普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

エアコンの洗浄スプレーが効かないのはなぜ?効果はあるの?

エアコンの洗浄スプレーのメリットとデメリットは?

エアコンの掃除に洗浄スプレーを使用したことはありますか?

洗浄スプレーは効果がある!という意見と効かない!という意見があるエアコンにはちょっと厄介な相手です。

では実際洗浄スプレーはエアコンに効果があるのでしょうか。

それでは洗浄スプレーの効果についてやメリット、デメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

洗浄スプレーが効かない原因

私たち一般人がエアコンに洗浄スプレーを使っても「効果がなかった」「一瞬だけよくなったけどすぐに臭くなってしまった」などという意見をよく聞きます。

その理由はエアコンのごく一部にしか洗浄スプレーが使えないことが原因です。

エアコンの内部にはたくさんの部品があります。

洗浄スプレーが使えるのはその中でも熱交換器であるフィンという部分のみになります。

フィンはエアコンの扉を開き、フィルターを取った後にエアコンの上部に見える金属部分のことを指します。

ここには洗浄スプレーを吹きかけることができますが、さらに奥にある水を受けるドレンパンや風を起こす筒状の部品であるファンには洗浄スプレーが届きません。

そのため、フィンは洗浄スプレーできれいになっても中はまだ汚れているので臭いが取りきれません。

これがエアコンに洗浄スプレーは効果がないと言われる理由になっています。

よくYouTubeなどでは自分で分解して洗浄スプレーをかけている人がいますが、かけてはいけない部分にスプレーをかけてしまったり、元に戻せない可能性があるので基本的に分解はしないようにしてください。

洗浄スプレーの効果はどのくらいある?

では実際洗浄スプレーはエアコンにとってどれだけの効果があるのでしょうか。

結論としては一時的には効果があります。

ホコリやゴミ、ダニがつきやすいフィンの部分はきれいにすることができるので、エアコンの不快なにおいを減らすことができます。

しかし、より内部の汚れから発生する臭いやダニは残っているので効果は長く感じません。

洗浄スプレーを使いたい場合は1か月から2か月に1度のペースで使用するのをオススメします。

洗浄スプレーにも様々な種類がありますが、できる限り防カビ効果の高いものを選んだほうが効果は長持ちします。

また、洗浄スプレーを使う時は必ずフィルターの掃除も一緒にすることをオススメします。

どんなにフィンをきれいにしてもフィルターにほこりがたっぷりついていては洗浄スプレーの効果は感じないので注意してくださいね。

洗浄スプレーのメリットとデメリット

エアコン掃除に洗浄スプレーを使うにはメリットとデメリットがあります。

どちらが自分にとって重要かを判断して洗浄スプレーを使うようにしてみてください。

ではそのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

エアコン掃除に洗浄スプレーを使うメリットとして最も大きいのが「安く掃除ができる」という点です。

エアコン掃除を業者に依頼すると1万円程度かかります。

自動お掃除機能が付いているエアコンはさらに高く、状態によっては3万円ほどかかってしまう場合もあります。

しかし、洗浄スプレーを使用すれば1000円ほどでエアコンの掃除をすることができます。

デメリット

エアコンに洗浄スプレーを使用するにあたって、デメリットがあることもしっかりと把握しておかなければなりません。

それは「エアコンを故障させる可能性がある」ということです。

基本的に私たち一般人にはエアコン内部への知識はそれほどありません。

そのため、かけてはいけない部分に洗浄スプレーをかけてしまい、故障させてしまうというパターンが多くなっています。

また、フィンからホコリをとらずに洗浄スプレーをかけてしまうと逆にホコリを中に押し込んでしまい、目詰まりを起こすことがあります。

さらにドレンパンにゴミがたまりカビが生えたり、ドレンパンから一気にゴミが流れることで排水ホースが詰まってしまう可能性もあります。

そして最もよくあるデメリットがしっかり乾かしていないために余計にカビを発生させてしまうということです。

また、洗浄スプレーを内部までかけようと分解して戻せなくなったというパターンもよくあります。

エアコンに洗浄スプレーを使用するとかなりリスクの高いデメリットがあるので注意してください。

正しい洗浄スプレーの使い方

一刻も早く臭いを取りたい、業者に依頼するのはちょっと…という場合、デメリットを把握した上で洗浄スプレーを使用することができます。

その際、エアコンに対する正しい洗浄スプレーの使い方を知っておく必要があります。

まず、必ずエアコンの電源を抜きます。

そして壁に汚れや水、洗浄スプレーがつかないようビニールシートやビニール袋で養生します。

そしてエアコンのカバーとフィルターを外します。

フィンの掃除とは別にフィルターのホコリを取り、水洗いをし、しっかりと乾燥させます。

フィルターを外しフィンが見えたらフィンに洗浄スプレーをかけます。

この時、商品の使用方法をしっかりと読んで確認して置いてください。

洗浄スプレーをかけた後、しっかりとパーツを乾燥させ、元に戻します。

電源を入れ、送風運転でさらに乾燥させます。

くれぐれもフィンより奥の掃除をしようと分解はしないようにしてください。

また、洗浄スプレーを使用して状態が悪化した場合は早めに業者に依頼するようにしてくださいね。

まとめ

洗浄スプレーを使用した際のエアコンへの影響についてはいかがでしたか?

ややリスクが高めな洗浄スプレー。

エアコンの掃除を経済的に行うことも大切なポイントです。

また、エアコンの故障リスクを少なくするのも大切です。

メリットもデメリットも把握して、エアコン掃除に洗浄スプレーを使用するかを決めてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました