普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

敬老の日のお祝いメッセージの例文やマナーを紹介!

敬老の日オススメのメッセージカード!手紙の例文も紹介!

敬老の日はメッセージカードを用意して写真やアルバムや好きなモノとセットでプレゼントすることが多いと思います。

そこで、今回は敬老の日に使えるようなお祝いメッセージの例文をひたすら紹介して参ります。

子供から親へ、子供からおじいちゃんおばあちゃんへ、血のつながりのない義父へ、など様々なシチュエーションに対応していきましょう。

スポンサーリンク

敬老の日のお祝いメッセージの例文!

敬老の日にはお祝いメッセージを用意することが多々ありますが、具体的にどのように書いたらいいのかわからずに筆を持ったまま静止してしまっている人も多いでしょう。

そんな人達のためにも参考となる例文をいくつか用意させていただきます。

子供から両親へ贈るメッセージ

子供から親にメッセージを贈るというのは非常に多いケースなので、最も身近にあって調べている人も多いメッセージでしょう。

具体的な例文として「お父さんお母さんいつもありがとう」で始まります。

ここまでは一緒の人も多いのですが、ここからは自分の状況と相手の状況によって大きく変わります。

たとえばメッセージカードを初めて贈る人は「せっかくの機会なので感謝の気持ちを文字にして伝えたいと思いました」といったメッセージをくわえることもあります。

また、結婚したばかりの人は「自分たちもお父さんやお母さんのような幸せで笑顔の絶えない家庭を築きます」といった自分たちの頑張りを見てほしいというメッセージをくわえることもプラスに働くでしょう。

このように自分たちの環境をよく理解している人に贈るメッセージカードとなりますので、思い出話よりも誠意や感謝の気持ちを文字にした方がよいと思われます。

子供から義父母へ贈るメッセージ

こちらは血のつながりが無い親、つまり結婚したパートナーの親へ贈るメッセージカードとなりますので、実母や実父とはちょっと勝手が異なります。

いわゆる知らないことが実母や実父と違ってかなり多いので、何がNGワードなのかがわからないのです。

そのため、メッセージカードの例文は「敬老の日おめでとうございます。いつまえも私たち夫婦の良きお手本としていつまでも元気で長生きしてください」といった文章になります。

そもそも敬老の日はお年寄りの日として認識されているため年寄り扱いされることそのものを嫌う人もいますので、メッセージカードを作るのはかなり難しいのです。

孫から祖父母へ贈るメッセージ

孫から祖父母へ贈るメッセージカードは思いで重視にすることがポイントとなります。

息子や娘の場合は付き合いの長さから日頃の感謝の気持ちが求められますが、孫となるとまだ付き合いが浅く、人によっては離ればなれになっているので1年に数回しか会っていないというケースもあるでしょう。

それらを踏まえた上で作るメッセージは「おばあちゃんへ、いつもお料理を作ってくれたり遊んでくれたりしてくれて本当にありがとう。これからも健康に気をつけていつまでも元気でいてね」という一緒に暮らしているパターンと、「おじいちゃんとおばあちゃんへ、いつも優しい二人のお家は心地よくてとっても大好きです。○○月に行って一緒に水族館に行けたのは本当に楽しかったよ。ずっと元気でいてね」というたまにしか会えない人パターンに分かれます。

状況次第でメッセージカードの中身はきちんと変えるようにしましょう。

デイサービスの職員が利用者へ贈るメッセージ

施設の職員としてメッセージを贈るというケースもありますが、あくまでもデイサービスの職員とお世話されている人は血のつながりの無い他人なので、親密度によって贈るかどうかが大きく変わります。

メッセージカードを贈る場合は当たり障りの無い文章にして短い文章でまとめつつ、長生きしてとか元気でいてという表現は避けてください。

具体的には「敬老の日おめでとうございます。いつも皆さんにお話に多くのことを学ばせて頂いております。感謝の気持ちを込めてお祝い致します」といったかなり硬い文章が安全パイとなります。

英語で贈るメッセージ

英語でメッセージを贈る場合はスペルミスや文章の間違いなどが発生しないように入念にチェックしないといけません。

例文としては「敬老の日おめでとう」が「Respect for the Aged Day」となりますのでこちらをまずは用いて、その後に「あなたのおかげで私はとても幸せです」という「Now I am very happy thanks to you」とか「敬老の日のプレゼントを贈ります」という「The present of Respect for the Aged Day is sent」という言葉を記載することになります。

敬老の日のメッセージのマナーは?

敬老の日のメッセージマナーは贈る人が誰なのかで大きく変わってきます。

大きく変わりますが、ある程度決まったマナーは存在するのでここではそちらを紹介しましょう。

まずは絶対にNGとされている「病気」や「死」を連想させるモノです。

とにかく縁起が悪いモノはアウトとなりますので、「四」という数字表現や「菊の花」というお葬式を連想させるモノは使わない方がいいでしょう。

人によっては「忙しい」という単語が「心を亡くす」という言葉を連想させるためNGとしているとのことなので、注意してください。

また、あからさまに年寄り向けのモノを用意すると不快に思われてしまうケースもありますので、プレゼント選びやメッセージ選びには注意しましょう。

たとえば「長生きしてください」というワードを先ほど紹介したデイサービスの職員が用い場合は、相手から「十分長生きしている!」と怒られるケースがあるのです。

敬老の日オススメのメッセージカードはこちら!

敬老の日おすすめのメッセージカードは色々とありますが、より印象的なものを用意したいという人は、立体的にみせることが可能なメッセージカードを作るといいでしょう。

動画は非常に簡単に作れる立体的に見える花をモチーフにしたメッセージカードになりますので、まずは一つ作ってみたいという方におすすめとなります。

他にも「ケーキのポップアップカードを手作りしてプレゼント!(https://www.youtube.com/watch?time_continue=50&v=hBXDI9bubw0&feature=emb_logo)」という動画では牛乳パックを使って立体的にみせることができるメッセージカードを作っているのでとても参考になります。

これらの立体的に見えるメッセージカードはInstagramやYouTubeで大量に動画としてアップされていますので、それらを参考にして作るといいでしょう。

通常のメッセージよりインパクトがあるので忘れられない思い出になりやすいのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は敬老の日に用いることができるようなメッセージをひたすらまとめて参りました。

親しい人や身近な人が相手の場合はある程度簡単にメッセージをまとめることができますが、一緒にいる時間がそこまで長くない人が相手となると一気に難易度が上がってしまうのがメッセージカードなのです。

その場合はその人にとってのNGワードを踏まないように安全パイとなる言葉をチョイスしてつなげていくしか無いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました