普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

社日にお供えする具体的なものは何?正しいマナーや料金相場!

スポンサーリンク

今回はお彼岸と比べると圧倒的に影が薄くなってしまった『社日』についてお話しします。

個人的にもお彼岸はいろいろとお墓参りなどに行った記憶がありますが社日となると特に行動した記憶がなく、そもそもいつなのかがわかりません。

そこで、ここではそもそも社日には何をお供えすればいいのか、お供えに関するマナーはあるのか、選び方はどうしたらいいのか、料金相場はどうなっているのか、一体いつなのかを探ってまとめて行きましょう。

スポンサーリンク

社日にお供えするものは何?

社日にお供えするものをいろいろと調べると社日はまず春と秋の2回あります。

そして、春の社日は五穀豊穣を祈るために麦やお米をお供えするとのことです。

次に、秋の社日は収穫したばかりのお米やおはぎやお米でできたお酒をお供えするとのことでした。

ただし、この社日はかなり地域の風習や文化が取り込まれている傾向があるとのことで、地域オリジナルのお供えがあると聞いたことがあります。

地域によっては最初に刈り取った稲、つまり『初稲』をお供えするといった風習もあるとのことなので、初めて参加するという方はお供え物はどうなっているのかを地元の方に聞いてみて判断した方がいいでしょう。

また、ここでお供えするお酒は『治聾酒(じろうしゅ)』と呼ばれるものであったり、作物以外では『お潮井』と呼ばれる砂浜の砂で家や自身の厄を祓うといった風習があったりします。

社日のお供えに関する正しいマナー!

社日のお供えに関する正しいマナーですが、これは五穀豊穣をお祈りするため産土神(生まれた土地の守護神)を祀る日であることを意識すれば自然とわかってきます。

つまり、やってはいけないことというのは収穫物とは関係ないものをお供えすることでしょう。

具体的には肉や魚をお供えするのはNGという意見が多くありました。

逆にOKなのが収穫に関するものなので、お米や稲以外だと野菜や種が該当しているようです。

ただし、この考え方もその地域の風習に大きく関係しているので、社日に関してどのようにそのエリアではどのような考え方になっているのかを調べた上でマナーを意識しましょう。

こういった風習は他のエリアでは推奨されていたけど、ここではNGだったというパターンが結構あるので要注意です。

お供え物の選び方はどうしたらいい?

社日のお供え物は基本的に産土神(生まれた土地の守護神)へのお供え物となっているので、そのエリアの神様に推奨されるものを選ぶといいでしょう。

ただし、この社日は地域と結びついた風習になっていることが多いので、自分で判断せずに何が推奨されているのかを聞いてから選んでください。

これがわかりやすく間違いないやり方です。

聞ける人が誰もいなかったという人はとりあえず、春の社日は五穀豊穣を祈るために麦やお米をお供えするという情報と、秋の社日は収穫したばかりのお米やおはぎやお酒をお供えするという情報を信じるしかないでしょう。

お供え物の料金相場は?

これもいろいろと調べてきたのですが、社日がマイナーすぎて金額についてまとめているものが見つかりませんでした。

見つかるのがほとんどお彼岸にまつわるお供えの金額なので、あまり参考になりません。

お彼岸では3,000円から5,000円というパターンが多かったので、とりあえずそれに倣うといいかもしれません。

コレも正直わからないので、社日に何らかのイベントがありお供え物が必要という場所に引っ越したのなら、周りの人達に聞いて確認してください。

社日の期間はいつ?

社日は春分と秋分にもっとも近い「戊(つちのえ)の日」です。

つまり期間はその日1日となります。

お彼岸は春分の日と秋分の日を中日にした前後3日を含めた1週間でしたが、こちらは1日だけなので覚えやすいでしょう。

ちなみに、2023年と2024年は以下の通りです。

2023年:3月21日と9月27日
2024年:3月25日と9月21日

お彼岸と比べるとやたらと日付がずれているのはなぜ?

社日に近い時期に行われる風習にお彼岸があります。

お彼岸はいわゆる秋分の日や秋分の日を起点にして考えますが、これは太陽の位置によって変わり、毎年1日程度のずれが発生するのです。

しかし、社日は2023年と2024年の違いを見るだけで6日以上ずれています。

なぜこのようなずれが大きく発生するのでしょうか。

それは、社日は春分と秋分にもっとも近い「戊(つちのえ)の日」というルールがあるからです。

この「戊の日」というのがポイントで、これは甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10要素からなる十干から来ています。

この十干はそれぞれの日に当てはめられており、先ほど記載したように甲⇒乙⇒丙⇒丁⇒戊⇒己⇒庚⇒辛⇒壬⇒癸⇒甲⇒乙⇒・・・といった形で10日サイクルでループしているのです。

つまり、「戊の日」が訪れる可能性は10日に1回のみとなります。

そのため、毎年そのサイクル分ずれる可能性があるという事になるのです。

これが結構厄介なので、社日にイベントがある地域の方は注意しておきましょう。

昨今のカレンダーではこういった十干十二支がカレンダーに書いていないことが多いので、書いてあるものを用意するといいかもしれません。

社日にやってはいけないこと

次はこの社日にやってはいけないことをまとめていきましょう。

この日は土に関する神様の産土神(生まれた土地の守護神)へのお供え物をする日なので、土いじりといった行動全般を避けるべきと言われております。

農作業ができない日と考えておけばいいでしょう。

そもそも社日って何?

そもそも今回紹介している社日がよくわからないという人も多いでしょう。

答えは春と秋にある産土神を祀る日で、春分または秋分に最も近い戊の日が対象となっているのです。

読み方はいくつかあり『うぶすながみ』『うぶしなのかみ』『うぶのかみ』となっています。

この産土神がそもそも何なのかというお話なのですが、これは神道におけるその者が生まれた土地の守護神となります。

昔の風習になるのですが、神様への信仰が厚かった時代ではそこで産まれた人は生まれる前から死んだ後まで守護する神がいるという考え方があって、その対象が産土神だったのです。

この産土神への信仰を産土信仰と呼び、その地域ごとの産土信仰が発生しました。

こういった背景があるため、地方事に社日のルールなどが異なっているのです。

ただし、現代ではこういった信仰が若い人達を中心に一気に薄れているので、社日も含めて産土神も知らないという人がたくさんいるでしょう。

社日に関するよくある質問まとめ

「社日」とはどのような意味がありますか?

「社日」(しゃにち)は、日本の旧暦における雑節の一つで、特に神社への参拝に適した吉日とされています。

この日は神々の恩恵を受けやすいとされ、神社での祈祷やお祓いなどの宗教的行事に適していると考えられています。

社日に行うと良いとされる行事や活動はありますか?

社日には、神社への参拝や祈願、神事、お祓いなどが推奨されます。

また、新しいことを始めるのにも良い日とされており、結婚式や事業の開始、重要な契約の締結などにも適しているとされています。

社日はどのようにして決定されますか?

社日は、旧暦の特定の日に設定されます。

具体的には旧暦の1月、5月、9月の1日、および2月、6月、10月の1日に社日が設定されることが多いです。

ただし、年によって多少の変動があります。

社日は他の六曜とどのように関連していますか?

社日は六曜(先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)とは異なりますが、同じく吉日としての性質を持っています。

六曜は日々の吉凶を表すのに対し、社日は特定の吉日として、特に神事や新しい始まりに適した日とされています。

現代の生活において、社日を意識することにはどんな意義がありますか?

現代の生活において社日を意識することは、日本の伝統文化への理解を深めるという意義があります。

また、重要な行事や決断をする際に吉日を選ぶことは、精神的な安心感や幸運を感じることにつながるかもしれません。

しかし、現実の効果には個人差があり、一つの参考として考慮するのが適切です。

社日に特定の食べ物や行事食はありますか?

社日に関連して特定の食べ物や行事食が定められているわけではありません。

社日は神社への参拝に適した日とされているため、食事よりも神事や祈願に重点が置かれています。

ただし、地域によっては社日に特有の風習や行事が存在するかもしれません。

社日に参拝する際のマナーや注意点は何ですか?

社日に参拝する際のマナーとしては、清潔な服装で訪れる、参道を歩く際には真ん中を避けて端を歩く、拝殿での二拝二拍手一拝の作法を守るなどがあります。

また、静かに行動し、他の参拝者への配慮を忘れないことも重要です。

現代のカレンダーで社日を確認する方法は何ですか?

現代のカレンダーで社日を確認するには、六曜や雑節が記載されている暦を参照する必要があります。

多くの日本のカレンダーには六曜が記されていますが、雑節を含むものは少ないため、専門の暦やオンラインの暦サービスを利用するのが良いでしょう。

社日に関連する伝統行事や風習は日本各地で異なりますか?

社日に関連する伝統行事や風習は日本各地で若干の違いがあります。

一般的には神社への参拝が中心ですが、地域によっては特有の祭りや行事が社日に行われることもあります。

これらはその地域の歴史や文化に根ざした独自の風習と言えます。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は社日にお供えするものは何なのか、正しいマナーや料金相場についてもまとめました。

○社日にお供えするのは穀物、そしてお酒!

○ただし、社日は地域ごとのルールがいろいろとあるため社日の行事に参加するならその地域のルールを確認すること!

今回紹介した社日はかなりマイナーな雑節の一つです。

筆者が昔住んでいた地域では社日に関するイベントは一切ありませんでした。

そういったレベルの行事ですので、初めての方はその地域のルールを学んだ方がいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました