普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

県内の引っ越し費用の相場は?安くするポイントを紹介!

引っ越しをするときにはどれぐらいの費用がかかるのかがとっても気になります。

今回は県内の引っ越し費用の相場は一体どうなっているのか、安くするポイントはあるのかといった引っ越し費用にまつわるお話を中心に記載して参ります。

そもそも、近距離の引っ越しにはどういった業者に依頼すればいいのか、引っ越しが安い曜日や時間帯は存在しているのか、引っ越し費用の内訳はどうなっているのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

県内の引っ越し費用の相場は?

引っ越し費用は荷物の量と移動距離によってかなり変動します。

今回は県内と条件をしぼっての引っ越しとなりますので、移動距離による大幅な料金変動は発生しにくいでしょう(北海道や岩手県のような大きな都道府県で端から端までとなったら話は変わりますが・・・)。

参考にできるサイトは色々とありますが、個人的に引っ越しにまつわるお話でとてもわかりやすく参考にしているSUUMOさんの『引越し見積もり価格はだいたいいくら?平均金額や業者の選び方、引っ越し費用を安くする方法|引越し見積もり・比較【SUUMO】』から数値は引用させてもらいます。

まずは単身での引っ越しにおける費用を見ていきましょう。

とりあえずの条件として県内での引っ越しは50km未満と考えます。

2月から4月の繁忙期では15km未満の単身者は荷物が少なければ約4.2万円、15km~50kmならば約4.7万円です。

荷物が多かったら単身者でも15km未満で5.8万円、15km~50kmで約6.3万円となるのです。

これが繁忙期からずれると荷物が少ない単身者ならば15km未満で3.6万円、15km~50kmで約3.8万円とかなり安くなります。

荷物が多めなら15km未満で4.8万円、15km~50kmで約4.9万円となっています。

これが4人家族となると繁忙期では15km未満で約12.1万円、15km~50kmならば約14.2万円です。

繁忙期からずれると15km未満で約9.9万円、15km~50kmならば約11.8万円です。

注目すべきは繁忙期における値段のアップ具合と、荷物の量による値段のアップ具合です。

ここからどうすれば安くできるのかが自ずと見えてきます。

県内の引っ越し費用を安くするポイント

県内に関わらず引っ越し費用を安くするには共通の方法があります。

それが以下の3点です。

・忙しい時期や時間を避ける
・荷物の量を減らす
・相見積もりをして安い業者を見つける

それでは1つずつ見ていきましょう。

忙しい時期や時間を避ける

先ほど料金のお話のところで、繁忙期は価格が上がるというお話もしました。

ただし、この繁忙期のタイミングから逃れるというのは、自分都合での引っ越し以外では難しくある程度タイミングが指定されている引っ越しでは達成するのは難しいでしょう。

そういった人達は時間帯や曜日によっても料金が異なるというケースがありますので、そういったタイミングを狙ってください。

同じ繁忙期でもいくらか安くすることができます。

荷物の量を減らす

引っ越しに費用を安くするにはとにかく荷物量を減らすことが重要です。

特に単身での引っ越しだと『単身パック』といった一人暮らし向けの超格安プランが業者事に用意されていることが多いので、それを活用すると一気に料金を抑えられます。

単身での引っ越しをする予定の方は業者に確認して、単身パックがあるか、単身パックがあるのならそのパックで運べる荷物量はどれくらいなのかを確認してください。

相見積もりをして安い業者を見つける

引っ越し費用を安くするには、そもそも安い金額設定をされている業者を見つけることが大切です。

なので、同じ条件で同じタイイングで一斉に見積もりを依頼してみるといいでしょう。

見積もりを依頼することでどういった対応をしてくるのかも見ることができるので、値段以外の部分も自分なりに判断できるというのも大きいです。

また、業者によっては相見積もりをして「○○社の方××円だった」などとその金額を提示することで安くしてもらえるというケースもありますので、相見積もりをすることは引っ越し業者を探す上では必須のテクニックとなっています。

近距離の引っ越しにオススメの業者

近距離での引っ越しに最適な業者は地方にある中小規模な業者に依頼するか、全国区の大手の業者に依頼するのかの2択になります。

これははっきり言ってかなり難しい問題であり、答えはないでしょう。

遠方の引っ越しならば大手企業しか対応していないというケースは多いのですが、近距離での引っ越しとなると中小規模の業者でも対応しているので選択肢に入ってきます。

料金的な比較をすると基本的に地方密着型の中小規模の業者の方が安くなっているので、料金で選ぶのならば高確率でそちらになるでしょう。

大手は人件費や広告費などで中小規模の業者と比べてお金がかかるので、費用的には割高になりやすいのです。

引っ越し費用が安い時期はいつ?

引っ越し費用が安い時期は2月末から4月から外れた時期です。

特に、3月から4月上旬は引っ越しにおける繁忙期になっているのでこのタイミングでの引っ越し費用は2割から4割増しになります。

この時期を避けるだけでも引っ越し費用をだいぶ押さえられるので個人的には強く推奨したいのですが、会社の都合などもありますので自分でどうにかなるものではないと思います。

自分自身で発起して行う引っ越しならば繁忙期からずらしましょう。

引っ越し費用が安い曜日や時間帯

引っ越し費用が安い時期以外に安い曜日や時間帯というのも存在します。

それが平日の月曜日から木曜日かつその月の上旬~中旬で、時間帯は午後となっているのです。

まず、上旬~中旬が安くなる理由は賃貸契約の切り替わる時期に引っ越しをするという考え方を多くの人達が抱いているので、この時期は業者が暇になります。

曜日については休日に移動したいという考え方を抱いている人が多いためです。

また、金曜日だけは土日の休日を利用して色々と買い物をしたりとか休んだりしたいという人が有休を取って引っ越しに当てるというケースが多いようで割高になりやすいと言われております。

時間帯については午後だと引っ越しが終わった後に自由に行動する時間が無くなるので不人気だからです。

引っ越し費用はどうやって決まるの?

引っ越し費用の内訳はどの業者でもだいたい一緒です。

それは運賃・付帯サービス料・人件費・高速道路利用料・資材費になります。

運賃は荷物の量や移動距離や必要な時間などで決まり、付帯サービス料はピアノ運搬費用とかエアコン設置費用などのサービス料となります。

人件費や高速道路利用料は文字通りで、資材費はダンボールや養生などでかかる費用のことです。

この中でも時期によって大きく変動するのが運賃であり、ここが繁忙期になると一気に高くなると言われております。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は県内の引っ越し費用の相場と安くするポイントを紹介を紹介しました。

引っ越し費用を安くするには近距離ならば中小規模の業者に依頼することになるでしょう。

中小企業の業者がサービスで劣るということもありませんが、如何せんネット上での情報が少なくなりやすいというのがネックなので、見積もりをしてみてどういった対応をしてくれたのかで判断するしかないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました