普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

絶対喜んでもらえる!敬老の日に孫から祖父母へ贈るメッセージ例文!

敬老の日のメッセージの上手な書き方やポイントは?

敬老の日は両親やおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントやメッセージを贈る日です。

ただし、このメッセージというのがくせ者でなかなかうまく文章が書けないという人も多いでしょう。

今回は敬老の日のメッセージを孫からおじいちゃんおばあちゃんへ送るというイメージで、具体的な文章を紹介して参ります。

コツも抑えておくともっと書きやすくなります。

スポンサーリンク

敬老の日に孫から祖父母へ贈るメッセージの例文

具体的におじいちゃんやおばあちゃんへ敬老の日にメッセージカードを送るときに、どのように書いたらいいのかを例文と共に紹介して参ります。

基本的に孫から祖父母への敬老の日のメッセージカードのコツは共通となります。

それは共に過ごした時間を思い浮かべること、近況報告をすること、長々と書かないこと、感謝の気持ちを述べること、相手を気遣う言葉を入れることです。

これらすべてのコツを入れるのは難しいかもしれませんが、いくつかは抑えておきたい要素となっています。

おじいちゃんへの例文

基本的に孫から祖父母への敬老の日のメッセージカードのコツは共通なので、まずはそれを抑えた文章を作ります。

たとえば「おじいちゃんへ、いつまでも長生きしてね。めざせ100歳です!」という文章も子供ながらのかわいらしさがありながらしっかりと相手を気遣い感謝の気持ちもこもっている事がわかります。

ある程度文章を書ける小学校高学年以上の子供だった場合は「おじいちゃん、敬老の日おめでとう!」という書き出しから「いつも野菜を送ってくれてありがとう。新鮮な野菜を毎回楽しみにしています」という感謝の気持ちや「野球部でレギュラーを目指して頑張っています」という近況報告を入れて、最後は「○○というプレゼントはこの色が似合うと思って選びました」といったプレゼントの中身について触れつつ「これからもずっとお元気で」といった健康を気遣う言葉で締めてください。

中身についてはその人の環境で大きく変わりますので、環境や状況次第でどんどんアレンジしていきましょう。

おばあちゃんへの例文

おばあちゃんへのメッセージカードの作り方もほぼ一緒です。

しいて違いを挙げるとすれば、その人の好みや自分にしてくれた思い出の違いになるでしょう。

文章の例としては「おばあちゃん、敬老の日おめでとう。子供の頃、夏休みに遊びに行った日のことを今でも良い思い出としてはっきりと覚えています。来月にも顔を見せに行く予定です。感謝の気持ちをこめておばあちゃんが生まれた日の新聞を贈ります」といった内容になっています。

祖父母まとめての例文

基本的に今まで紹介してきた文章は応用が利きますし、おじいちゃんでもおばあちゃんでも通用する文章となっています。

書き出しは「じいじとばあばへ」とか「おじいちゃん、おばあちゃん、いつもあそんでくれてありがとう」となりますが、思い出を記載するときは2人が一緒にいたタイミングの思い出を書く必要があるので「またいっしょに遊園地へいきたいので、いつまでも元気でいてください」といった書き方になります。

成人しているお孫さんならば「お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、いつも見守ってくれてありがとう」といった書き出しに変えましょう。

誰にでも当てはまる例文

今まで紹介してきた文章は基本的に万能性が高い文章となっていますので、これらを理解すれば特別な文章を用意する必要はありません。

共に過ごした時間を思い浮かべること、近況報告をすること、長々と書かないこと、感謝の気持ちを述べること、相手を気遣う言葉を入れるというポイントを抑えつつ文章を構成していきましょう。

「お変わりなくお過ごしでしょうか。僕は元気でやっています」といった書き出しから、「最近忙しくて買い物をする暇もなかったため、野菜を送ってくれたことは本当に助かっています」というつなぎを入れて「日頃の感謝の気持ちを込めて○○を送ります」とプレゼントに触れればいいでしょう。

締めは「喜んでいただければ幸いです。くれぐれも身体にはお気をつけてください」とします。

ただし、対象者が「お世話になった方へのお礼を兼ねたお祝い」で実質的な他人へ送る場合は、文章の中身は「健やかに敬老の日を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます」といった書き出しにする必要があり、プライベートな文章では無くなってしまうので注意しましょう。

敬老の日のメッセージの上手な書き方は?

敬老の日のメッセージカードをうまく書く方法はポイントやコツを抑えることです。

共に過ごした時間を思い浮かべること、近況報告をすること、長々と書かないこと、感謝の気持ちを述べること、相手を気遣う言葉を入れるというポイントを抑えつつ文章を構成すればしっかりとした中身になります。

あまり思い浮かばないという人は、ネット上でも大量の例文が紹介されていますので、それらをひたすら読んでイメージできるようにすればいいでしょう。

ただし、一緒に住んでいる祖父母に送るメッセージとなると状況が変わってきますので、うれしかった思い出をやや新しいモノにしたりメッセージを作る過程を見られないようにするといった対策も必要になってきます。

メッセージを喜んでもらうポイントは?

メッセージカードを喜んでもらうには共に過ごした時間を思い浮かべること、近況報告をすること、長々と書かないこと、感謝の気持ちを述べること、相手を気遣う言葉を入れるというポイントを抑えつつ文章を構成することと紹介しましたが、最大級の喜んでもらうためのポイントはやっぱり「お孫さんからの言葉をしっかりと記載すること」でしょう。

もちろん手書きでもいいですし、おじいちゃんおばあちゃんの似顔絵をセットにすることでより効果が増すという事もあります。

とにかく「孫にプレゼントしてもらった」という事実がとっても大切ですので、事実となるようにお孫さんに対応してもらうことが重要になります。

敬老の日のメッセージの伝え方は?

敬老の日のメッセージの伝え方はシンプルにメッセージカードにするというやり方もありますが、写真付きのメッセージカードを作成したりメッセージ入りのケーキやスイーツを用意してプレゼントするというやり方もあります。

大家族の人ならば色鮮やかな色紙に皆で寄せ書きのような形にするというスタイルもあるでしょう。

プレゼントを主役にしてプレゼントに一言添えるようにメッセージカードを仕込むというやり方もあります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は敬老の日のメッセージカードを孫から祖父母へ送るという形式で色々と考察を重ねました。

最大のポイントはやっぱり孫が実際にメッセージを考えて試行錯誤していることであり、その努力がしっかりとわかる形になっているかどうかです。

このポイントを抑えつつ文章をうまく作るためのコツを理解しておけば、素敵なメッセージカードを作成することも間違いなくできるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました