普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

十日戎の由来や意味を教えて!福笹や熊手にはどういう意味がある?

福笹や熊手の飾り方や方角はどうしたらいい?

十日戎とは正月10日に行われる民間行事のことです。

主に西日本を中心に行われている祭礼で、その内容(意味)は七福神の一柱である恵比須神をお祀りし、商売繁盛の祈願をするものです。

その起源(由来)は豊臣政権時代、つまり戦国時代末期頃からとされています。

このころから恵比須神信仰が盛んだったようです。

今回は、そんな十日戎の由来や意味と一緒に十日戎で飾る熊手や福笹の飾り方について解説していきます。

スポンサーリンク

十日戎の由来や意味

戦国時代末期頃は商人たちが躍進し出したころでもありました。

そのため、七福神の一柱で商売繁盛の神様である恵比須神を信仰している商家の多い町がどんどん発展していったそうです。

江戸時代に突入すると、関西では商人が一番栄えるようになったとされます。

そのため、恵比須神に商売繁盛の祈願をする十日戎は関西では盛んに行われるようになったようです。

そんな十日戎は1月10日、もしくは1月9日から1月11日の三日間の間に開催されています。

三日間で開催する場合は1月9日を「宵えびす」、1月10日を「本えびす」、1月11日を「残りえびす」と呼びます。

いずれにしても1月10日をメインとしているのは諸説ありますが、1月10日が恵比須神の誕生日だからという説があります。

福笹や熊手について

十日戎では福笹や熊手が売られています。

福笹は商売繁盛のご利益がある縁起物とされています。

また、福笹を恵比須神が持つ釣り竿に見立てて飾るという説もあるようです。

熊手はものをかき集めることから「福や金運をかき集める」縁起物として知られていますよね。

そのため、商売繁盛を祈願する十日戎でも縁起物の一つとして売られているそうです。

福笹

十日戎で福笹が縁起物とされているのは、笹の大元である竹の性質に由来します。

竹は真冬でも枯れることなく青々とした葉をつけ、真っ直ぐに伸びることから生命力の強い神聖な植物と考えられてきました。

その真冬の寒さにも耐える生命力の強さを苦難や逆境にも耐えられる商売人魂と結び付け、「商売をする上で訪れる困難を乗り越えよう!」という意味をこめて福笹を縁起物としたようです。

そんな福笹に米俵や小判、鯛を模した縁起物を付けて飾ることで福を招くとされています。

また、十日戎では祭事の際に「商売繁盛で笹を持ってこい!」という掛け声がかけられるようです。

熊手

酉の市などでも売られている熊手は十日戎でも招福の縁起物として売られています。

熊手は穀物や落ち葉などをかき集めるための農具で、物をかき集めるために使われることから「福や金運をかき集める」縁起物として酉の市などで販売されるようになったようです。

福笹と同じように米俵や小判、鯛などを模した縁起物の飾りが付けられています。

酉の市や十日戎で買った熊手や福笹を家に持ち帰り飾ることで商売繁盛を祈願したと言われています。

また、熊手の場合は昨年買ったものよりも大きな熊手を購入することで商売繁盛に繋がるとも言われています。

福笹や熊手の飾り方は?

十日戎で購入した福笹と熊手はどこに飾ればいいのかと言うと、福笹は本来、神棚に飾るのだそうです。

神棚がない場合は頭より高い位置で清らかな場所が良いとされています。

これだと少し分かりづらいですが、要するに頭より高くてきれいな場所に飾ればOKだと思われます。

玄関やリビングなどの人が集める場所がベストのようです。

ポイントは福笹が落ちないようにしっかり固定することです。

熊手も神棚に飾るものですが、神棚がない場合は福笹と同様に高い位置に飾るのが基本とされています。

特にベストな場所は玄関の高い場所です。

熊手を玄関に飾っておくと福を取り込みやすいと言われています。

熊手を玄関に飾る際には入り口に向けて飾ると良いとされています。

福笹と熊手の飾り方への注意点としては、

1.天井にピッタリくっつくように飾らない。
2.他の開運グッズと一緒に置かない。
3.トイレやゴミ箱の近くは避ける。
4.置き方に注意する。

この四つを守れば大丈夫なようです。

飾る方角について

飾る方角にもベストな場所があるようです。

十日戎の福笹と熊手を飾るのに良いと言われている方角は、太陽が昇る東の方角か、もしくは太陽が通過する南の方角と言われています。

ここで注意しなければならないのは、東側や南側に飾るということではないということです。

福笹と熊手を東側か南側に飾るのではなく、福笹と熊手が東の方角か、もしくは南の方角を向くようにして飾らなければなりません。

つまり、東の方角に向くように飾るのなら西側に、南の方角に向くように飾るのならば北側に飾るというわけです。

処分の仕方を教えて!

福笹と熊手の処分の仕方はお守りと一緒です。

購入した神社に返納しなければならないので、福笹と熊手を購入した神社に返納するのが処分の仕方になります。

購入した神社が遠い場合は近場の神社でも大丈夫なようです。

また、どうしても忙しくて神社に返納しにいく暇がない人は自宅で処分する方法があります。

福笹と熊手をお清めの塩と一緒に新聞紙に包み、ゴミとして処分してしまってもOKだそうです。

熊手の場合は神社で作るものではないので、神様の御魂が入っていないという扱いになるようです。

ちなみに、福笹と熊手はどのくらいで処分するのかと言うと、購入にしてから1年とされます。

これは福笹と熊手の効果が1年であることが理由になります。

1年経った福笹と熊手は神社に返納しに行くか、もしくは塩で清めて新聞紙に包んで処分するようにしてください。

まとめ

十日戎は関東住まいだとあまり聞きなれない行事ですね。

毎年恒例の福娘や福男選びが十日戎の行事だそうですが、他に何をする祭事なのかは知りませんでした。

酉の市は聞いたことはあるのですが…。

どうやら、関西から西日本を中心に広まったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました