普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

エアコンが冷えないのは故障かも?室外機にも原因がある?

エアコンが冷えない時は掃除が必要?部屋の広さに合っていない?

暑くてエアコンをかけたのに部屋が思うように冷えない!

そんな時はありませんか?

ただでさえ暑くてイライラするのにもうストレスMAXになってしまいますよね。

猛暑の日などは部屋が冷えないと体調を崩してしまうこともあります。

そんなとっても迷惑なエアコンが冷えない事態を回避する方法をご紹介します。

日常的なケアや効率よく部屋を冷やすコツを知っておくだけで、エアコンが冷えない事態を予防することができますよ。

スポンサーリンク

エアコンが冷えないのは故障かも?

エアコンが冷えなくなる原因はいくつか想定できます。

まずは故障です。

エアコンの中には空気を運ぶ冷媒というガスがあるのですが、このガスがエアコン内部で漏れていることがあります。

また、内部で何かしらのエラーが起きていることによって、エアコンが使えなくなっている可能性があります。

そして同じ故障でも意外と多いのがリモコンの故障です。

リモコンが壊れていることによって自分が思っている動作をエアコンがしないため、エアコンが冷えないという事態です。

これを確認するにはエアコンの説明書を読んでリモコンがしっかり作動しているかを確認してください。

また、もし別の部屋で同じメーカーのエアコンを使用している場合は、他のリモコンを使ってエアコンを作動させてみてください。

この時、エアコンがしっかり作動する場合はリモコンの故障がエアコンが冷えない原因になります。

その他、エアコンの内部が汚れすぎていることによって冷風が出ないということもあります。

故障を疑う前にまず、エアコンのフィルターにホコリやダストボックスにホコリが詰まっていないかを確認するようにしてください。

室外機にも原因がある?

また、エアコンが冷えない原因が室外機にある場合もあります。

冷房は室内機が取り込んだ部屋の空気を冷やし、暑い空気を室外機経由で外に排出します。

この時、室外機の周りに物が多く空気を出せない状態になっていると暑い空気を排出できずエアコンが冷えることができません。

また、室内機で使用した結露水はドレンホースを伝って外に出されますが、こちらもドレンホースが詰まっていた場合は水が外に出せずエアコンがうまく働かなくなります。

さらに室外機が直射日光に当たりすぎて正常な働きをしない場合も、室内機のパワーが落ち思うように部屋を冷やすことができなくなります。

このため、室外機がどうしても直射日光を長時間浴びてしまう場所にある方は、日よけをつけるようにしてみてください。

するとエアコンのフルパワーをより感じることができますよ。

エアコンの掃除が必要?

先ほど、エアコンが汚れすぎていると部屋が冷えないと書きましたが、エアコンは通常の汚れ程度では冷えないという事態にはなりません。

エアコンが冷えない場合、エアコンが想定しているより汚れ「すぎている」ということがポイントになります。

通常、定期的なメンテナンスをしていれば、ホコリ臭さやカビ臭い変な臭いが出てくることはありますが、エアコンは稼働します。

冷えないという事態になっているということは、フィルターやダストボックスがホコリでいっぱいになってしまっている可能性があります。

そうならないためにもしっかりと定期的に掃除をするようにしてください。

特にフィルターのホコリを取るのは2週間に1回程度行ってください。

また、室外機の周りも定期的に掃除をするようにしてください。

ゴミやホコリ、枯れ葉などが溜まっていないか、室外機の周りに物を置いていないかを定期的にチェックするだけでもエアコンをしっかりと稼働させることができます。

部屋の広さにエアコンが合っていない?

エアコンが冷えない理由として少し珍しいですが、部屋の広さとエアコンの稼働域があっていないということがあり得ます。

これはよく引っ越し先から以前使っていたエアコンを持ってきたときに起こります。

以前住んでいた部屋よりも広い部屋になったけれど、エアコンを同じものを使用していると部屋の大きさが合わないことがあります。

また、特殊な部屋の作りでエアコンの風を遮断してしまう柱や壁がある場合も、部屋が思うように冷えない場合があります。

賃貸で事前にエアコンが設置されている時にはなかなか起こりにくいことですが、自前でエアコンを用意しなければならない場合はしっかりと対象となる部屋の広さを確認するようにしてくださいね。

効率よく部屋を冷やすためのコツ

では最後にエアコンを使って部屋を効率よく冷やすコツをご紹介します。

まずはエアコンをオンにすると同時に窓を開けて換気をしてください。

外出先から帰ってきたときに室内が思いっきり暑いということもありますよね。

その場合、エアコンをフルパワーにしてもなかなか冷えなくなります。

そのため、10分ほど窓を開けて換気することによって暑い空気を外に逃がし、部屋を冷やしやすくします。

また、風量は自動にしてください。

自動に設定すると設定温度になるまでフルパワーで部屋を冷やします。

そして設定温度になったら、適度な風量で部屋の温度を保つことができます。

自動に設定しておくと最短時間で部屋を冷やすことができるのでぜひ試してみてください。

そして風向きは上向きか平行に設定し、空気を上から下まで循環させるようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

エアコンが冷えなくなると本当に困りますよね。

簡単に買い替えができない商品だからこそ、しっかりとメンテナンスをして長く快適に使えるようにケアをしてあげてください。

そして快適な夏の毎日を過ごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました