普段感じている悩みや疑問をAll Right(オーケー・大丈夫)にするための情報発信サイトです。

エアコンの冷房と除湿の使い方の違いは?どうやって使い分けるの?

電気代が安いのは冷房と除湿どっち?メリットとデメリットを教えて!

エアコンのリモコンには冷房ボタンと除湿ボタンがありますよね。

この2つのボタンをどんな風に使い方を分けていますか?

なんとなくジメジメしているから除湿にしようかな。

なんとなく暑いから冷房にしようかな。

そんななんとなくで使い分けている方も多いですよね。

私もそうでした。

しかし実際は冷房と除湿にはそれぞれ正しい使い方があります。

知っておくととっても便利な冷房と除湿。

電気代を節約できる秘訣もあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

エアコンの冷房と除湿の使い方の違い

エアコンの冷房と除湿の使い方の違いを知るには、まず冷房と除湿がどんな仕組みかを知る必要があります。

冷房は部屋の温度を下げることを目的にした機能です。

部屋から取り込んだ空気を室内機の中で下げ、暑い熱を外に出し、涼しくなった空気を再び部屋に戻します。

一方、除湿は部屋の湿度を下げることを目的にしています。

部屋から取り込んだ空気を室内機の中で冷やし、空気中に含まれていた水分を外に放出します。

そしてさらさらになった空気をもう一度部屋に戻します。

基本的に冷房も除湿も一度空気を冷やすということには変わりありません。

冷房は設定温度まで下げ、除湿は微弱な冷房をかけながら湿度を適切な状態まで下げる働きをします。

冷房と除湿の使い方の違いは、室温を下げて部屋を涼しくしたいか、湿度を下げて部屋のジメジメをとりたいかで分けることができます。

冷房と除湿をどうやって使い分ける?

では冷房と除湿はどうやって使い分ければよいのでしょうか。

それには自分が温度か湿度かのどちらを重要視するかを見極める必要があります。

熱帯夜や真夏日など暑くてたまらない日は一気に部屋の温度を下げたいですよね。

そんな時は冷房を使うのがベストです。

冷房で室温を思いっきり下げた後は自動運転に設定しておくと温度を保つことができます。

一方、梅雨の時期や夏の雨の日のちょっと肌寒い日などは部屋の温度を下げすぎると寒いですよね。

それでもジメジメした空気はとってしまいたい!

そんな日は除湿を選ぶのがオススメです。

しかしここで1点注意が必要です。

除湿には2種類の方法があります。

それが弱冷房除湿再熱除湿です。

弱冷房除湿は部屋の温度を下げながら湿度も下げる仕組みの除湿です。

室内機で冷やした空気をそのまま部屋に戻すので、湿度を下げようとすると部屋の温度も一緒に下がるのが特徴です。

冷房ほど温度を下げる効果はありませんが、やや下がるので注意が必要です。

夏の雨の日の不快なジメジメを取りたい時にオススメの方法です。

一方、再熱除湿は部屋の温度は下げずに湿度のみを下げる方法です。

こちらは室内機で冷やした空気を一度温め、冷たくない空気を部屋に戻します。

そのため、部屋の温度はほとんど下がりません。

部屋を冷やしすぎずに、それでもジメジメは取りたい睡眠時や、まだ少し肌寒い梅雨時にオススメの方法です。

この再熱除湿と弱冷房余室の両方を搭載しているエアコンは少なく、2019年現在はコロナと富士通ノクリアシリーズが展開しています。

除湿の方法によって部屋の温度が下がるか下がらないかが変わるので、エアコンの除湿の方法について取扱説明書を読んでおく方が安心です。

電気代が安いのはどっち?

冷房と除湿で使い方が異なることをご紹介しましたが、では電気代には違いがあるのでしょうか。

除湿は弱冷房除湿と再熱除湿で電気代が異なるので、今回は冷房、弱冷房除湿、再熱除湿の3つに分けてご説明します。

まず最も電気代が安いのは弱冷房除湿です。

こちらは冷やす電力が冷房より少なくすむため、、冷房より電気代が少ない計算になります。

電気代を節約したい方は弱冷房除湿を選ぶのが一番です。

次に電気代が安いのは冷房です。

最後に最も電気代が高いのが再熱除湿です。

再熱除湿は一度温度を下げ、さらに空気を温めて部屋に戻すので電気代がダブルでかかる計算になります。

一昔前は冷房より除湿のほうが電気代は安いと言われてきましたが、現在は除湿の仕組みによってはそうは言い切れない状態です。

電気代に重きをおいてエアコンを購入する場合は、誤って再熱除湿をしてしまわないよう、もともと弱冷房除湿のみが搭載されているエアコンを選ぶのがオススメです。

冷房と除湿のメリットとデメリット

では最後に冷房と除湿のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

冷房のメリットは温度を下げる能力が高いことです。

設定温度まで一気に温度を下げることができるので暑い日は特に快適に過ごすことができます。

一方、除湿のメリットは不快指数を少なくする点です。

除湿は弱冷房除湿であれ再熱除湿であれ、日本特有のジメジメした湿気を取るのに優れています。

デメリット

ではデメリットもご説明しておきます。

冷房のデメリットは室温を下げすぎてしまうところです。

特に風が直接当たってしまう場合、体調を崩しやすくなるので注意してください。

さらに除湿にもデメリットはあります。

除湿のデメリットとして弱冷房除湿は部屋の温度が下がりにくいこと、再熱除湿は電気代が高いことが挙げられます。

まとめ

冷房と除湿の違いについてはいかがでしたか?

除湿は種類があるのでややわかりづらいですが、ぜひお使いのエアコンの除湿方法がどれにあたるのかをチェックしてみてください。

エアコンにどんな機能がついているかをしっかりと把握しておくと、快適に過ごせ、かつ電気代の節約にもつながります。

ぜひ快適に過ごせるエアコンの使い方を見つけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました