普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

先負にやってはいけない縁起の悪いこと!時間帯に注意したら大丈夫?

スポンサーリンク

今回は「先負にやってはいけない縁起の悪いこと!時間帯に注意したら大丈夫?」と題して、六曜の一つである先負にやってはいけない縁起の悪いことをまとめていきます。

大安や友引と違って知名度が低めの先負ですが、そもそもどういう意味がある日なのか知らない方も多いでしょう。

そこで、先負とは何なのかについても解説します。

先負の日に避けるべき行動や、時間帯に注意することで避けられるトラブルについて詳しく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

先負にやってはいけない縁起の悪いことまとめ!

先負は『負』という字が入っていることから『勝負事』『裁判などの訴訟事』『公事や急用』など、争いごとや急ぎ事を避けるべき日とされています。

具体的に避けるべき事をまとめて行きましょう。

ただし、こういった情報は先負はあくまでも目安であり、科学的な根拠はありません。

どうしても先負に予定を入れる必要がある場合は、十分に注意して行動しましょう。

以下、先負にやってはいけないとされる行動一覧です。

勝負事全般

勝負事のように白黒をはっきりさせたい場合や議論など、勝ち負けが重要になるようなことは、先負は避けた方が良いでしょう。

争い事全般を避けたい日です。

この勝負事をどこまで解釈するのかで、先負のマイナス部分の範囲まで大きく変わってくるので、かなり難しい日となっています。

日常のちょっとした商談なども勝負事と言えそうですし、ちょっとした趣味でも頑張らないといけないことも勝負事と言えなくはありません。

こうなると、いろいろとダメな日になってきます。

裁判などの訴訟事全般

争いごとには負けると言われている日なので、裁判も論外となっています。

裁判全般がアウトなので、弁護士に相談する日にも向いていないと言えるでしょう。

急用全般

先負は「急ぐこと」全般が凶となっています。

なので、急用が入ってもできる限り日程調整などを行って、慎重に行動したい日です。

慌ただしい行動全般もアウトという指摘もあり、どうしてもいろいろと動き回る必要が出てくる引っ越しや開業なども避けるべきという指摘があります。

先負は時間帯に注意?

先負は午前中が凶で午後が吉という六曜です。

先勝とは反対なのでセットで覚えるといいでしょう。

ただし、先負は『平穏が良いとされる日』で『争いごとや急ぎ事は避けるのが吉』とされる日なので、午後が吉でもあまり派手には動けないと言うことも覚えておいてください。

先負の日にやっても大丈夫なこと

先負は、「負」という字が入っているため、勝負事・裁判などの訴訟事・公事や急用など、争いごとや急ぎ事を避けるべき日とされています。

しかし、先負だからと言って、何もできないわけではありません。

状況によっては、先負を有効活用できる場合もあります。

以下、先負の日にやっても大丈夫な事柄と、注意点をご紹介します。

引っ越しについて

・六曜の中では「大安」が一番人気ですが、予約が重なったり、料金が高めに設定されていたりすることもあります。

・先負であれば、比較的料金を抑えて、自分の都合の良い日時を選ぶことができます。

・午前中に混乱することを防ぐために、積み込み時間を午後からにしたり、荷造りを前夜までに済ませたりするなどの対策をしましょう。

納車について

・特に問題はありません。

・安全に関わることには少しでも縁起を担ぎたいという方は、午後の時間帯に行うといいでしょう。

・六曜の中で最も納車に向いているのは「大安」、反対に納車に向いていないのは「赤口」と「友引」と言われています。

結婚について

・午後から吉なので、そこまで相性は悪くないという意見があります。

・ただし、「負」という字が入っているため、縁起がいいとは思われにくく、友引や大安が基本的には推奨されています。

お葬式について

・法事やお葬式、通夜などの弔事は、縁起を担ぐ行事ではないので先負の日に行っても問題ありません。

・時間帯による吉凶の変化がありますが、お葬式をする日ならば特に気にする必要はありません。

お参りについて

・神社へのお参りに先負の日を選んでも問題ありません。

・ただし、お宮参りや合格祈願をするのだったら、午後の時間帯に行くことがおすすめです。

・一般的に神社へのお参りは、早い時間帯が良いとされているのが注意点です。

・先負の午後にお参りをしたいなら、できるだけ午後の早めの時間帯にしましょう。

お見舞いについて

・先負の日に、お見舞いに行くことも、特に気にする必要はありません。

・病院では、朝の早い時間に回診や検査をおこなったりするため、午前中は何かと忙しい時間帯です。

・昼食が終わり、ひと段落した午後の時間帯に行くことは、マナーの観点から見てもおすすめです。

・お見舞いに行く際は、六曜を気にすること以上に、相手の体調や都合を思いやる気持ちが大切です。

先負の日にオススメの過ごし方

先負は、平穏が推奨される日です。

争いごとや急ぎ事は避け、物事を行うなら午前ではなく午後が吉とされています。

字面通り解釈すると、あまり行動せず、家でゆっくり過ごすのが良い日と言えるでしょう。

具体的に家でできるオススメの過ごし方をまとめると以下のようなものがあると思います。

・溜まったDVDや動画を鑑賞する

・ゲームを楽しむ

・読書をする

・音楽を聴く

・手芸や工作をする

・家族や友人とゆっくり話す

・睡眠をしっかりとる

・計画を立てたり、整理整頓をする

・趣味や好きなことに没頭する

・リラックスできる音楽を聴いたり、アロマテラピーをする

・運動やヨガをして心身をリフレッシュする

そもそも先負はどんな日?

最後に、そもそも先負ってどんな日なのかをまとめて行きましょう。

先負の意味

「せんぶ」と読む先負は、一見「負」の字から縁起が悪いように思えますが、実は午後は吉とされ、六曜の中でも比較的吉日とされています。

ちなみに読み方は「さきまけ」や「せんまけ」でも正解です。

そして先負は「静かに過ごせば、幸運が舞い込む」とされている日であり、午前中は凶で午後は吉の日となっています。

先負の由来

先負を含めた六曜は、中国で生まれた時間の吉凶を占う「小六壬(しょうろくじん)」という占術に由来します。

陰陽五行思想に基づき、易経の考えを取り入れたものです。

室町時代に日本に伝来した際、日本の陰陽道の影響を受け、名称や解釈が変化しました。

小六壬で使われていたのは「大安・留連・速喜・赤口・将吉(小吉)・空亡」だったのですが、これが変化して「大安・友引・先勝・赤口・先負・仏滅」になったようです。

先負に関するよくある質問まとめ

「先負」とは具体的にどのような意味がありますか?

「先負」は六曜の一つで、この日は午後は吉とされますが、午前中は凶とされる日です。

したがって、重要な行事や仕事、決断をする場合は午後を選ぶと良いとされています。

文字通り、「先んずれば負け」という意味を持ちます。

先負の日に避けるべきことはありますか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、特に新しいことを始める、重要な契約を結ぶ、大きな買い物をするといった行動は午後にした方が良いとされています。

午後に行動計画を立て、午前中は控えめに過ごすのがおすすめです。

結婚式や入籍は先負の日に避けるべきですか?

伝統的な意味合いでは、先負の日は午後から運が上がるとされているため、結婚式や入籍などの重要なイベントは午後が無難とされています。

ただし、現代では六曜を重視しない人も多く、最終的には個人の判断に委ねられます。

先負の日に良いとされる行動はありますか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているため、日々のルーティンワークや準備作業、計画立案などは有効に行えるとされています。

また、午前中はリラックスするための時間として使うのも良いでしょう。

先負の日は他の六曜とどのように関係していますか?

六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」という6つの日の周期で構成されており、それぞれに特有の意味があります。

「先負」はこのサイクルの中で、行動をする際に時間帯を考慮する必要がある日として位置付けられています。

六曜は日本の暦の中で古くから人々の生活に密接に関わってきた文化の一つであり、各日が持つ意味を理解することで、より良い日々を送るための指針とされています。

先負の日には、旅行を始めるのは避けるべきですか?

伝統的には、先負の日の午後は運勢が上昇するとされているため、新しいことを始めるのは午後からが良いとされます。

そのため、理想的には旅行を始めるのも、特に重要な出発や決定事項は午後に行うか、または先負の日を避けて計画することが勧められます。

しかし、現実にはスケジュールの都合上避けられない場合も多く、最終的には個人の判断によります。

先負の日に重要な商談を行うのは不利ですか?

先負の日は午後から運勢が上昇するとされるため、理想的には重要な商談は避けるか、または午後に行うのが良いでしょう。

しかし、商談の成功は日選びだけでなく、準備や相手との関係性など多くの要因に左右されます。

従って、六曜を参考にしつつも、十分な準備と自信を持って臨むことが最も重要です。

先負の日に生まれた人には特別な意味がありますか?

六曜は主に行事や日々の活動を計画する際に参考にされるものであり、個人が生まれた日に特別な意味を持つ文化的背景はありません。

先負の日に生まれた人が特別な運命を持つという考え方は一般的ではなく、誰もが自身の努力や選択によって未来を切り開いていくことができます。

先負の日には何をするのがベストですか?

先負の日の午後は比較的良い時間帯とされているので、日常業務や計画を立てるなど、すでに進行中の活動を進めるのに適しています。

午前中は新しいことを避け、既存の業務の整理や準備、翌日以降の計画を考えるのに適した時間と考えると良いでしょう。

また、個人的な時間を大切にし、リラクゼーションや趣味の時間を過ごすのもおすすめです。

先負の日の過ごし方で運気を向上させる方法はありますか?

先負の日に運気を向上させるためには、午前中にポジティブな行動を起こし、明るい気持ちで一日をスタートさせることがおすすめです。

また、運気が上がるとされる午後には、積極的に行動を行うと良いでしょう。

自然に触れる散歩や、好きな音楽を聴くなどして、心を穏やかに保つことも運気向上に繋がります。

先負のまとめ

以上、いかがでしたか。

今回は“先負にやってはいけない縁起の悪いこと!時間帯に注意したら大丈夫?”と題して、先負に関するやってはいけないことをいろいろとまとめました。

いわゆる急ぐことや勝負事全般と相性の悪い日となっているので、以外と行動することが難しい日となっています。

名前に「負」が入ってしまっている時点で、あまり良いイメージがないというのもありますので、扱いにくい日なのはまちがいないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました