普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

単身の引っ越し費用の金額相場はどのくらい?費用を抑えるコツ!

引っ越し費用をなんとか抑えることができれば、家具や家電にお金をかけることができるのでかなりお得な気分になることができます。

そこで、今回は単身の引っ越し費用の金額相場はどのくらいなのかをチェックしつつ、費用を抑えるコツはどうなっているのかを見ていきましょう。

単身プランと単身パックが何が違うのか、ダンボールはどれぐらいのかずが必要なのか、単身引っ越しにオススメの業者はあるのかも調べてまとめます。

スポンサーリンク

単身の引っ越し費用の金額相場はどのくらい?

引っ越し相場について色々とまとめているサイトがあり、サイトによって料金が結構マチマチなので、ここではSUUMOさんの『引越し見積もり価格はだいたいいくら?平均金額や業者の選び方、引っ越し費用を安くする方法|引越し見積もり・比較【SUUMO】』の数値を参考にしていきましょう。

単身者の金額もこちらにあるデータを参照しています。

こちらのデータを見てみると引っ越し業者が忙しくなる3月や4月の繁忙期の単身での引っ越し料金は荷物が少なければ平均約5.1万円で荷物が多ければ平均約7.4万円となっています。

繁忙期以外の通常期の引っ越し費用は単身者ならば荷物少で平均約4.3万円で、荷物が多めなら平均約5.7万円となっていました。

これが『引っ越し費用の相場表・総額料金と 6月の金額目安 | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド』のデータとなると、単身者の繁忙期での引っ越しは荷物が少ない時で平均約8.6万円で荷物が多い時で平均約11.2万円となっていました。

通常期ならば荷物が少ない人で平均約5.3万円で、荷物が多めの人で平均約7.3万円とのことです。

やはりどちらを参考にするのかでもかなり変わってきますので、とりあえずの目安として捉えた方がいいでしょう。

単身の引っ越し費用を抑えるコツ!

単身引っ越しの費用を抑えるコツは他の引っ越し費用を抑えるコツと大きく変わることはありません。

ただし、単身での引っ越しは単身パックを使えるかどうかが費用に直結するので、費用対効果で考えて優先すべき事項が変わってきます。

基本的に引っ越し費用を抑えるコツは以下の3つであり、これはどんな条件の人でも変わることがありません。

・そもそもの荷物を減らす
・安い時期や時間に依頼する
・安い料金のところに依頼する

それでは具体的に内容を抑えていきましょう。

そもそもの荷物を減らす

引っ越しの料金は移動距離と作業そのものの拘束時間、そして荷物の量によって決まることが多いです。

その中でも移動距離と拘束時間に関しては依頼した側がどうにか制御できるものではありません。

つまり、出来る事は荷物の量をどうにかすることなのです。

わかりやすいのが断捨離ですが、単身での引っ越しになるとこの余計な荷物を捨てるという行為が大きくなってきます。

というのも、単身での引っ越しはコンテナボックスに入る荷物の量にすることができればいわゆる『単身パック』とか『単身引っ越しサービス』に依頼することができるので、料金をかなり抑えられるようになるのです。

これが家族での引っ越しとなると利用できないプランとなるので難しくなるのですが、単身ならばこれを活用することでかなり費用を抑えられるのでお勧めとなっています。

安い時期や時間に依頼する

引っ越し業界にも繁忙期があり、繁忙期ほど料金が高くなります。

時期としては3月と4月と大型連休が料金が高くなるタイミングです。

時間ならば午前中、時期ならば上旬~中旬の週末が高くなるタイミングなので覚えておくといいでしょう。

この高くなるかどうかは業界の料金カレンダーを見ると一発なので、そちらを活用するといいでしょう。

先ほど紹介した単身パックとこの時期調整が上手くいくと一気に費用が抑えられるようになります。

安い料金のところに依頼する

これも考え方はシンプルで、相見積もりをして安い所を見つけて依頼するだけです。

また、相見積もりをして他者の料金を知ることで、その料金を基準に値下げ交渉ができるというのも大きいでしょう。

あとは、特別なキャンペーンを実行しているかどうかも抑えた方がいいです。

引っ越し業者が実地しているキャンペーンは活用すると費用をかなり抑えられるので、見積もりをするついでにどういったキャンペーンをしているのかも確認してください。

単身の引っ越しで費用が高くなる時は?

先ほど費用を抑える方法を3つ紹介しました。

それが『そもそもの荷物を減らす』と『安い時期や時間に依頼する』と『安い料金のところに依頼する』の3つです。

費用が高いという状態ならばこの3つのどれかを上手く活用できていないと言えるでしょう。

ただし、時期について調整ができないという人は荷物の量をへらしつつ安い業者を探すといった対応が必須となってきます。

会社側から色々と指定されているという人は時期をずらすことも難しいと思いますので、そういった人は荷物量と依頼する会社を色々と調整しましょう。

単身での引っ越しならば先ほど申したようにとにかく単身専用パックが利用できるかどうかがとっても重要なので、このパックが活用できるようにうまく荷物量を抑えましょう。

会社によっては依頼する会社も指定されていることがありますが、引っ越し費用に関してはある程度会社負担となっているのでどこまで会社側が負担してくれるのかをチェックしつつうまく活用するのが理想となってきます。

単身プランと単身パックの違いは?

参照URL:https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/moving-s/tanshinpack-s-l/

単身プランと単身パックの違いについて見てみましょう。

これは実は似ているようでかなり異なりますので要注意です。

まず単身パックとは上記の画像にあるように、あのコンテナボックスに入る荷物量の時に依頼できる引っ越しプランとなります。

これは引越し業者側が荷物を簡単に運ぶことができるようになるので、費用もかなり抑えられるようになるのです。

ただし、『単身パック』という言葉が日通の商標登録なので、他の業者は別の呼び方をしています。

そして単身プランとはこの単身パックとは異なりコンテナボックスを使わないプランの事で、単身パックよりも運べる荷物の量は多めですが、料金的には割高になってしまいます。

ダンボールの数はどのくらい必要?

単身での引っ越しに必要になるダンボールの数は10個から15個程度です。

ただし、依頼する業者によってダンボールのサイズはS・M・Lと用意されているのでサイズによってはダンボールの個数も変わってくるでしょう。

とりあえず、単身専用パックに収まるようにダンボールを活用してください。

単身の引っ越しにオススメの業者は?

これは明確なことは言えません。

クロネコヤマトのような大手ならば大手のメリットがありますし、地域密着型の業者ならば業者ならではのメリットがあります。

なので、両者に相見積もりを出して、そのときにどのような対応をしてもらったのかを含めて自分で判断した方がいいでしょう。

大手の業者でも担当してくれた人によって評価は大きく変わるので、ここだから大丈夫という声を上げるのは難しいのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は単身の引っ越し費用の金額相場はどのくらいなのか、費用を抑えるコツはあるのかを調べてまとめてきました。

単身での引っ越しはコンテナを上手く利用できる単身パックが活用できるかどうかで大きく変わります。

特に、このパックを利用できるかどうかで繁忙期になると費用がかなり変わってきますので、まずは単身パックを活用できる荷物になっているかを調べた方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました