普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

友引にお通夜はしても大丈夫?注意点を教えて!

友引にお通夜は避けたほうがいい理由は?葬式や葬儀は大丈夫?

家族の葬式をする場合は出来る限り早く葬儀などを行いたいので、今では六曜を気にして予定を立てる人は少なくはなってきております。

しかし、六曜の友引にお通夜をするのは大丈夫なのかと指摘されて、考え方を改めなくてはいけないのかと思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで、今回は友引におけるお通夜や葬儀の扱い方について調べてまいります。

スポンサーリンク

友引にお通夜はしても大丈夫?

友引に葬式をするのは縁起が悪いという風習がはるか昔からありましたが、友引にお通夜をするのは相性が悪いという風習はほとんどないので、基本的には実行しても大丈夫と考えられています。

しかし、中には「友引に葬式にまつわる行動をすることそのものがNG」と考えている人もいますので友引にお通夜をするとそのような考え方を持っている人に注意されてしまったり悪印象を与えてしまう可能性はあるでしょう。

そもそもこの友引は陰陽五行という中国から伝わったものが変化した六曜から生まれたものであり、最初は「友引」ではなく「共引」だったのです。

そこから陰陽道の「友引日」とまじりあって今のような友引に変化したといわれております。

元をたどれば「共引」は決着がつかない日という意味になりますので、葬式や葬儀やお通夜とは何の関係もありません。

そのことを踏まえたうえで友引とお通夜や葬儀の関係性について考えていきましょう。

お通夜をするときの注意点は?

友引にお通夜をする注意点はほとんどありませんが、ちょっとした問題が発生します。

基本的に友引は「故人が友を冥府に引っ張ってしまう」という風習がうまれてしまったことから、葬儀や葬式はNGとなっているのです。

この風習はあくまでも日本独自の考え方であり仏教の教えとは関係ないのですが、多くの人たちに浸透しきってしまったことで葬儀屋や火葬場にも大きな影響をもたらすようになってしまいました。

広まりすぎた迷信により友引に葬儀がNGという考え方まで一般的になることで、友引付近が葬式になると1日は辞めるか1日遅くするかが一般的になったのです。

その結果、友引をお通夜にして次の日を葬儀にするという人も一気に増えました。

今でもこの名残が残っているので、友引の次の日は葬式会場や火葬場が非常に込み合っており、予約が取れなくなってしまうことすらあります。

これが結構厄介な問題となっているのです。

もはや昔の風習ということで気にせず友引に葬式を行う人もいるのですが、この友引の風習によって友引は葬儀会場も火葬場もお休みなっていることもあるでしょう。

結果的に風習は関係ないと考えている人たちでも、昔ながらの風習をある程度は意識しないと予定が立てられない状況になってしまっております。

友引にお通夜は避けたほうがいい理由は?

友引にお通夜を避けたほうがいい理由は先ほど記載したことがほとんどです。

つまり、お通夜を友引にして葬式日に友引がかぶらないようにした結果、葬儀会場や火葬場が非常に込み合っておりなかなか思うような手はずで物事が進まなくなってしまうケースがあるということです。

基本的に葬式や火葬の予約は身内の誰かが亡くならない限りとらないものであり、未来を見通して予約するものではないので、こういった混雑を回避することもなかなかできないというのも問題となっています。

また、人によっては「葬式に友引をするのは縁起が悪いけどお通夜も縁起が悪い」と考えている人もいるので、そういった人たちとの仲が悪くなったりもめてしまったりするケースもあるでしょう。

人の考え方まで全部読み切ることははっきり言って不可能なので、そのような考え方を持っているかどうかもある意味運となってしまいます。

葬式、葬儀はしても大丈夫なの?

広辞苑といった辞書で「友引」を調べてみると「昼頃が凶で朝と夕方は吉」とか「友を引くという言葉によってお葬式は凶である」といった意味が記載されています。

つまり、葬式や葬儀に友引を合わせるのはNGというわけです。

もともとこの葬儀と相性が悪いという風習がいっきに広まったのは、平和になって占いなどが急激に広まり六曜の吉兆に民衆が異常に左右されるようになってしまった江戸時代です。

この時代は六曜の吉兆を気にしすぎる傾向に民衆があったことから江戸幕府からそこまで気にする必要はないというお触れすら出ました。

なので、この考え方そのものは迷信であり気にする必要はないのです。

ただし、迷信でも広まりすぎてしまっているので信じ切っている人が多いのも事実でありそれはご年配になればなるほど顕著でしょう。

そのような人達と対立しないように友引に葬儀をしないのは正解となっています。

わざわざ不仲な人を作る必要はありません。

北海道では友引のお通夜が違うって本当?

ちなみに、この葬式や葬儀というのは地域ごとの風習やしきたりが存在しておりやり方が異なっているケースもあります。

その一つが北海道でしょう。

北海道は北海道内が非常に広いので、親戚が集まるのにも時間がかかるといわれております。

そのため、仮通夜と通夜という2回行っているところもあるのです。

これは遠すぎて通夜に参加できない人のための配慮となっております。

ただし、通夜のころにはご遺骨になっているので注意しましょう。

これ以外にも通夜の前に火葬を行う地域もあるようです。

これは昭和9年の函館で起こった函館大火で発生してしまった多くの犠牲者を、衛生上の理由から先に火葬したのが始まりといわれております。

通夜の後に火葬を行う地域もありますが、これも大雪で身動きが取れずに葬儀が間に合わないという人のために割きに火葬をしてしまうという考え方があるのです。

このように北海道では親戚でも遠いからとか大雪で動けなくなることが多いからという理由で、通夜の回数や火葬の順序が他の地域と違うことがあります。

六曜とお通夜との関係

六曜の語呂合わせや相性の悪さというのはほとんどが江戸時代に流行していろいろなものと結び付いて誕生した迷信です。

しかし、その迷信も広がりすぎたために火葬場や葬儀屋にまで影響が出るようになってしまい、友引に休むところが増えてしまいました。

そのため、本来ならば無関係だけど浸透しきってしまったために関係ある存在になってしまったというのが正しいでしょう。

六曜と葬式は本来ならば無関係ですが、六曜の中の友引と等式は相性が悪いと信じている人が多いので、その考え方を尊重して動いたほうが楽ではあります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は友引とお通夜の関係性について記載しました。

友引が葬式と相性が悪いというのは迷信ではありますが、浸透しきってしまったことでそう考える人が増えてしまったのです。

身近な人にもこの考え方を持っている人がいる可能性がありますので、葬儀をやる場合は出来る限り避けるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました