ。気象では梅雨に入る日をさし、地域や年により異なる。つゆいり。《季 夏》「―や墓さむげなる竹のつゆ/芭蕉」⇔出梅。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雑節の一つ。梅雨の時期に入る日をいい、暦にはその日を記す。旧暦時代には五月節芒種(ぼうしゅ)に入って第一の壬(みずのえ)の日を入梅とする説を用いた。現行暦では太陽の視黄経が80度に達した日をもって入梅とし、太陽暦の6月11日ごろにあたる。この日から梅雨が始まるわけではなく、およそこのころから雨期に入ることを農家に注意を促すために記載される。梅雨の明けるのを出梅というが、暦には記載されない。

こういった書かれ方をしています。

入梅は『梅雨の季節にはいること』とか『現行暦では太陽の視黄経が80度に達した日をもって入梅とし、太陽暦の6月11日ごろ』といった書かれ方をしていますが、『気象では梅雨に入る日』という書かれ方をしているので、ほとんど同じ意味として使われることがあるのがわかります。

本当にややこしい言葉ですね。

入梅の時期にオススメの過ごし方!

次は入梅の時期のオススメの過ごし方についてまとめます。

ここでは、入梅は太陽黄経が80度になったとき、すなわち6月10日か11日の事という意味で話を進めていきますね。

いわゆる梅雨入りしている時の過ごし方となります。

入梅の時期にオススメの過ごし方①:動画配信を探る

昨今は様々な情報をネット媒体で手に入れられます。

それは「英会話を学びたい」とか「プログラムを学びたい」とか「料理がうまくなりたい」といった昔ならそういった教室を探して学ぶ事柄全般も当てはまるのです。

まずは、自分がやりたいことを見つけて、そのトレーニングや勉強になりそうな教材をYouTubeなどの投稿動画から探してみてはいかがでしょうか。

素人投稿ももちろんあるので玉石混淆がなかなかにすごいことになっていますが、そこで納得できる教材を動画配信から拾うことができればそこから第一歩を踏み出せるのでオススメですよ。

入梅の時期にオススメの過ごし方②:読書する

シンプルですが、昔ながらの梅雨での過ごし方はやっぱり読書です。

昨今は本媒体ではなくてもスマホやノートパソコンやiPadなどでも本を読めるので、そういった媒体を使って小説などを読むといいでしょう。

もちろん、漫画だって読めますので自分が好きな方法で読書時間を作って下さい。

入梅の時期にオススメの過ごし方③:アニメや映画やドラマを見る

今ではストリーミング配信で様々なコンテンツが見られるので、『Netflix』や『Amazon Prime Video』などのストリーミングと1カ月だけ契約してアニメや映画やドラマを集中的に全部見てしまうというのも手です。

こういったストリーミングサービスが高いと感じる方でも1カ月といった区間を区切ってしまえば一昔前のレンタル代より安くなることがほとんどなのでオススメですよ。

入梅の時期の服装の選び方は?

入梅の時期、すなわち6月上旬の服装はちょっと悩みます。

温度的にはそこそこ暑い日もあるけど、肌寒い日もあるのがこの時期なので服装選びに難儀するのです。

ここで意識してもらいたいのが、6月上旬の昨今の平均気温です。

6月上旬は大阪や東京や福岡といった大都市圏で、最高気温が30℃を超えることが当たり前となっています。

ただし、夕方になると気温がガタッと落ちて18℃前後になるのもザラなので要注意です。

なので、30℃を超えることを想定した服装がいいでしょう。

晴れたときは半袖カットソーでも十分ですし、日差しの強さも考えて帽子も用意しとけば万端です。

ちょっと肌寒いときは五分袖カーディガンや長袖のシャツワンピースなんかもオススメします。

ロングスカートもいいですし薄手のパーカーもオススメです。

衣類を選ぶ時のポイントとしては、以下を意識すると探しやすいです。

・濡れても染みにならない物を選ぶ
・雨で変色や色移りしない物を選ぶ
・できるだけ通気性が良い物を選ぶ
・できるだけ速乾性の良い物を選ぶ
・ボトムは丈の長すぎない物を選ぶ

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は入梅はいつのことなんか、意味と由来と梅雨入りとの違いについてまとめました。

○入梅は6月10日か6月11日のこと

○意味は太陽黄経が80度になったときなのだが、気象的には梅雨入りという意味もある

○入梅は太陽黄経が80度になったときの6月10日か11日だが、梅雨入りは気象状況によって異なるため厳密にこの2つは違う

いろいろと調べてきましたが、今回の紹介記事の中で気に入った部分はあったでしょう。

そういった部分があるのならブックマークをしてもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました