普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

引っ越しで退去するときにベランダ掃除は必要?注意点を解説!

スポンサーリンク

今回は集合住宅のベランダ掃除について、引っ越しで退去するときにそもそも必要性があるのか、注意点を含めて解説していきます。

アパートやマンションを出るときは原状回復の義務という部分を意識しないといけないのですが、この原状回復とは一体どこまでやらないといけないのかが、いっつも焦点になります。

まずは、どこまで掃除をしないといけないのかをお話ししつつ、原状回復義務レベルの掃除とはどんな物なのかも見ていきましょう。

スポンサーリンク

引っ越しで退去するときにベランダ掃除は必要?

結論から記載すると、引っ越しで退去したときはベランダ掃除をした方がいいです。

どのレベルまでするのかは正解は結構難しいですが、していないと原状回復義務の部分で高確率で揉めるのでやっておきましょう。

賃貸トラブルは長引くことも多く本当に面倒くさいのでそういったトラブルを回避するためにも、きちんと掃除してから退去するという考え方は持った方がいいでしょう。

退去時のベランダ掃除はどこまでするべき?

このどこまで掃除するべきなのかとのラインを引くのもちょっと難しいのですが、個人的に押さえておきたいのは以下の3点となっています。

・排水溝の詰まりが発生しているか
・私物があるか
・壁や床に変色があるか

この3点です。

これらをきちんと対処することができればベランダ掃除はできていると言えるでしょう。

逆に言えば、この3つはしっかりと対応しないと退去するときに何らかのトラブルになる可能性が出てしまうと言うことです。

今回紹介する掃除方法は、これらの変色への答えにもなっているので参考にしてください。

簡単にできる!ベランダ掃除のやり方とポイント!

ここでは、壁の変色や床の変色が発生してしまっているという前提で掃除方法を紹介します。

時間はかかりますが掃除そのものは簡単ですので、ちゃんとついてきてください。

準備するもの

床と排水溝掃除用の道具

ゴムポンバスブラシ
ペットボトル式ジェット水圧ブラシ
ウタマロクリーナー
・塩素系漂白剤スプレー
・ラップ
・新聞紙
・ほうき
・ちりとり
・キッチンペーパー
・水拭き用のモップ(できれば回転モップ)
・雑巾
・マイクロファイバークロス
・掃除用手袋
・マスク
・バケツ
・ゴミ袋

壁掃除用の道具

・ウタマロクリーナー
・クリームクレンザー
・メラミンスポンジ
・スポンジ
・ラップ
・雑巾
・掃除用手袋
・マスク
・バケツ

やり方

まずはガッツリと床の黒ずみを落として、カビや苔が発生しているのならそれらの汚れも落とします。

その次に壁の掃除をするというやり方です。

壁はちょっと特殊なやり方が必要なので、壁が真っ黒という方は先に床を含めた全体の掃除をしましょう。

■簡単にできる!ベランダ掃除のやり方

①掃除用具一式を用意しておく
②掃除用の手袋を着用して、ベランダにあるプランターなどをいったん全部どかし不要な物は捨てる準備をする
③鳥のフンによる汚れがないのかをまず確認する
④発見したら、マスクをしたあとに塩素系漂白剤スプレーを鳥のフンに噴射する
⑤ラップをして5分程度放置する
⑥放置が終わったらキッチンペーパーで拭き取り、拭き取ったキッチンペーパーはすぐにゴミ袋に捨てる
➆新聞紙を水で濡らして適当な大きさにちぎる
⑧ちぎった新聞紙を床にまいたら、ほこりで新聞紙ごとゴミや埃を掃きとる
⑨あまりにもほこりやちりが溜まりすぎているのなら➆と⑧をひたすら繰り返す
⑩排水溝の蓋の周りにあるゴミで大きな物をある程度除去する
⑪蓋を開けて溜まっているゴミを取り除く
⑫ウタマロクリーナーを水で濡らした雑巾に噴射して、手すりや壁やよく触る場所を中心に拭き取っていく
⑬ゴムポンバスブラシを使って黒ずんでいるところを中心にこすり洗いしていく、水が足りないと感じたらペットボトル式ジェット水圧ブラシなどを使って濡らしていく
⑭苔やカビが発生しているところは塩素系漂白剤スプレーをしてラップをかぶせてから5分程度放置する
⑮ラップを剥がしたらゴムポンバスブラシでこすり洗いして汚れを落とし、洗い流す
⑯汚れが落ちたら水で濡らしたマイクロファイバークロスで拭き取る
⑰乾いたマイクロファイバークロス拭き取る
⑱排水溝を再度チェックし、ウタマロクリーナーを噴射してこすり洗いしていく
⑲ベランダ全体と床の集中掃除はここで終了

■真っ黒な汚れが発生してしまった壁掃除

①前段階の掃除で壁を含めてウタマロクリーナーを使った拭き掃除は終わらせておく
②スポンジをラップで包み、その上にクリームクレンザーを塗布して黒くなった壁をこすり洗いしていく
③水で濡らして黒ずみが落ちたか確認する
④黒ずみが残っているのなら、もう一度ラップで包んだスポンジとクリームクレンザーでこすり洗いするか、水でたっぷりと濡らしたメラミンスポンジでこすり洗いする
⑤乾いた雑巾で拭いて水気を飛ばしたら終了

注意点

・排水溝が詰まっているときはワイヤーブラシなどを用意して別途対応すること
・とにかくほこりやちりが舞うので、必ず濡れた新聞紙などを使って飛び散らないようにすること
・室内のタイルならば掃除機でほこりなどを吸い込むのだが、外の汚れを掃除機で吸い込みたくないので新聞紙を使って土埃や砂埃を除去する
・風が強い日はほこりやちりが舞いやすいので避けた方がいい
・塩素系漂白剤スプレーを使って掃除をするとかなりの臭いが出るので、掃除をする前にご近所には必ず説明すること
・マンションによっては水の使用を制限されているところもあるので、どこまで水を使っていいのか必ず確認すること
・水が使えたとしても近隣住民に迷惑をかけるような使い方はNG、特に大量に水を使うと隣の部屋や階下の部屋に水しぶきが飛ぶ可能性があるので要注意
・鳥のフンは大量の病原菌が含まれているので、除去作業をする時は安全のためにマスクを必ず着用すること
・鳥のフンを除去した後は病原菌抹殺のためにもエタノールか塩素系漂白剤で除菌した方がいい
・鳥のフン掃除に使ったキッチンペーパーからも感染する可能性があるので、掃除に使った後はいち早くゴミ袋に入れて封をすること
・ベランダに設置してある排水パイプはけっこうもろいものもあるので、ぶつけないように要注意
・塩素系漂白剤はいろいろと注意点があるので、使うときはそれらをよく読んでから用いること
・苔やカビは塩素系漂白剤を使って落とす
・壁の黒染みは塩素系漂白剤では落ちない、必ずクリームクレンザーを使って対応すること

ベランダ掃除に役立つ便利グッズ!

ベランダ掃除に役立つのは使い勝手のいい洗剤と、黒ずんだ汚れでも落とせるブラシです。

個人的にめちゃくちゃオススメなのが中性洗剤の『ウタマロクリーナー』になります。

これは予洗いにも使えますが、洗浄力が高いので予洗いでもある程度の汚れが落ちる温は助かるでしょう。

あとは、黒ずんだ汚れもかなり落とせるゴシゴシ洗い用ブラシとして『ゴムポンバスブラシ』を選んでいます。

こちらはしっかりと洗えるブラシなのでしつこい汚れが発生しやすい場所には本当に便利ですよ。

あとは、『クリームクレンザー』や『メラミンスポンジ』があると役立ちます。

ベランダ掃除を業者に依頼するときのコツ!

あまりにもよごれてしまったベランダを元に戻すためにはプロの業者に依頼するのもありでしょう。

プロの業者に依頼するときはいろいろと条件がありますが、まずは自分の理想とする条件にガッツリと当てはまったところがあるのかを絞り込んでください。

まずは料金・距離・お店評価の3点からスタートします。

この3つで納得できるところを見つけたら、見積もりの中身・店員の対応・追加依頼できるオプションの有無・水が使えない集合住宅などの条件に対応しているかといった要件をチェックします。

それらの条件を全てクリアしたところに頼んでください。

まとめ

以上、いかがでしたか。

今回は引っ越しで退去するときにベランダ掃除は必要なのか、注意点とセットで解説してきました。

原状回復義務はどの程度なのかはそのマンションのルールや大家さんの気分によっても変わってくるため、正直なんとも言えません。

こういった不確かな物を相手にするときは、こちら側に非がない状態にするのが理想的なのでしっかりと美しいベランダに戻してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました