普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

サカイ引越センターの段ボールのサイズは?枚数はどのくらいもらえる?

引っ越しにおいてどの業者に依頼しても絶対に関わってくるキーアイテムと言えば段ボールです。

そこで、今回はサカイ引越センターにおける段ボールについて色々とお話をしていきます。

サカイ引越センターで用意されている段ボールのサイズはどうなっているのか、どのくらいの枚数をもらうことができるのか、改修費用はどうなっているのか、キャンセルしたときの返却費用はどうなっているのか、追加したいときはどのようにすればいいのかなど、段ボールにまつわる気になる情報をギュッと敷き詰めて紹介します。

スポンサーリンク

サカイ引越センターの段ボールのサイズは?

サカイ引越センターにおける段ボールのサイズは縦34cm×横52cm×奥行35cm縦34cm×横35cm×奥行32cmの2種類です。

他の業者だとSMLと3種類があるのですが、サカイ引越センターではLサイズが存在せずSとMで運用していると考えるのが一番わかりやすいでしょう。

段ボールの大きさに関して何らかのルールなどはありませんので、箱の企画やサイズや一辺の長さは業者事にバラバラなのです。

なので、おなじSサイズでも大きさがバラバラになったりしますし、想像よりも大きいとか小さいといったちょっとしたトラブルが発生することもあります。

段ボールの枚数はどのくらいもらえる?

段ボールを盛られる枚数についても業者事に異なりますが、サカイ引越センターではこちらの『ダンボール(資材)について – よくあるご質問|【公式】サカイ引越センター 引越しの料金・費用の見積もりは引越しのサカイへ』で記載してあるように、『最高50箱(大小2種類)』まで無料で提供しています。

大人数での引っ越しでも段ボール50個とはなかなかなりませんので、基本的に無料分だけでも足りると言えるでしょう。

また、サカイ引越センターではハンガーケースやクッションケースといった引っ越し用の便利グッズも用意されているので思ったよりも段ボールを使わなかったというケースが発生しやすいようです。

こういった状況を踏まえても無料分を突破することはなかなか無いと思われます。

大量に荷物があってこの50個を突破してしまったときは、大きい段ボール10枚が1セットで3,300円となっているのを購入するか、小さい段ボールが10枚1セットで2,200円のものを購入する必要があります。

どうしても荷物が多すぎて段ボールが溢れそうという人は、荷造りを依頼すると段ボールの使用枚数上限がなくなるとのことなのでそちらを選択するのもありかもしれません。

ただし、荷物が少ない方向けの単身向け引越しプランなどでは無料の段ボール提供がないとのことなので、自分が利用する予定のサービスではどのようになっているのかの確認は必要でしょう。

サカイ引越センターにおける単身パックは『小口引越サービス』が該当しますが、こちらで段ボールを用意する時は段ボール大5個と段ボール小5個とガムテープ1個と布団袋1枚がセットになって3,300円のものを購入するか、他に食器包装紙などが追加されているパックなどを購入して用意する必要が出てくるのでそちらも注意が必要でしょう。

段ボールの回収費用はどのくらいかかる?

次に段ボールの改修費用についてですが、こちらも公式ホームページのQ&Aにある回答を見てみましょう。

質問は『ダンボールなどの資材回収はしてもらえますか?』で回答が『引越し完了後の資材(ダンボール等)のお引取りは、税込3,300円のご料金をいただいてお受けしております』となっています。

要するに回収してもらうには3,300円がかかると言うことです。

サカイ引越センターの段ボールに関する古い記事をいくつか見てみるとこの回収費用が異なっているので、一定周期で値段の変動が行われている可能性があります。

また、3月15日から4月15日という引っ越しシーズン中は段ボールの回収は行っていないというのも注意が必要なところでしょう。

段ボールの回収費用をただにする方法はあるの?

これはいくつか方法がありますが、確実とは言えない部分もあるので先に調べておくか試しておく必要があります。

できたら最高の手段となるのが、相見積もりをしてサカイ引越センターに決める前に他者を引き合いに出して段ボール回収費用を無料にするように交渉して成功することです。

これができれば無料になります。

また、引っ越し先でスーパーや自治体の有価物収集日を把握出来ていれば、そのタイミングで段ボールを出せば無料回収をしてもらう事も可能でしょう。

現実的に無料にしてもらう方法はこの2つだと思います。

他には資源ゴミとして出すというやり方もありますが、これはその地域のゴミの出し方に則って行う必要があり、段ボールに関してはもめるケースもありますのでゴミの出し方をしっかりと把握してから実行した方がいいでしょう。

キャンセルしたときの段ボールの返却費用は?

こちらも先ほど何度か取り上げているQ&Aに質問と回答があります。

こちらを引用すると質問が『契約をキャンセルした場合、いただいた資材はどうしたらいいですか?』で回答が『未使用の場合は、お客様にて担当支社までお持ちいただくか、郵送・宅配便にて担当支社までお送りください。なお、送料はお客様負担となりますので予めご了承ください。※ご使用分はお客様でのお買い上げとなります。』とのことです。

つまり、送料さえ支払えば返却費用は発生しないということになります。

ただし、使用してしまった分は購入する必要が出てきます。

購入費用は大きい段ボールが1枚330円で、小さい段ボールが1枚220円です。

サカイ引越センターの段ボールを追加したいときは?

段ボールを追加したいときは10枚単位で追加購入してください。

大きい段ボールが10枚1セットで3,300円、小さい段ボールが10枚1セットで2,200円です。

荷造りを依頼していない人で足りなくなったらこの追加費用を払うのが基本となってきます。

しかし、無料で50枚は貰えますしハンガーラックやシューズボックスなどもありますので、家族での引っ越しだとしても不足するというケースは稀だと思います。

段ボール以外の梱包資材ももらえる?

サカイ引越センターは段ボール以外の梱包資材が色々とありますので、段ボールが足りなくなるというケースは少ないです。

具体的には布団ケースからハンガーラック、シューズボックスなどが存在しておりそれらを上手く活用して段ボールの仕様枚数を減らしましょう。

サカイ引っ越しセンター以外の段ボールのサイズまとめ!

ここまでサカイ引越センターでもらえる段ボールのサイズについて詳しく紹介してきましたが、引っ越し業者はサカイ以外にもありますよね。

業者によってはサイズが異なったり表記の仕方が違うので、ここでは業者ごとに段ボールのサイズについて詳しくまとめてみました。

検討している業者があればチェックしてみてください。

アート引越センター

引っ越しは日通

クロネコヤマト

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はサカイ引越センターの段ボールのサイズはどうなっているのかといったサカイ引越センターにおける段ボールのお話をしてきました。

こういった段ボールのお話は色々と細かい部分もあるので段ボールのみで比較したことがあるという人は少ないでしょう。

しかし、業者事に結構な違いが出てくる部分でもありますので、気になる方はこういった細部までチェックすると面白いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました