普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

隣人が退去した時の引っ越し挨拶にお返しは必要?言葉の文例を紹介!

特に仲が良くない人が引っ越しをしたとしてもこれといってやることはありませんが、お世話になった隣人が退去するとなると話は大きく変わってきます。

そこで、今回は:隣人が退去した時の引っ越し挨拶にお返しは必要かどうかを調べつつ、言葉にして挨拶をする時の文章はどうすれば良いのかも考えていきましょう。

自分が不在の時に引っ越しの挨拶に来ていたのならどうしたら良いのかも考えて行きます。

スポンサーリンク

隣人が退去した時の引っ越し挨拶にお返しは必要?

まず隣人が退去した時の引っ越し挨拶にお返しは必要かどうかのお話をしていきましょう。

結論を記載すると『どれだけお世話になったのかで話す内容は変わってくるが、挨拶に来たのならばきちんと対応するのが礼儀である』と言えるでしょう。

ちょっとしたご近所付き合い程度の仲だったのならばシンプルな挨拶でも十分です。

問題は本当にお世話になった友人や先輩といったカテゴリーに該当する人達でしょう。

そういった人達への挨拶はあっさりとしたモノで終わることはありませんので、腰を据えてどこかで話せる場所などを用意しないといけません。

このように引っ越しをする該当者と自分の関係性によって大きく変わってくるカテゴリーなのです。

引っ越し挨拶のお返しにオススメの言葉の文例!

まず、そこまで親しくはないが隣人だった人への挨拶を考えていきましょう。

そういった人が挨拶に来たのならば『色々と御世話になりました。移転先でもどうかお元気で』といった挨拶でも十分でしょう。

特にお世話になった記憶がないという人はこの言葉よりも『どうかお元気で、御身体を大切にして下さい』とか『暑い(寒い)日が続きますので、お体に気をつけてください』といった定型文のような挨拶で十分です。

問題は本当に親しい隣人が引っ越すときで、このときは短い挨拶だけでは終わらないケースがあります。

ただし、そういった時でも相手が忙しいかもしれないのでそこでの会話は出来るだけ短めにして後日改めて会うことが出来るのかどうかも確認した方が良いでしょう。

それも難しいのならば『色々と御世話になりました。移転先でもどうかお元気で』といった定型文の挨拶をした後に移転先の住所や電話番号などを教えてもらう事が重要になります。

その後引っ越し先の住所に手紙などで色々と書きたいことを書いて送るといったやり方もあるのです。

自分が不在のときに退去の引っ越し挨拶に来ていたら?

これもどの程度仲が良かったのかで変わってきます。

同じマンションの人ぐらいの仲ならばそこまで言葉を交わす仲ではありませんので、引っ越し当日に見かけたら挨拶をするといった対応でも十分でしょう。

問題なのは本当にお世話になった人や親しい人のケースです。

そのときはこちらから部屋やその家に赴いて挨拶をしてください。

お世話になったことに対するお礼の品があるという方はそちらも用意して渡すと良いでしょう。

こればかりは引っ越しをする人との人間関係によって大きく変わってくる部分なので、引っ越しをする人に対して自分はどういった感情を持っているのか、どれだけお世話になってきたのかを客観的に見て判断してください。

重要なのは、その人が引っ越しをするという現実に対してあなたがどのように受け止めているのかです。

引っ越し挨拶のお返しをした方がいい時は?

引っ越し挨拶のお返しをした方が良い時とは、挨拶に来た人にどれだけお世話になっているのかで変わってきます。

ただの隣人とかご近所付き合いをした程度の仲ならば、引っ越しをする側の人が『引っ越しでご迷惑をおかけしてすいません』といった挨拶とともに粗品を持ってくることが多いです。

こういった粗品に対する返礼は不要ですし、返礼されてもされた側が困ってしまうでしょう。

昨今ではこういった挨拶をするという文化そのものがだいぶ薄れてきたのでこういった挨拶を一切することなく引っ越しをする人も増えました。

挨拶なく引っ越しをする方ならば特に返礼なども考える必要はありませんし、相手もそれを望んでいません。

問題は本当にお世話になってきた方々への対処法で、そういった人達には『今まで本当にお世話になりました。こちらはお気持ちですが・・・』見たいな挨拶をしながらお礼の品を渡すことになるでしょう。

このように、その人との関係性によって変わってくる部分なので、引っ越す相手と自分の関係性をきちんと理解してから動きましょう。

お返しの品はどんなものがオススメ?

お返しの品を用意したいという方にとってまず推奨したいのは、クッキーなどのお菓子類や森運びが簡単な日用品です。

引っ越しをする側からの粗品ならば洗剤などの日用品も候補に挙がってくるのですが、引っ越しをしていなくなる人へのお返しの品となると引っ越すまでの期間が短い可能性もあるので出来るだけ速く消費できるモノを渡した方が良いでしょう。

洗剤やラップは使い勝手が良いのですが、日持ちしてしまうので引っ越しをする側にとっては荷物になる恐れがあります。

使い切ることが難しいモノを選ぶのは止めましょう。

こういった事情があるので消費しやすいモノやあっさりと食べられるお菓子類が候補に挙がってきます。

金額については本当にお世話になった人が相手の時は、その人に喜ばれるモノをチョイスする必要がありますので、明確なことは言いにくいです。

通常の引っ越しにおける挨拶に粗品は500円から1,500円ですが、本当にお世話になった人はこの金額には絶対に収まらないと思います。

直接会えない時は手紙で送るのもアリ!

直接会うことができない状況になってしまうケースもあります。

たとえば出張などで家にいないときに引っ越しをされてしまうケースです。

本当に親しい人ならば個人的に連絡を取り合える関係になっている可能性もありますし、親しい人だったのならば置き手紙に新住所や連絡先などが入っている可能性もあります。

後で連絡がつくような状況になったのならば引っ越しが落ち着いたタイミングで手紙を送ったり電話をしてみるといいでしょう。

引っ越し当日は色々と忙しいので、できれば日をずらした方が良いです。

また、送りたいモノがあるのならばお世話になったことへのお礼として用意したものとセットにすると良いでしょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は隣人が退去した時の引っ越し挨拶にお返しは必要なのかどうかをお話ししました。

隣人の引っ越しにおける反応はその人とどういったお付き合いがあったのかで大きく変わってくるので、その人との関係性をまずは考えましょう。

ただの近隣の住人ならばさっくりとした挨拶で終わりになりますし、粗品をもらったことに対する返礼は不要です。

問題は本当にお世話になった人や友人だったケースなので、そういった人が相手の時は自分なりに考えた返礼を用意するのが大切になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました