普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

熱帯夜でも快眠できるエアコンの使い方を教えて!温度設定は?

熱帯夜でも寝る時のエアコンはつけっぱなしの方がいい?

寝苦しい熱帯夜、快眠できず本当につらいですよね。

そんな時の強い味方がエアコンです!

近年の暑すぎる日本においては、熱帯夜がかなり多くなっています。

夜でも簡単に熱中症になってしまう時代です。

そんな熱中症や寝苦しさを防ぐためにもエアコンを賢く利用しましょう!

今回は熱帯夜でも快眠できるエアコンの使い方をご紹介します。

ぜひチェックして寝苦しさとは縁のない快眠生活を送ってみてください。

スポンサーリンク

熱帯夜でも快眠できるエアコンの使い方を紹介!

熱帯夜でも快眠するポイント、それは「湿度」になります。

温度じゃないの!?と思う方も多いと思いますが、実は快適な眠りに重要なのは湿度なんです。

人間は眠っているときに汗をかきます。

湿度を低くすることで体感温度を下げ、この汗も逃がすことができます。

この体感温度が下がり、汗を逃がすことができる状態が快眠にとっての鍵になります。

では温度は関係ないの?というともちろん温度も重要になります。

しかし、温度を下げすぎてしまっては快眠どころか風邪の原因になってしまいます。

温度を下げすぎず、快適に過ごせる湿度に保つことが熱帯夜の過ごし方のコツになります。

そこでオススメなエアコンの使い方は「冷房」と「除湿」の両方をうまく活用することです。

まずは冷房でしっかり部屋を冷やし、寝るときには除湿に切り替えるのがポイントです。

快眠するためのエアコンの温度設定

冷房と除湿の両方を使って熱帯夜でも快眠を得ることができますが、温度設定を間違えてしまうと何の意味もありません。

人間は「室温26℃、湿度50~60%」の状態になると心地良い眠りにつくことができます。

では設定温度を26℃にしよう!と26℃に設定してしまうと寒く感じてしまう方が多いはずです。

というのも人間は寝ているときに冷えを感じやすくなっています。

そのため、26℃設定で冷房や除湿をつけたままにしてしまうと必要以上に体が冷えてしまいます。

そこでオススメなのが「28℃」に設定することです。

ですが、いきなり28℃の冷房にしてしまっても熱帯夜は暑くてとても快眠どころではないはずです。

睡眠の1時間ほど前からしっかりと部屋を冷やし、お好みの涼しさにしてください。

そして寝る前に28℃の除湿設定にすることで体感温度も湿度も快眠に適した状態にすることができます。

寝る前に部屋を冷やすこと、寝るときには除湿を使うことがポイントです。

エアコンはつけっぱなしがいい?

熱帯夜のエアコンの使い方で良く悩んでしまうのが、エアコンをつけっぱなしにしておくかどうかです。

オススメはつけっぱなしです。

普通の夏の夜にはタイマーを使い途中で止めるのがオススメですが、熱帯夜は違います。

近年の熱帯夜は本当に凄まじいので、エアコンを止めてしまうと一気に部屋の温度も湿度も上昇してしまいます。

せっかく寝付いても暑くて目が覚めてしまうのでは何の意味もありません。

ですので、「熱帯夜の場合は」エアコンをつけっぱなしにしておくのがオススメです。

つけっぱなしにしておくと確かに電気代はかかってしまいますが、具合が悪くなって病院に行くよりは安く済みます。

ぜひ熱帯夜はエアコンをケチらずに、快眠できる温度・運転設定でつけっぱなしにしてください。

寝る時のタイマーはどうしたらいい?

つけっぱなしをオススメしましたが、やっぱりちょっと電気代も気になるし、夏風邪をひくのも心配だし、という方はタイマーをうまく活用するのがポイントになります。

オススメの使い方はタイマーを3時間から4時間に設定し、除湿機能を使うことです。

人間の睡眠周期は90分です。

3時間から4時間に設定しておくと、90分の眠りの周期が2周します。

この最初の2周、つまり3時間の睡眠が人間にとってとても重要な時間になります。

ですので、この間はエアコンを使ってより室温26℃、湿度50~60%を保つようにしてみてください。

たとえタイマーが切れて起きてしまっても、3時間から4時間の睡眠を味わっているのとそうでないのでは、体の疲れが全く異なります。

熱帯夜にやってはいけないエアコンの使い方

熱帯夜にはエアコンを使うのがオススメですが、間違った使い方をしてしまうと夏風邪や倦怠感、頭痛の原因になり快眠どころではありません。

しっかりと快眠を味わうためにもエアコンの使い方には注意してください。

熱帯夜にやってはいけないエアコンの使い方として「エアコンの風を直接体に当てる」ことが挙げられます。

暑い熱帯夜ですので体を効率的に冷やすためにもどうしても直接風を当てたくなってしまいます。

しかし、エアコンの風は絶対に体に直接当てないようにしてください。

エアコンの風が体に直接当たると、体は冷えすぎてしまいます。

また、寝ているときには汗をかくのでより冷えにつながります。

この冷えによって体調不良を引き起こしてしまうのでくれぐれも風向には注意してください。

まとめ

寝苦しい熱帯夜でも快眠できる方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ポイントは最初にしっかりと部屋を冷やすこと、そして除湿機能を使うことです。

とはいえ体感温度には個人差があります。

28℃設定だと暑くてつらいよという方は、微調整をしてみてください。

ぜひエアコンをうまく使って熱帯夜でも快眠を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました