普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

失敗しないエアコンの選び方はこちら!選ぶ前にすることは?

エアコンメーカーの比較を一挙紹介!

エアコンを選ぶとき、どんな選び方をしていますか?

エアコンを買おうとするとき、まずチェックするのはお値段ですよね。

値段ももちろんとても大切ですが、エアコンを買う時に失敗しない選び方があるのをご存知ですか?

「安いからこれにしたけど使ってみたらちょっと失敗かな」

「一番機能がいいのを買ったけど、こんなにたくさんの機能使いきれなかったよ」

そんな悔しい思いをしないように、失敗しないエアコンの選び方をご紹介します!

スポンサーリンク

おすすめのエアコンの選び方!

エアコンの選び方は人それぞれですが、出せる金額の上限が決まっている人がほとんどです。

その出せる金額の中で、最も良いエアコンを選びたいですよね。

ポイントは「どの部屋で使うか」「どの機能がいるか」という点になります。

日本人の多くはリビングにいる時間が長いです。

そのため、リビングには上位機種を選ぶのがオススメです。

また、子供部屋や寝室など広さがそれほどでもなく、利用する時間が限られている場所には安めなエアコンを選んでも問題ありません。

ただし、これはその人の生活形態によって変わるので、最も自分がいる部屋、居心地よく過ごしたい部屋に上位モデルを選ぶのが失敗しないコツになります。

また、近年のエアコンはとても進化していてたくさんの機能があります。

しかし、機能がたくさんあるエアコンはやはりお値段がお高いです。

自分にとってどの機能が必要で、どの機能はあんまりかな、という基準を設けておくとエアコンを選ぶときに迷いません。

そのためにもCMやカタログをよくチェックしておくのがオススメです。

エアコンを選ぶ前に確認することは?

自分に欲しいエアコンが漠然とでもつかめてきたら、次に大切なことを確認しなければなりません。

それは「エアコン用のコンセントがあるか」「コンセントの形」「部屋の広さ」です。

エアコンを設置したいと思ってもまずエアコン用のコンセントがなければ話になりません。

もしコンセントがない場合はコンセントを増設する必要があります。

エアコンは電力をとても使うので、他のコンセントとの併用はできないので注意してください。

また、エアコンのコンセントは一般のコンセントと形も異なります。

部屋の広さや対応するボルト数でも形が変わってくるので、エアコンを買う前に一度コンセントの口の写真を撮っておくと安心です。

実際に買いたいエアコンのコンセントの形と写真を比べるようにしておくと、買ってからコンセントの形が合わなくて使えない!という悲しい事態を避けることができます。

さらに、部屋の広さもしっかりと知っておく必要があります。

例えば4.5畳の部屋に12畳用のエアコンを設置しても意味ないですよね。

エアコンは大きければよいというものではありません。

しっかりと無駄をなくすためにも部屋の広さは正確に知っておく方が安心です。

ちなみにコンセントの形は部屋の広さによっても変わってくるので、コンセントの形をチェックしておくと自然に買うべきエアコンの対応畳数もわかる仕組みになっています。

エアコンを買う際に「あれ?コンセントあったっけ?」「このコンセントの口ってうちのコンセントに合うかな?」「部屋の広さどれくらいだっけ?」と焦らないで済むようにぜひ事前に確認しておいてくださいね。

エアコンメーカーの比較はこちら!

では実際にエアコンを選んでみましょう!

エアコンはメーカーによってそれぞれ特徴があります。

特に上位機種は各メーカーで特に個性が出るので、今回は主に上位機種に搭載されている特徴をご紹介します。

パナソニック

パナソニックは「カビに強い」エアコンが特徴です。

運転が終わるたびに加熱し、乾燥させ、水から生まれた次世代健康イオンである「ナノイーX」をエアコンに充満させます。

これによりカビを抑制し、部屋の空気をきれいにします。

シャープ

シャープは「アレルギーを持つ人にオススメ」なメーカーです。

アレルゲンや花粉、ウイルスを抑える効果があり、除菌や脱臭、さらに美肌効果が期待できる「プラズマクラスター」を搭載したエアコンを販売しています。

東芝

東芝は「掃除をするのが面倒な人」にオススメなメーカーです。

PM0.1 レベルの微細な粒子を除去する「プラズマ空清」機能を搭載しています。

また、内部クリーンを行う時に溜まった汚れを自動で屋外に出す動きもします。

ダイキン

ダイキンは「加湿もできる高機能エアコン」が特徴です。

水を使わないで加湿する「うるる加湿」と必要な分のみ除湿する「さらら除湿」があります。

また、温度や湿度、気流をAIが判断する「AI快適自動運転」も特徴です。

三菱電機

「霧ヶ峰」で知られる三菱電機は「人の体温を読み取る」エアコンを取り扱っています。

「ムーブアイmirA.I.(ミライ)」センサーによって人間の手元や足元の体温を読み取り、より快適に過ごせる部屋を作り出してくれます。

日立

「白くまくん」で有名な日立のエアコンは「3Dカメラ」が特徴です。

「くらしカメラAI」で部屋の作りや家具の位置を読み取り、空調を制御します。

また「凍結洗浄」技術を搭載し、熱交換機やファンの自動掃除を可能にしています。

三菱重工

「少しの電力でハイパワーなエアコン」を探している方は三菱重工の「ビーバーエアコン」がオススメです。

ジェットエンジンの技術を応用したエアコンになっており、少しの電力で広い範囲に気流を送ることができます。

富士通ゼネラル

富士通ゼネラルの「ノクリア」シリーズは「自分で学習する」エアコンを発表しています。

使う人の好みをAIが学習し、先読みする「オーダーメイド」な快適空間を実現します。

さらに熱交換器を高温で除菌し、カビを予防するのが特徴です。

まとめ

エアコンの選び方や各メーカーの特徴はいかがでしたか?

エアコンはどんどん進化しています。

たくさんある機能の中から自分が欲しい機能はどれか、エアコンがどんな風に働いたら気持ちよく過ごせるかを考えてお気に入りのエアコンを見つけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました