普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

入梅の候を使った結びの例文まとめ!基本的な書き方は?

スポンサーリンク

今回は時候の挨拶で使う人向けの入梅の候を使った結びの例文まとめとなります。

いわゆるテンプレート的なものとなりますので、基本的な書き方を知りたいという方にもオススメできるでしょう。

本当にテンプレートのようになっているので「どこかで見たことがある気がする・・・」という例文が盛りだくさんな内容になっています。

こういった例文は本当にテンプレートになっているので、丸暗記するのではなくて気になったサイトをいつでも見られるようにすれば解決しますよ!

スポンサーリンク

入梅の候を使った結びの例文まとめ!

ここでは入梅の候を使った結びの挨拶の例文だけを紹介します。

あくまでも結びの例文なので、文章の最後に用いてください。

例文1

入梅の候、どうかお体に気をつけてお過ごしください。

例文2

入梅の候、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

例文3

入梅の候、梅雨空の続く毎日ですが、ご自愛くださいませ。

例文4

入梅の候、今しばらく鬱陶しい毎日でございますが、何卒お体大切にお過ごしください。

例文5

入梅の候、長雨続きの昨今、くれぐれもお体に気をつけてください。

例文6

入梅の候、梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。

例文7

入梅の候、長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。

例文8

入梅の候、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

例文9

入梅の候、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

例文10

入梅の候、ご自愛専一にてお願い申し上げます。

例文11

入梅の候、体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

例文12

入梅の候、健康には十分ご留意ください。

例文13

入梅の候、風邪など引かれませんように。

例文14

入梅の候、雨に映える紫陽花など眺めながら、心穏やかに過ごしましょう。

例文15

入梅の候、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。

例文16

入梅の候、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

例文17

入梅の候、ますますのご発展をお祈り申し上げます。

例文18

入梅の候、今後ともこれまでと変わらぬご支援ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

例文19

入梅の候、引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

例文20

入梅の候、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。

季節の挨拶の基本的な書き方と構成!

こういったビジネス文書は社会人になってから最初に躓く部分でもあります。

筆者もハッキリ言って意味不明でしたので、ひたすらネットで調べながら自力で文章構築をして相手方とメールのやり取りをしていました。

そのときに、自分が作った文章が本当に大丈夫なのかもわからないで送信している時もあったために、毎日ヒヤヒヤしていたものです。

季節の挨拶の書き方と考え方

まず、季節の挨拶はこの挨拶の仕方は相手への気遣いや礼節を示せる機会でもあります。

そして、度々出てくる『時候の挨拶』という言葉は基本的に、手紙やハガキやメールで冒頭部分に書く季節を表す言葉を用いた文章が該当するでしょう。

いわゆる『拝啓』などの頭語の後ろに、『○○の候』と入る形です。

1年を春夏秋冬の4つの季節に分けたら、そこからさらに二十四節気の考え方を取り入れて時候の挨拶をタイミングを理解した上で使い分けていく必要が出てきます。

ハッキリ言って慣れていないと非常に難しいのですが、狙って使い分ける事ができれば文種を送る相手に『誠実な人』と見られやすいのでいろいろとやりやすくなるのは事実です。

季節の挨拶の構成について

季節の挨拶を取り入れた文章の構成は基本的に『前文』『主文』『末文』『後付』という流れになっています。

ここをもっと細かく分けると、『頭語』『時候の挨拶』『本文』『結びの挨拶』『結語(「敬具・謹白)』『日付』『差出人』『宛名』の順番になります。

100%この順番が当てはまるとは言えませんが、テンプレート文章は基本的にこの流れになっているので覚えておくといいでしょう。

先に紹介した『前文』『主文』『末文』『後付』の中身についてここではもうちょっと掘り下げていきます。

まず、『前文』には『拝啓』などの頭語からスタートしてそこから『○○の候』といった時候の挨拶が入り、テンプレート文章が並んでいきます。

次に『主文』は文字通り文章の中身の事であり、ここでメールなどを送った理由をわかりやすく書いて、読んでもらいましょう。

ここではマナーとして『このたびは』『さて』といったおこし言葉と呼ばれるものを使ってかき出すのが推奨されているようです。

『末文』はいわゆる『敬具』が入ってくるところなのですが、頭語と結語には一定の組み合わせがあるので頭語で何を使ったのかを見てから文章を整えてください。

また、相手の健康や発展を祈る言葉も付け加えられます。

『後付』は『日付』『差出人』『宛名』などが当てはまりますが、メールなら手紙とは違って宛名が最初に入ってくるなどちょっとした工夫が必要なので、最初のうちはどういったやり取りをしているのか先輩のメールを見せてもらい、そこをまるっと模倣するといいでしょう。

実際の梅雨入りした6月の例文

それでは実際に使いそうな梅雨入りした6月の例文を紹介しましょう。

拝啓 長雨で肌寒さを感じる日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて・・・・・・【本文】

入梅の候、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。

敬具

他に覚えておくこと

こういった例文を使い慣れると、ある程度オリジナルにしてみたくなるのは仕方ないでしょう。

しかし、オリジナルとなるといろいろと覚えておかないといけないことが増えます。

その筆頭が『季語』でしょう。

この季語の考え方が結構厄介なので、これは丸暗記するのではなくてどこかのサイトなどでコピーしておくのが一番でしょう。

例えば、こちらの『5000季語一覧 – 季語と歳時記』を左脳にしてください。

また、こういった季語を知るには二十四節気の考え方もある程度理解しないといけないので、二十四節気についてもちょっとした勉強をした方がいいと思います。

こちらはいろんなサイトが解説していますが、これはいろんな情報が詰まっている『二十四節気 – Wikipedia』を見るのが一番でしょう。

入梅に関するよくある質問

「入梅」とは具体的にどのような意味がありますか?

「入梅」(にゅうばい)は、日本の伝統的な暦において梅雨の始まりを表す雑節です。

この期間は、一般的に湿度が高く、断続的な雨が特徴的で、農作業や日常生活に影響を与える時期とされています。

入梅の時期はいつ頃ですか?

入梅の時期は地域によって異なりますが、日本では一般的に6月初旬から中旬にかけてとされています。

具体的な日付は年によって変動し、気象状況によっても異なります。

入梅に農作業や庭仕事で注意すべきことは何ですか?

入梅期間中の農作業や庭仕事では、適切な雨対策が必要です。

植物の過剰な水分吸収を防ぐための排水対策、土壌の湿度管理、雨具を用いた作業、そして病害虫への対応が特に重要となります。

入梅期間中におすすめの活動はありますか?

入梅期間中は屋内活動がおすすめです。

例えば、美術館や博物館の訪問、読書、室内スポーツ、映画鑑賞など、雨天にも楽しめるアクティビティを計画すると良いでしょう。

また、梅雨の時期に特有の風情を楽しむために、雨の中の散歩や庭園の鑑賞も特別な体験になります。

入梅期間の健康管理で気をつけるべきことは何ですか?

入梅期間の健康管理では、高湿度による体調不良に注意することが重要です。

湿度が高いと不快指数が上昇し、睡眠不足やカビの発生、食品の保存状態にも影響を及ぼす可能性があります。

適切な室内の換気と除湿、身体の保温、健康的な食事と水分補給に留意することがお勧めです。

入梅の期間中に特に注意すべき天候の変化は何ですか?

入梅の期間中には、突然の激しい雨や雷雨に特に注意が必要です。

この時期は、不安定な気象条件が発生しやすく、局地的な大雨や洪水のリスクが高まります。

外出時には最新の気象情報を確認し、必要に応じて防水対策を行うことが推奨されます。

入梅期間中の室内環境を快適に保つためのヒントはありますか?

入梅期間中の室内環境を快適に保つためには、除湿器の使用や適切な換気で湿度をコントロールすることが重要です。

また、カビの発生を防ぐために定期的な掃除と、湿気の多い場所では空気を循環させることが効果的です。

入梅期間中に行うべき庭の手入れや植物のケアはどのようなものですか?

入梅期間中の庭の手入れや植物のケアには、過剰な水分が植物に溜まらないように排水対策を行う、梅雨特有の病害虫に対する予防と対策を実施する、強風時の植物の保護策を準備するなどがあります。

また、日照不足に対応して植物の成長をサポートする方法も考慮すると良いでしょう。

入梅期間中のアウトドア活動での服装の選び方はどのようにすれば良いですか?

入梅期間中のアウトドア活動では、防水性と通気性を兼ね備えた服装を選ぶことが重要です。

レインコートやレインブーツ、速乾性のある衣類を用いることで、雨天でも快適に活動することが可能です。

また、気温の変動に対応できるように、重ね着をすることも考慮に入れましょう。

入梅期間中に家で過ごす際のおすすめの過ごし方は何ですか?

入梅期間中に家で過ごす際は、読書、映画鑑賞、室内での趣味の時間、家族や友人とのゲームや料理などがおすすめです。

また、この時期は自宅でのリラクゼーションやインドアホビーに時間を費やす絶好の機会と言えます。

雨音を聞きながらのんびりと過ごすのも、入梅期間ならではの楽しみ方です。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は入梅の候を使った結びの例文まとめつつ、基本的な書き方をいろいろと調べてまとめてきました。

例文に関しては今回の記事以外にもネット上で大量にアップされているので、それらと組み合わせて納得できる文章を構築するといいでしょう。

こればかりは100%の正解はありませんので、しっくりとくる文章を見つけ出すしかありません。

よくわからないという人はテンプレート文章のように使い回せば十分ですので、本記事でもいいのでブックマークしてもらえるとありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました