普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

2人暮らしの引っ越し費用はどのくらい?料金はどうやって決まる?

引っ越しの費用はどうにかして安くしたいと色々と調べている人も多いでしょう。

そこで、今回は2人暮らしの引っ越し費用はどのくらいなのか、料金はどうやって決まるのかを見ていきましょう。

2人暮らしをしている方はどの程度の引っ越し費用になってくるのか、単身とはどれぐらいの差があるのか、そもそも引っ越しに必要な手続きはどうなっているのかもチェックします。

引っ越し作業に必要なことをここでしっかりと確認していきます。

スポンサーリンク

2人暮らしの引っ越し費用はどのくらい?

2人暮らしの引っ越し費用を3月と4月の繁忙期とそれ以外で見ていきましょう。

繁忙期の2人暮らしにおける引っ越し費用は約10万円で、繁忙期から外れると約7.5万円となります。

参考にしたのはこちら『二人暮らしの引越し費用相場と総額料金の目安 | 引越し見積もりの引越し侍』とこちら『引越し見積もり価格はだいたいいくら?平均金額や業者の選び方、引っ越し費用を安くする方法|引越し見積もり・比較【SUUMO】』です。

このように繁忙期かどうかでかなり金額が変わってくるので、料金を抑えるための簡単なやり方でこの時期をずらすというものがよく紹介されています。

しかし、ずらしたくてもずらせないという方も多いと思いますので、そういった方は別のやり方で費用を抑えていきましょう。

引っ越しの費用はどうやって決まる?

引っ越し費用がどうやって決まっているのかを知るには、具体的にその費用の内訳がどうなっているのかを知る必要があります。

その内訳は運賃・実費・サービス料の3つです。

まず、運賃についてですがこれには積載量や移動距離、作業時間や作業をする時間帯なども考慮する必要があるので変動幅が大きいです。

次に実費ですが、これは作業員の人件費が含まれており人件費以外に高速道路利用料や梱包や養生に用いる資材費用も含まれています。

最後にサービス料についてですが、これはエアコンの設置や取り外しといった有料のオプションサービスのことです。

繁忙期に料金が跳ね上がる理由はこの実費の部分が膨れあがるからで、時期的にはしょうが無いと言えるでしょう。

忙しい時期はドライバーなどの人を確保するのも大変で、他よりもいい給料を出すといった待遇を示さないといけないので連鎖反応的に引っ越し費用も上がってしまいます。

引っ越し費用の相場はどのくらい?

次は引っ越し費用の相場を見ていきましょう。

先ほど2人暮らしの相場は紹介したのでそちらは軽く紹介します。

2人暮らしの場合

2人暮らしの相場は繁忙期なら約10万円で、繁忙期から外れると約7.5万円です。

道市区町村での移動ならば1割程度価格を抑えられますが、他県への移動が必要な人は一気に料金が上がるので注意してください。

500kmを超える移動が必要な人は2倍以上の費用になってきます。

単身の場合

単身者は費用がかなり抑えられます。

ただし、荷物の量に左右される部分もあるので注意しましょう。

単身パックで荷物が抑えられるような人は繁忙期でも約5万円、繁忙期から外れると4.4万円程度となっておりかなり安いです。

ただし、荷物が多くなると料金が3割から5割増しになるので注意してください。

移動距離による費用アップも荷物の量が多ければ多いほどアップしているので、少しでも引っ越し費用を抑えたいという方は荷物を減らしましょう。

引っ越し費用を安くする方法は?

引っ越し費用を抑える方法はシンプルです。

それは『価格の比較をしつつ業者が暇な時期やタイミングに依頼をして、そもそもの荷物を減らす』という考え方になります。

欲を言えば移動距離を短くするという方法もありますが、移動距離を短くした結果日常生活に不便が生じるところに居を構えることになったら本末転倒ですので、移動距離で安くするという手法はとりません。

具体的に解説するとその手法は以下のとおりになります。

・相見積もりをして見積もり比較をする
・繁忙期を避ける
・引っ越し希望日に幅を持たせる
・余計な荷物は持っていかずに引っ越し前に断捨離する

それぞれのやり方について掘り下げていきましょう。

相見積もりをして見積もり比較をする

値段を抑えるための必須テクニックが相見積もりです。

相見積もりは同じ条件で様々な業者に見積もりをしてもらうというやり方で、引っ越し以外でも見積もり比較をする必要がある案件ならば必ず使う方法となります。

これをすれば簡易的にも安いところを見つけることができますし、他者の見積もり結果から値下げ交渉をすることも可能となるでしょう。

繁忙期を避ける

これもシンプルに3月と4月を避けるというやり方です。

これができれば引っ越し費用をかなり抑えることができます。

しかし、これも難しいという方は他の方法で費用を抑える必要が出てくるでしょう。

新学期が決まっている人や異動辞令による移動日が指定されている人にはちょっと難しいやり方とも言えます。

引っ越し希望日に幅を持たせる

引っ越し費用は曜日や時間帯によっても変わります。

なので、費用を抑えたいという方は大雑把な期間を指定してその中から安い日や時間を指定するといいでしょう。

高確率で平日の午後を指定されることになると思いますが、指定されても問題ないという方はその時間帯に移動できるように調整してください。

余計な荷物は持っていかずに引っ越し前に断捨離する

そもそも論ですが、引っ越しの費用は荷物が少なければ安くなるのです。

たとえ家族での引っ越しだったとしても荷物を最低限にしてしまえば費用はかなり抑えられます。

なので、引っ越し前に断捨離をして余計な荷物を持っていかない状態にしてしまうのが費用を抑えるためのコツとなってくるのです。

2人暮らしの引っ越しにオススメの業者

これはアート引越センターや日本通運といった大手から選ぶか、地域密着型の業者を選ぶのかの2択をまずしないといけません。

あとはオプションがどうなっているのか、価格はどうなっているのか、見積もりを依頼したときの対応はどうなっているのかなどで反応してください。

明確な答えはありません。

引っ越しに必要な手続き一覧

引っ越しで必要な手続きはものすごく多いです。

手続きだけでもかなりの数になるので箇条書きでまとめます。

引っ越し前手続き

・引っ越し業者手続き
・賃貸物件解約手続き
・駐車場解約手続き
・新規駐車場契約手続き
・インターネットや固定電話や衛星テレビの解約及び住所変更手続き
・転出届けや転居届
・国民健康保険の住所変更手続きまたは資格喪失手続き
・印鑑登録の廃止
・児童手当の住所変更手続きまたは受給事由消滅届手続き
・介護保険被保険者の住所変更手続きまたは返納手続き
・ペット登録変更手続き
・転園及び転校に関する手続き
・勤務先住所変更手続き
・電気ガス水道の停止と開始手続き
・郵便物配送先変更手続き
・郵便局における転送手続き
・携帯電話の住所変更手続き
・NHKの住所変更手続き
・保険関連の住所変更手続き
・クレジットカードなどのカード関連の住所変更手続き
・インターネット通販サイトにおける住所変更手続き

引っ越し後の手続き

・転居届や転入届の提出
・マイナンバーカード住所変更手続き
・印鑑登録手続き
・国民健康保険加入手続き
・国民年金住所変更手続き
・児童手当の認定申請
・福祉手当や医療制度の住所変更手続き
・運転免許証の記載事項変更手続き
・自動車の登録変更手続き
・車庫証明

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は2人暮らしの引っ越し費用はどのくらいなのか、料金はどのように決まっているのかをまとめました。

引っ越し費用は荷物の量や時期や時間帯によって大きく変わりますので、抑えたいという方はうまく調整する必要があります。

特に、荷物の量にはかなり左右されますので、余計な荷物は廃棄するという決断も重要です。

引っ越してから家具や家電を買いそろえるというやり方もあるので、色々と考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました